”ドブレ・アー”、我が愛器

2017.09.25| 三浦一馬

しつこく楽器の話を続けて3回目、これが最終回。

 

僕が弾いているバンドネオンは、連れ添って今年で11年。色々な楽器を試してきたけど、やっぱり、これが一番しっくり来る気がしています。僕にとっては、「良き相棒」といったところでしょうか(まあ、時に手こずる「じゃじゃ馬」でもあるけれど…)。

 

バンドネオン界の世界的権威、そして、僕の敬愛する師匠でもあるネストル・マルコーニ氏から譲って頂いた楽器で、バンドネオンの最高峰ブランド、Alfred Arnold(アルフレッド・アーノルド)というメーカーのものです。バンドネオン奏者の多くが、このブランドの楽器を愛用しており、その頭文字を取って「AA(ダブル・エー、スペイン語読みだと、”ドブレ・アー”)」などと呼ばれることもあります。


楽器の至るところに「AA」の印が刻されている

 

「楽器は、音楽家から多くのものを引き出す力がある」と、よく言われるけれど、僕の場合に於いても「このバンドネオンと出逢わなかったら、いまの自分はない」と、きっぱり言い切ることが出来ます。それだけ、この楽器が秘めたポテンシャルは計り知れず、いつでも僕にインスピレーションを与えてくれるのです。

 


(C)藤本史昭 愛すべき師匠、マルコーニ氏と。2016年6月、有楽町朝日ホールにて。

 


楽器の内部には、恩師直筆のサインも!

 

今年の春、この愛器の大修理を行うことになりました。というのも、バンドネオンの重要パーツである「蛇腹」の劣化が進み、空気漏れが顕著になってきていたからです。空気を送り込んで音を発するバンドネオンにとって、この「空気漏れ」は深刻な問題で、症状が進めば演奏にも支障を来たしかねません。楽器が製造された当時のままの、オリジナルの蛇腹ではありましたが、背に腹は変えられません、アルゼンチンへ行ったタイミングで修理をすることになりました。

 

修理が完了したとの知らせを受け、期待と不安の入り混じった気持ちで楽器を弾いてみると…。それはもう、楽器が新品のように生まれ変わったではありませんか!しかも、ただの新品ではなく、ボディや内装はそのままに、最新鋭のエンジンを搭載したクラシック・カーのように、歴史や栄光は失わずに保たれていたのです!!

 

…飛び上がらんばかりに喜んだと同時に、「この楽器は僕の愛器であるけれど、いつの日か、僕の師匠がしたのと同じように、大切に後世へと受け継いで行かなくては」と、使命感にも似た想いを抱くことになったのです。

 

”ドブレ・アー”、我が愛器。今後も共に!いざ、行かん!!

 


素晴らしい修理をしてくださった”THE・職人”のファリスさんと。

 

* * * * * * * * * * *

3回に渡りお送りして参りました「せんくらブログ」、お楽しみ頂けましたでしょうか?お読みくださった皆様、どうもありがとうございました!今年の「せんくら」、僕は下記の4公演に出演いたします。今回も盛り沢山な内容ですね。乞うご期待!

 

【13】バンドネオンの新たな境地 三浦一馬編曲によるオール・ガーシュウィン・プログラム
【55】全てを兼ね備えた貴公子たちが集結! 仙台だけの特別なコラボが実現
【64】ギター×バンドネオン 何かが起こる熱いデュオ!
【83】Crossover 三楽士 ~戯れる音・あふれる音

 

さて、次回からは西本幸弘さん村治奏一さんがブログを担当されます。こちらも、どうぞお楽しみに!

 

三浦一馬

仙台

2017.09.25| 飯川直美

仙台人は新しいもの好きなのか(?)、帰仙する度に街中には、東北初出店のお店が出来ていたり新しいビルが建っていたり。

 

ちなみに今回私が演奏する、仙台銀行ホールと日立システムズホール、という新しい名称も、中学生まで仙台に住んでいた私には未だに違和感があります。

 

日本人は常々略語の天才だなあと思うのですが、この新しいホールの名前はどう頑張っても略せないではないか。どなたか良い略し方を知っているという方は教えて下さい(笑)

 

そんな訳で、私は9月30日に公演番号54番25番で演奏させて頂きます。

 

せんくらはお客様だけでなく出演者もはしごをしており、私は仙台銀行ホールで現田さん、仙台フィルの皆様とベートーヴェンのロマンス(ロマンスはロンカプとは違い略語ではありません。)を弾いた後、楽屋に戻って数時間後に迫っている日立システムズホールでの人生◯回目のビオラの本番に向けて、ガンざらい(※ガンガンさらうの略。名詞形)していると思います。

 

この夏は例年に比べとても長く仙台で過ごしましたが、偶然にも身近にせんくらでボランティアをされているよという方がいらしたり、たまたま訪れたレストランの店員さんにそのような方がいたりして、その他嬉しい出会いがたくさんありました。

 

せんくらの3日間で、みなさんも音楽との素晴らしい出会いがありますように!

 

どうもありがとうございました。

 

飯川直美

不可思議なボタン配列

2017.09.24| 三浦一馬

楽器の話を続けます。

 

大抵、どんな楽器でもドレミ…の並びには、ある程度の法則がありますね?例えば、ピアノだと鍵盤を右に移動していくと音が高くなり、ヴァイオリンやギターだと、弦の長さが短くなれば、音も上がっていく。これはもう当然というか、常識みたいな話なんですが、この「バンドネオン」という楽器に関していえば、その法則性みたいなものが、「全く」ないのです。これは、比喩でも誇張的表現でもなく、文字どおりの「皆無」。こんなにも複雑なドレミ…は、ちょっと他にはないんじゃないかと、我ながら思います。はい。

 

それでは早速、この楽器のボタン配列を見てみましょう。下の写真は、バンドネオンのボタン配列表。さあ、どうなっているのでしょうか?

 

えーと、なんだかよく分からない?大丈夫、ゆっくり説明しますから!まず、バンドネオンの奏法としては、蛇腹を「引っ張って弾く時(開)」と「縮めて弾く時(閉)」の2パターンがあります。それぞれ、演奏上のタイミングやニュアンスによって、そのどちらが良いかを決めているのですが、その2つのパターンによって、ボタンに対応している音が変わるのです。…うーん、まだ分かりづらいですね。。。つまり、「同じボタンを押し続けていても、蛇腹の開閉によって、音が変わってしまう」ということなのです。これでお分かり頂けましたか?(笑)

 

先の配列表で、1つのボタンに2つ音が載っているのはその理由によるもので、白玉の音符(二分音符)が「引っ張って弾く時」で、黒玉の音符(四分音符)が「縮めて弾く時」を表しています。この表を見ると、右下のボタンは、引っ張った時が「ソ」、縮めた時が「レ♯」。音が4度ほど下がりましたね。では、ひとつ上のボタンに移動すると、引っ張った時が「シ」、縮めた時が「ド♯」。あれ?今度は、さっきほど音が変わっていない。しかも音が上がってる。…そうなんです。音の変わり方に法則がありませんね。そして、あれあれ?そもそも、よく見ると隣同士のボタンなのに音階が連続していない…!

 

どうです?だんだん、表の見方が分かってきたのではありませんか?お暇な方は、この表をどうぞ隅々までご覧になってみてください(笑)

 

お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、この楽器を演奏しようと思ったら、まず、このボタン配列を暗記しないと話になりません。僕も、バンドネオンをはじめた頃、必死になって、この配列表を頭に叩き込んだものです。だから、記憶力には自信があるんですよ…なんて言ってみたいところだけど、、、何故か、それとこれとは話が違うんだなぁ…(笑)

 

さて、次回は僕のブログも最終回。現在、僕が弾いている愛器についてお話しします。お楽しみに!

 

三浦一馬

 

オペラ「カルメン」

2017.09.24| 飯川直美

7月に、南仏のエクスアンプロヴァンスというところへ行って来ました。

この時期は毎年大きな音楽祭が開かれており、私は滞在中に運良くカルメンのチケットが取れたのですが、ここで衝撃を受けました。

 

簡単に説明すると、私達が知っているカルメンの内容とは程遠く、カルメンの曲を使った全く別のストーリーになっていたのでした。

とっても見にくい写真ですが、全員スーツ姿で登場するという衝撃の冒頭。

 

あまりにも話が違うので説明するのが難しいのですが、冒頭はミカエラとドン・ホセが結婚している前提で話が進みます。結婚生活があまり上手くいっておらずカウンセリングを受けている、という場面から始まるのです。

 

カーテンコール。さすがにカルメンはスーツは着ていません。(笑)

そんな訳で内容はあまり良く理解出来ませんでしたが、人生で初めてカルメンを生で聞けたことに大変感動したのでした。

 

飯川直美

バンドネオン大分解!

2017.09.23| 三浦一馬

こんにちは!バンドネオン奏者の三浦一馬です!

 

…と元気よく挨拶したところで、「ん?なに?」「あなた、バンドやってらっしゃるの?」、なんて聞き返されることは日常茶飯事。まぁ、何だか聞き慣れない名前だし、そもそも実際に見る機会なんて、 なかなかないですからね。せっかくなので、少しでも楽器のことを知って頂けるよう、今日から3日間、「バンドネオン」にまつわることを、せっせと書いていきたいと思いますので、どうぞお付き合いくださいませ!

 

さて、初回である今日は、「バンドネオン大分解」と題して、楽器の内部まで大公開いたします!よく「アコーディオン」と間違われることが多いのですが、まあ、それもそのはず、楽器の形から音に至るまで、なかなか似てますからね。でも、よく見ると大きな違いに気付くはず。…そう、一般的なアコーディオンにあるはずの「鍵盤」がありませんね?

 

このボタンは、右手に38、左手に33、合計71個あり(中途半端…)、古い楽器だと象牙製のものもあります(上の写真参照)。このボタンを押すと、当然音が鳴る訳ですが、楽器の内部では、どんなことが起こっているかと言うと…?

 

 

どうです?楽器内部って、かなり、複雑な作りをしているでしょう!ボタンを押すと、レバーを介して反対側の蓋が開き、そこにのみ空気が流れ込む仕組みなのです。…そう、いま「空気」と書きましたが、このバンドネオンという楽器は、空気を使って音を出しているのです。その「空気」を作り出す役目を担っているのが、「蛇腹(じゃばら)」と呼ばれる部分。

 

この蛇腹が「ふいご」と同じ原理で空気を生み出しています(ちなみに、素材は紙と革)。模様も綺麗ですね!蛇腹を引っ張ったり、縮めたりする強さによって、音の強弱も変化するので、これも、この楽器に於いて、とっても大切なパーツ!そして、最後に忘れてはいけないのが、この楽器の心臓部である「リード」。要は、振動して音を発する薄い板のことですが、管楽器にも多く使われていますね。では、バンドネオンのリードを見てみましょう。

 

沢山ありますね!音の高さによって、リードの大きさも違うことがお判り頂けると思います。ちなみに、写真に写っているのは、右手側のリード群。反対の左手側も合わせると膨大ですね!そう、バンドネオンには、何と百数十枚ものリードが、所狭しと詰め込まれているのです!!

 

バンドネオンの構造、何となくでもお分かり頂けましたか?「蛇腹」で空気を起こし、「ボタン」によって空気の流れ道を作って、その空気で「リード」を振動させて音を出す…。小ぶりな楽器でありながら、実はなかなか複雑な経路を経て音が鳴っているのですね!

 

それでは、最後に、バンドネオン全てのパーツを分解した写真をどうぞ!次回は「不可思議なボタン配列」と題して、この楽器のドレミ…についてご紹介します。お楽しみに!

三浦一馬

明日は1つ目の公演!

2017.09.23| 飯川直美

皆さま、こんにちは。

ヴァイオリンの飯川直美です。

 

せんくらに初めて参加させていただいてから2年が経ちますが、再びこの場所で演奏出来るのを大変楽しみにしておりました!

 

突然ですが、私にとっての今年のせんくら1つ目の公演は、なんと明日に迫っております(汗)

 

仙台トラストタワーの一階エントランスホールにて、仙台フィルの若手三名+私で弦楽四重奏のコンサート、なんと入場無料です!(9月18日のブログでHAL PLANNINGさんが明日の公演について書かれています。是非そちらもご覧下さい。)午前と午後の2公演、それぞれ異なるテーマに沿ったプログラムでお送りいたします。

 

今回会場となる仙台トラストタワー。

仙台出身の私はかなりの頻度で出没するのですが、先日打ち上げで訪れた2階のレストラン、焔藏にて人生初の鴨しゃぶを頂きました!

パリ在住にも関わらず鴨が苦手な私でもペロッといけるくらい予想を遥かに上回る美味しさ。

 

〆に絶品山形蕎麦も。。

 

明日の終演時間はかなり早いですが、ディナーの時間まで待っていられるよと言う方(笑)是非召し上がってみて下さい!

 

飯川直美

『名曲みっけ!~初めてのオーケストラ』でお待ちしております

2017.09.22| 今野沙知恵

皆様こんにちは!ソプラノの今野沙知恵です。

早いもので私のブログ担当も今回が最終回となりました。

 

皆様にはもちろん『せんくら』にお越しいただきたいのですが、せんくら前にも仙台で演奏させていただく機会があります!

 

9月27日(水)12:10~12:50まで東北大片平キャンパス北門会館1階にて、ピアニストの和久佳菜さんと一緒にロビーコンサートをさせていただくことになりました。こちらは日本歌曲やオペラアリアなど、皆様に楽しんでいただけるプログラムをご用意致しました。

ぜひ皆様のお越しをお待ちしております!

 

また、せんくらの私の出演日は9月30日(土)14:15~15:15『名曲みっけ!~初めてのオーケストラ』にて、シュトラウス作曲「春の声」を演奏いたします。こちらも1人でも多くの皆様のご来場をお待ちしております!

 

 

今野沙知恵

東京都の島々で

2017.09.21| 今野沙知恵

皆様こんにちは!ソプラノの今野沙知恵です。

 

私はここ最近様々な地域で歌わせていただいておりますが、その中でも昨年初めて伺ったのが東京都の島々です!

 

昨年は神津島、八丈島へ行き、今年の10月には新島、式根島、そして来年には小笠原にも行かせていただく予定です。

 

 

すべて東京都の島々ですが、空気がおいしく、自然豊かですっかり島の魅力に引き込まれてしまいました!

 

 

今野沙知恵

はじめまして!今野沙知恵です。

2017.09.20| 今野沙知恵

皆様初めまして!今年のせんくら2017に初めて出演させていただきます、ソプラノの今野沙知恵と申します。長年の夢だったせんくら、夢が叶い、大変光栄に思っております♪

 

1回目のブログですので、簡単に自己紹介をさせていただければと思います。

 

私は宮城県仙台市出身、高校までずっと仙台で育った仙台っ子です!幼い頃から歌うことが大好きだった私は、ぜひ音大で声楽を学びたいと決意し、桐朋学園大学へ進学するために大学から東京へやってきて早◯◯年。(笑)桐朋学園を卒業後、新国立劇場オペラ研修所第14期生として3年間研修し、2014年9月から1年間、文化庁在外派遣研修員としてドイツ・ニュルンベルクにて研修をして参りました。

 

今現在は東京を中心に全国様々な地域でオペラやコンサートに出演させていただき、歌わせていただいております。ということで、私の原点はまさに仙台!ですから今回仙台の皆様に聴いていただける機会に、感謝の気持ちでいっぱいです!

 

ぜひ9月30日(土)は「名曲みっけ!~初めてのオーケストラ」へ来てけさいん!お待ちしております!!

 


ニュルンベルクにて師匠Cavazza 先生ご夫妻と

 

今野沙知恵

4人のチェリスト

2017.09.19| 長谷川陽子

せんくらブログ、3日間お付き合いくださり、ありがとうございました。今日で最終回。もうすぐ、せんくら開幕ですね。心躍ります。

 

3つ目の公演は、仙台クラシックフェスティバル【59】4人のチェリストが集結。

 

せんくら名物チェロ・アンサンブル。仙台フィル首席の三宅進さん原田哲男さんエマニュエル・ジラールさんと、賑やかにお送りします。

 

チェロって本当に音域が広い楽器なので、こうして4人集まればちょっとしたオーケストラ?!色々なことが出来ちゃうのです。その上、みんなそれぞれ個性豊かな音色なので、毎回楽しみに聴きにいらしてくださる方もいて、嬉しい限りです。

 

三宅さんは、桐朋時代の大先輩。オーケストラの授業にアルバイトで教えに来てくれていましたが、プロの厳しさやマナーを三宅さんから教わりました。授業では、いつもアツく真剣でコワ~い先輩でしたが、終わるとサーティーワンのアイスを食べに連れて行ってくれたり・・・大好きな先輩です^^

 

原田さんは、Mr.穏やかクン。そして謙虚。お人柄って音に出るんですね。温かな音色がお隣で弾いていると心に染みて、誠実に演奏することの尊さを、いつも学ばせていただいています。

 

そして、エマちゃんことジラールさん。彼は本当に、音楽への愛が深い人。毎回ご一緒する度にその造詣の深さとユーモアにただただ頭が下がる思いです。またみんなと一緒に弾けるのが、本当に嬉しいです。

 

こんな素敵な仲間たちと、お送りするチェロ・カルテット、是非聴きにいらしてくださいね。

皆さまとホールでお会いできるのを、楽しみにしています!!

長谷川陽子

カテゴリー