文字の大きさ 普通 特大
BLOG

せんくらブログ

三宅進
2016.09.22

3日目

せんくらblog,三宅担当最終日です。

 

今年もたくさんの公演が目白押し。お客さんもどのコンサートにいこうか悩ましいところですよね。

というところで、今日はチェリストミヤケがもしお客さんだったら。。

ということで自分が興味のあるコンサートを個人的にピックアップしてご紹介。

 

まずは川久保賜紀さんと上原彩子さんのベートーヴェンプログラムを聴きたいなー。

昨年このお二人とチャイコフスキーのトリオを演奏させてもらい、本当に楽しくワクワクしました。

上原さんのピアノはどんどん進化してますよね。川久保さんの魅力あるヴァイオリンにも僕はクラクラ(笑)

これはまだチケット買えるかな??

 

シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーのフィリップ・エマールさんとピアノの三舩優子さんのコラボも見たいですね。

パントマイムと音楽のコラボ、すごく興味あります。

僕だったらドビュッシーのチェロソナタをやってみたいな。自分のイメージを膨らませるためにも出かけたい。。

 

ルセフの無伴奏ソロも聴きたいし、9月の仙台フィル定期で素晴らしいブラームスを聴かせてくれた若林さんのリサイタルも気になる。カウンターテナーの藤木さんの「詩人の恋」ものぞいてみたいな。

 

ま、いくらこんな妄想抱いても、かなわぬ夢です。

 

みなさん、僕のかわりにたくさんのコンサートを楽しんでくださいね。

 

あなたの心に処方します!音楽サプリメント これも聴きたいなー

9月30日の15時15分から日立システムズの交流ホールか。

ピアノはいったい誰? あ、あの弾いて書けて踊れるピアニスト加藤昌則さん!

チェロは?忘れ物大王の三宅さんね!

ちょっと行ってみようか。。。

 

 

三宅進(チェロ)

三宅進
2016.09.21

2日目

さて、ブログ二日目の今日は何を書こうか・・・(笑)

 

せんくらというお祭り期間は僕たち音楽家はてんてこまい。

とくに仙台フィルメンバーは基本的にオーケストラ本体の公演が複数ありますので(今年は4公演)、それプラス室内楽やソロリサイタルの公演があるとこれはもう大変。

大変なのは準備だけじゃないのです。

なにせ複数会場にまたがるビッグイベントですので、リアルに移動がなかなか。。

 

事前にここの移動は電車?自家用車?タクシー?といった移動計画まで相談するくらいなんですよ。

 

たとえばメインのイズミティで午前中10時30分から12時30分までオケのリハーサル後、太白区の楽楽楽ホールで13時30分から室内楽の本番があり、14時15分に終了、再びイズミティにもどってオケの本番2回といったことが日常茶飯事におこるのです。

 

こうなると、車移動より地下鉄のほうが安全だけれど、その場合は着替えなきゃいけないけれど、その時間はあるのか?とかいったことまで心配になってきます。

 

僕は昨年だったか、移動は楽でしたけれど、イズミティの小ホールで室内楽の本番が終わった15分後に隣の大ホールでオケのリハーサルがはじまるという事態も体験しました。

 

日本のプロオーケストラのリハーサルは不文律でオーボエのチューニングのAの音がなった瞬間がはじまりということになっています。

ですから万が一リハーサルにギリギリの奏者がいる場合はチューニング前にインスペクターが事務的なことを話す時間を意図的に調整しながら奏者の到着を待つことになります。

段取りの説明などしながら内心で「ミヤケさん、遅いよ、早く来てよ。これ以上引っ張れるかな」などの葛藤があるのです。

 

仙台フィルのインスペクターのW氏は他の団体から羨ましがられる日本一の腕利きなので、チェリストミヤケ、何回助けられたことか。。。(笑)

いやいや、冗談ですよ、チェリストミヤケはノー遅刻です。 ちょっと忘れ物が多いだけで。。

 

話がおもわぬ方向にいってしまいましたが、今日はこれまで!

 

 

三宅進(チェロ)

三宅進
2016.09.20

1日目

皆様こんにちは、仙台フィルでソロチェロを弾いております三宅進です。

今年も早いもので季節は秋。仙台の秋といえばサンマとビッグイベントせんくらですよね!

 

初日の今日は、お約束通り(?)僕の出演するコンサートを軽く、ざっと、ひととおりご紹介のコーナーです。

 

一押しは新企画「音楽サプリ」です。

チェロの三宅進と、いまをときめく時代の寵児、ピアノの加藤昌則がお送りするこの企画、日常のさまざまなシーンでお疲れのオーディエンスの皆様の心に上質な音楽のサプリをお届けしようというものです。

悲しいとき、元気になりたいとき、など各々の場面にピッタリのメロディーを三宅&加藤コンビがセレクト。

皆様はゆったり椅子に座っていていただければ、コンサートが終わったときには心もからだも軽くなっているはず。(使用後の感想は個人のものです。)

 

次にご紹介するのは昨年に引き続き、名手四人によるチェロカルテット(自分で名手って言うようになったら終わりだな…)

ご存知ソリスト長谷川陽子、バロックから近代までオールマイティーのエマニュエル・ジラール、三宅進という昨年からのメンバーに加えて新メンバー原田哲男が加入して今年もチェロバトルを繰り広げます。

個人的には長谷川陽子ちゃんとパガニーニDuoがさらわなくちゃよーちん(長谷川さんの昔からのあだ名です。)、9月になってから難しい楽譜送ってくるんだもの・・・

ま、早めに送ってもらってもどうせ間際にならないと練習始めないとは思うんですけどね()

 

僕が出演するもうひとつの企画はフェスティバルソロイスツ。

ルセフ、川久保さん、成田くんなどの弩級のソリストたちによるチェンバーオーケストラにチェリストミヤケも参戦です。

実は僕はこういう小編成オーケストラで日々のご飯を食べていた時期があり、チェンバロと一緒に通奏低音を弾いたりするのは大好物です。

 

ほかにも仙台フィルの公演にはほとんど出ております。

各公演のチケット販売状況を確認の上、是非会場へお越しくださいね。

 

 

三宅進(チェロ)

カテゴリー