夏の食欲

2018.08.16| 成田博之

暑い夏の日々の中でも食欲は変わらず(^0^)!

食べたいもの食べ、美味しいお酒を飲んで…という作戦を展開しております。

 

カラスミというと日本酒飲みながらちょびちょび食べるイメージがありましたが、イタリアの国ではもちろんワインと食するわけです。

イタリア・サルデーニャ島の料理カラスミ・スパゲッティ🍝✨

ワインもカラスミの産地近くの土壌で作られたワイン🍷✨

 

食べると口の中と頭の中が一気にイタリア旅行気分になります。

エネルギーに満ちた料理に夏の暑さも恐れおののくことでしょう!

 

成田 博之(バリトン)

登山

2018.08.15| 成田博之

皆さん、こんにちは。

今年もせんくらで歌わせて頂きます。毎年、お正月か七夕かっていうくらい季節を感じながらこのフェスティバルを楽しみにしています。

 

季節といえば今は夏真っ盛りですが、今年の夏は違いますねー!熱過ぎます!皆さんは体調の方はいかがでしょうか?先日車を走らせている時に温度計を見たら44℃というのを見て驚きました!初めて見た数字に今年はどうなってるんだと汗をかきながら焦ってます。

少しでも涼しいところへ行こうと、休日に谷川岳に登ってきました。

 

登ってる時はさすがに暑かったですが、この風景を見ると暑さも忘れ、時の流れを忘れます。

そんな大自然の風景を見に、この夏はいくつかの登山を予定しています。

暑いですが楽しみがたくさんの夏でもあります。

 

成田 博之(バリトン)

出会い

2018.08.14| 助川ブラザーズ

ブログ3日目はコントラバス奏者助川龍がお届けします!

兄と演奏していて一番楽しいのは、普段見る事の出来ない”景色”を見せてくれる事です。

 

 

これは良いコンサートの全てに当てはまる感覚です。

 

今回のせんくらで僕は仙台フィルはもちろん、助川ブラザーズ、フェスティバルソロイスツ、せんくらうた劇場、に参加します。

素晴らしい音楽家達は皆自分の世界を持っています。自分の音を持っています。

その音楽家の世界が、掛け算になって折り重なって行く時、音楽は無限に拡がり、何処までも時空を超えて国を超えて旅をしている、そんな感覚に僕はなります。

 

ギターとコントラバス。オーボエとホルンとファゴット。チェロと尺八。ピアノとピアノとオーケストラ。いくらでも掛け合わせ拡がる音楽。想像しただけでワクワクします。それは楽器と楽器の出会いというだけでなく、人と人との出会いであり音楽家同士の共鳴する心だと思います。

素晴らしい音楽家とまた出会い、共鳴出来た時、本当に音楽をやっていて良かったと感謝します。そしてまた自己と向き合い成長して行く糧となります。

 

せんくらはそんな音楽家にとってもワクワクの連続!音と戯れる最高のフェスティバルだと思います。

コンサートとは音楽を聴きに行くだけで無く、その人に会いに行く行為。その音楽家達がまず楽しみ、とっても嬉しそうに楽器を奏でている姿を見るのが僕はとても好きです。

皆さんも是非1人でも多くの音楽家と出会い一緒に旅してみてください!

 

 

いやー、音楽って本当に楽しいですね!

それでは皆さんどこかの会場で!

 

助川ブラザーズ

助川 龍

彼方から生まれたソナタ

2018.08.13| 助川ブラザーズ

せんくらファンの皆様、こんにちは。

助川ブラザーズ、兄でギタリストの助川太郎です。

 

 

例年、せんくらの為に新しい作品を生み出して来ましたが、今年のお題はソナタの作曲。あまりに大きなテーマでした。

 

作業に取り掛かったのはゴールデンウィーク前の4月下旬。

 

せんくら本番2日前まで内容が固まらずに地獄を見た昨年の反省から、今年は早めにスタートしました。

 

でも。

 

そもそもソナタって何だろう?

 

それがよく分からない。

ソナタを弾いた事がある人は何となく把握している、らしい。

 

でもソナタがソナタである条件は厳密ではないような印象を受けました。

 

何がサンバなのか、何がブルースなのか

突き詰めると結局定義できないのと同じかなと。

 

だから自由に作る事にしました。

 

ゴールデンウィークにホテルに缶詰めになって数日。

更に遂行を重ね、5月中旬に仙台で第1回のリハーサルに臨みました。

 

そこで弟から出た衝撃の発言。

 

「こういうことじゃない」

 

まさかの全ボツでした。

そのショックと過労から私は一時的に散歩しか出来ない状態になり、6月はひたすら散歩して過ごしました。

 

動く、歩く、自転車を漕ぐ。

街を見て、緑を見て、アイスコーヒーを飲む。

サウナに入る。

公園に寝転がる。

 

そして7月上旬。

書きためた新しい素材を基に一気に新しいソナタを書き上げました。

全4楽章のそれが、クラシックの技法でソナタに当たるのか、そもそもその音楽が何なのか僕には分かりません。

もう何も構っていられないくらい余裕がなかったので。

 

 

ただ言えるのは

全てのメロディは毎朝

目覚めた直後に頭に浮かぶ一番ピュアな状態から書き起こしたものです。

 

素直に書いた4つの曲。

それがエックレス様のソナタと絡み合って、一つの作品として少しでも聞いてくださる人の心を動かすものであることを願っています。

 

助川ブラザーズ

助川 太郎

ソナタの彼方

2018.08.12| 助川ブラザーズ

せんくらファンの皆さま、こんにちは!

助川ブラザーズの弟、仙台フィルコントラバス奏者の助川龍です。毎回言ってますが念の為…

「弟は、俺だーーーーー!!!」

 

 

さて。

毎回ブラザーズはクラシック×ブラジル音楽をコンセプトにクラシックの曲をアレンジしたりオリジナルの楽曲をお届けしています。

 

今年のテーマはソナタ。

バロック時代の作曲家、ヘンリー・エックレスのヴァイオリンソナタとブラザーズオリジナルソナタを掛け合わせた新曲”ソナタの彼方”をお届けします。

エックレスのソナタはコントラバスでは馴染み深い曲で僕も音大時代に出会いました。

ヴァイオリンソナタをコントラバスで弾くなんて凄ーい!って?ありがとうございます…

しかしお客さん、この曲ヴァイオリンの皆さんは小学生で弾くらしいですぜ。。。

 

ですがこの曲めちゃくちゃ良い曲なんです!

4つの楽章から成り、緩−急−緩−急という典型的な教会ソナタの形式を持っています。

和声進行が実にドラマチックで、美しいメロディは朗々と歌うコントラバスの為にあるのでは、と思うほどマッチします。

僕の尊敬する2人の師匠、ゲリー・カーさん、池松宏さんも大得意なレパートリーで僕も一生付き合って行きたい楽曲の1つです。

 

そんなソナタが南半球のブラジルに行ったらどうなるのか?

ヴィヴァルディの四季とピアソラの四季を掛け合わせた8シーズンズという演奏をしているギドン・クレーメルを聴いていて閃きました。

 

ブラザーズでの役割。

僕は曲目やテーマを決めたり、コンサート全体の方向性やメッセージから決めて行きます。その過程で閃きがあります。

大変なのはここから。そのテーマを兄に伝え作曲やアレンジに入ってもらうのです。

後は祈るだけ…

 

 

「お兄ちゃん、頑張って!」

もちろんそこから一緒に音を出しながら形にして行くのですが、まず1つ小さな音楽の命を生み出すのはとても大変な作業です。

その辺り明日は兄でギタリストの助川太郎さんに語って頂きましょう!

 

助川ブラザーズ

助川 龍

練習室で演奏会の話を。

2018.08.11| 岡本誠司

いよいよ岡本誠司が担当するブログも第3弾、最終回となりました。

今回は書き残したことを書いていきつつ、第1、2弾の伏線たちを回収していこうと思います。

 

前回のブログでは2016年の仙台国際音楽コンクールの時の思い出を書きましたが、今年7月初旬にはコンクール以来久しぶりに仙台に戻ってくることができました。

7月2日の仙台市政施行129周年記念コンサートでは、仙台フィルハーモニー管弦楽団さんとブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番を共演させていただきました。

 

僕のベルリンでの新しい師匠、アンティエ・ヴァイトハース先生の十八番のひとつでもあるこの作品は、一見ソリストが大活躍の華々しいコンチェルトに見えるものの、実はオーケストラと密に絡む部分が沢山あり、とても“美味しい”曲なのです。

2年ぶりの仙台フィルさんとの共演はとても充実していて幸せな時間でした。

 


写真提供: 仙台フィルハーモニー管弦楽団

 

その翌日と翌々日は仙台市内の小学校での訪問コンサートへ。

子供達にも楽しんでもらえるよう選曲した、様々な国の作曲家たちのヴァイオリンの小品を7曲ほど演奏しました。

当日の気温は33度、会場は灼熱の体育館。聴いていた子供達も汗だくでしたが僕はもっと汗だくに。人生で2番目に暑い本番でした。

しかし、子供たちから沢山のエネルギーを貰い、むしろ始まる前より元気をもらって帰ってきました。

 

 

さて、いよいよ本題へ、9月末のせんくらの出演公演について。

今回僕は9月29日(土)に2公演出演することになっており、まず1公演目はこちら!

 

公演番号 52

9月29日(土) 15:45~16:30 @仙台銀行ホール イズミティ21 小ホール(403席)

仙台国際音楽コンクールとドイツが結ぶアンサンブル ~シューマン・ブラームス~

https://sencla.com/program/537/

 

ベルリン芸術大学で学んでいらっしゃるピアニスト坂本彩さんと北端祥人さんは第6回仙台国際音楽コンクールの入賞者仲間(?)なのですが、初めてお会いしたのはベルリンでした。

その後、何度かご飯をご一緒したり、聴きに行った演奏会でばったりお会いしたりという間柄に。お二人とも演奏会で共演するのは初めてなので、これからさらに仲が深まっていくものと思われます。

 

そして仙台フィルの首席チェリスト、吉岡知広さんとの出会いは実は仙台国際音楽コンクールよりも前、2014年のドイツ・ライプツィヒのバッハ国際コンクールの時でした。

ファイナルを弾き終え、その後の結果発表で喜びを噛み締めた翌日、歴史あるゲヴァントハウスの大ホールにて入賞者ガラコンサートが催されました。

 

出番の前だったか後だったか、舞台裏をふらふら歩いていると、ピアノ部門のオーケストラのメンバーの中に日本人チェリストの姿が!それが吉岡さんとの初めての出会いでした。

その後、仙台国際コンクールの時に再会を果たし、前回のブログで長々と書いたシューマンの協奏曲では第2楽章にはチェロ・ソロとの掛け合いがあったこともあり、既に二人で何度も共演させていただいているつもりになってしまっていますが(勝手に)、室内楽での共演は今回が初めて。

とても楽しみです!

 

そして今回のプログラムについて。

4人で話し合った時に様々なプログラムのアイデアが出てきていたのですが、せっかくドイツにゆかりのある4人なので、シューマンとブラームスというドイツ・ロマン派を代表する2人の作曲家の作品を並べたプログラムになりました。

シューマン愛は前回のブログで語った通りですが、ブラームスも僕がずっと大好きな作曲家の一人。シューマンとブラームスは師弟のような関係であると同時に、クララ・シューマンを巡った三角……この話題だけでブログが一つ立ち上がるほど長くなりそうなのでこの話はやめておきましょう。

 

代わりに演奏する3曲の繋がりについて少々。

坂本さんとのデュオで1849年作曲のシューマンのロマンス、そしてシューマンとブラームスが出会った頃、1853年に彼らが合作して完成させたFAEソナタよりブラームスが作曲した第3楽章スケルツォを。

そして北端さん、吉岡さんとはブラームスが21歳の1854年に作曲し、57歳になった1890年に書き直したピアノ三重奏曲第1番を演奏します。

シューマンとブラームスが過ごした時代のドイツに思いを馳せながらお聴きいただくのも、また一興かもしれません。

 

(ブラームスが作曲に使用していたものと同型のピアノと、1855年のプライベートコンサートのプログラム。時代を感じます。いずれもハンブルクのブラームス博物館にて)

 

 

もう一つの出演公演は、毎年恒例のせんくら・フェスティバル・ソロイスツ!

 

公演番号 25

9月29日(土) 19:00~20:00 @日立システムズホール仙台 コンサートホール(796席)

せんくら・フェスティバル・ソロイスツ

https://sencla.com/program/510/

 

こちらはバッハやヴィヴァルディといった18世紀前半のバロックの作品をお届けするプログラムとなっています。

作曲されてから既に300年ほどが経っているということもあり、バロックの作品には特に演奏家それぞれの音楽の捉え方やセンスの違いが如実に現れるように感じます。勿論、それだけ作品自体の懐が深いとも言えます。

そういった作品だからこそ、今回のような素晴らしい方々と音楽を作ることができるのはとても楽しみなのです。

中でも僕が第1ヴァイオリンを務める予定のバッハのブランデンブルク協奏曲第3番は、高校の時に友人たちと学内の有志コンサートで演奏した思い出の曲ということもあり、尚更わくわくしています。

 

 

さて、そういうわけで、9月29日は夕方の室内楽公演をお聴きになってから、喫茶店でお茶をしながらひと休み、会場を少しだけ移動して夜はソロイスツ公演へ是非どうぞ、と書こうと思っていたのですが、大人気ソロイスツ公演はあっという間に完売してしまっていたとのこと。

みなさま、完売になってからでは遅いですので、気になった公演を見つけたらすぐに手帳をご確認いただき、是非その後はチケット購入へ進んでくださいませ!

 

3日間のブログにお付き合いいただきありがとうございました。

僕のTwitterやFacebookページでは引き続き日々の生活や演奏会情報、そして勿論せんくらに関する情報も発信していく予定です。もしよろしければそちらも是非ご覧くださいませ。

Twitter: @seiji_vn

Facebook: 岡本誠司-Seiji Okamoto @seiji.okamoto.violin

 

それでは、9月末の仙台で皆様にお会いできることを心より楽しみにしております!

 

岡本 誠司

ドイツで仙台の話を。

2018.08.10| 岡本誠司

みなさまこんにちは、ヴァイオリニストの岡本誠司です。

昨日の第1弾のブログでは、ドイツのベルリンに留学するに至ったきっかけや最近の生活について書きましたが、今回の第2弾では仙台での思い出やコンクールのことなどを書いてみることにします。

 

 

実は以前は仙台にあまりご縁がなく、2012年に岩手県の陸前高田で、翌年に宮城県の松島で演奏した時に仙台駅で新幹線を降りてそれぞれ一泊ずつしただけでした。

なので、僕にとっては2016年の仙台国際音楽コンクールが初めての仙台での長期滞在でした。

 

規模の大きい国際コンクールのほとんどは、DVD審査を通過すると、第1次予選で20~30分の持ち時間で無伴奏やピアノと小品など、第2次予選は40~60分のハーフリサイタル、セミファイナルで小編成のオーケストラと古典派の協奏曲、ファイナルでロマン派や近現代の協奏曲を2曲演奏する、というのが一般的です。

 

2014年のドイツ・ライプツィヒでのバッハ国際コンクールや、その後にも上記のような課題曲の国際コンクールをいくつか受けましたが、仙台国際音楽コンクールの特色はなんといっても予選からオーケストラと共演できること。

 

第6回に僕が受けた時は、予選でモーツァルトのヴァイオリンとオーケストラのための小品を2曲と無伴奏作品、セミファイナルでは大変思い出深いシューマンの協奏曲とラヴェルのツィガーヌ、そしてファイナルではメンデルスゾーンとプロコフィエフの2番の協奏曲を演奏しました。

 

通常ソリストがオーケストラと共演する時には1つのコンサートで協奏曲1曲というのがスタンダードなため、2週間の期間中にオーケストラと協奏曲3曲+小品3曲を演奏するというのは非常にハードで、これは余程の売れっ子やベテランの方々でなければなかなか経験できないことでもあります。

この貴重な経験が今の自分にしっかりと生きていることは言うまでもありません!

 

 

さて、先ほどセミファイナルのシューマンの協奏曲が大変思い出深かったと触れましたが、これについて少し書くことにしましょう。

19世紀前半のドイツ・ロマン派を代表する作曲家、ロベルト・シューマンは特にピアノ曲や歌曲、室内楽曲のジャンルで多くの名曲を世に残しています。

協奏曲も数曲書き残しており、その中で一番有名なのはおそらくピアノ協奏曲でしょうか。そしてチェロ協奏曲もチェリストにとって大切なレパートリーの一つで、僕が大好きな曲の一つでもあります。

そんな中でヴァイオリン協奏曲は実はこれまであまり演奏機会が多くない作品でした。

 

というのも、シューマンの晩年の作品は彼が精神的な問題を抱えていたこともあいまって非常に難解で、彼の妻で偉大なピアニスト・作曲家でもあったクララがこの作品を封印してしまっており、大作曲家の作品にしては非常に珍しく、死後80年間ものあいだ陽の目を見ることがなかったのです。

 

楽譜が再発見され、初演されたのは実に1937年になってからのこと。その後もソロ・ヴァイオリンパートの演奏困難さや音楽的な解釈の難しさから、なかなか演奏家の主たるレパートリーとはなりませんでした。

ここ最近になってようやく、ヨーロッパのソリストを中心にこのシューマンのヴァイオリン協奏曲を取り上げる機会が増えており、僕も何度か曲を耳にはしていました。

 

が、まさかその曲がコンクールの必須課題曲になるとは!!

コンクールの一年少し前に課題曲が発表された時、藝大の周りの友人たちと共に動揺したことは今でも忘れられません。

 

 

さて、楽譜を手に入れ、いざ譜読みを進めていくとどうでしょう、この作品の虜になってしまったわけです。

身体の奥あるいは地の底からふつふつと湧き上がってくるエネルギー、絶え間無く何かに突き動かされるような焦燥感。その中にひとすじの光が現れ、消えて行く。ついにそこから確信を掴み取ったかのように見える最終楽章も、果たして現実のものなのか幻なのか。

細かい表現や音楽の作り上げ方の難しさも、まるで噛めば噛むほど味がしてくるスルメの如くとても味わい深く、、、と書くとせっかくのイメージがぶち壊しになりますね、前言撤回します。

 

兎にも角にも、DVD審査と予選を通過でき、この曲を仙台フィルさんと弾けることになった時は、不安とわくわくが入り混じった気持ちでした。

リハーサルでオーケストラと実際に音を重ねてみて、新たな可能性やアイデアが湧いてきたこともあり、出番前2日間をほとんど徹夜して、細かい部分の練習やさらなる楽譜の読み込みに費やしたことは、ここだけの秘密です。

(よいこのみんなはまねしないでね!)

 

そのシューマンを演奏したセミファイナルでは聴衆賞もいただくことができ、とても嬉しかったと同時に、また近い将来どこかでこの協奏曲を演奏できるように精進し続けようと心に決めたのでした。

 


写真提供: 仙台国際音楽コンクール

 

ファイナルではメンデルスゾーンとプロコフィエフの2番を演奏、結果は第6位と奮いませんでしたが、審査員の方々や指揮の広上マエストロ、仙台フィルの皆様、そして会場やライブ配信で聴いていただいていた方々からも、感想や激励のお言葉、今後のためのアドバイスを沢山いただきました。

 

この数ヶ月後、2016年10月に挑戦したポーランドでの第15回ヴィエニャフスキ国際コンクールでは、仙台での経験が大いに生き、第2位を受賞できたことに繋がったと感じています。

 


写真提供: International Henryk Wieniawski Violin Competition

 

さて、明日の最終回のブログではいよいよ今年のせんくらの公演のことを書きます!

以上、外気34度、冷房・扇風機何もなしのベルリンからのブログ投稿でした。あつい。

 

岡本 誠司

スペインでドイツの話を。

2018.08.09| 岡本誠司

みなさまこんにちは!
今年初めて”せんくら”に出演させていただく、ヴァイオリニストの岡本誠司です!

 

2016年の第6回仙台国際コンクールの時に長期間仙台に滞在して以来、仙台のことが大好きになり、今年2018年の7月初旬に再び仙台フィルハーモニー管弦楽団さんとの共演と学校訪問ミニ・コンサートのために仙台を訪れた時は、第二の故郷に戻ってきたかのような心持ちでした。

 

そんな僕ですが、1994年生まれの千葉県市川市出身、昨年東京藝術大学を卒業し、現在はドイツ・ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学で研鑽を積んでおり、そして今このブログはなんとスペインのマヨルカ島で書いています!

仙台での思い出やせんくらの出演公演(ちなみにどちらも9月29日、公演番号は25番52番。覚えやすい!) の詳細はこの後の2回のブログで書くといたしまして、今回は自己紹介がてら主に最近の生活について書こうと思います。

 

 

3歳の時に一緒に遊んでいた女の子に自慢されて羨ましくなったのがきっかけでヴァイオリンを始め、その後ここには到底書ききれないほどの様々な方々との出会いがあり、20歳になった2014年にはドイツ・ライプツィヒの60年以上の伝統を持つバッハ国際コンクールのヴァイオリン部門でアジア人として初めて優勝しました。

 

実は小さい頃から不思議とバッハの作品が好きでした。6歳の頃そのとき練習していた曲がどうしても好きになれず、一度ヴァイオリンをやめたときも、しばらくして不意にバッハのシャコンヌが弾きたくなったのがやる気を取り戻したきっかけでした。

もちろん当時の僕にはシャコンヌを弾くだけの充分な技術はなく、本来15分ほどの曲を弾き終えるのに1日半かかってしまったのですが!笑

 

そういう事もあって、バッハやベートーヴェン、シューマンやブラームスら数々の偉大な作曲家が誕生し、活躍したドイツには自然と愛着を持っており、留学先にはドイツを考えていました。

実はもう少し早く留学しようと考えていたこともあったのですが、様々な要素が重なり、昨年夏に入学試験を受けて秋からドイツのベルリンに住み始めたというわけです。

 

 

ベルリンの壁が崩壊した後に生まれた世代ではありますが、街や物事の歴史を知るのが大好きな僕にとって、ベルリンはとても興味深い街です。

 

人口350万人のドイツの首都でありながら、冷戦中の西ベルリンへの物資輸送用に2ヶ月足らずの急ピッチで作られたそれほど規模の大きくないテーゲル空港が未だにメインの空港として使われているため、アジアとの直行便が一切ない事や、名物がカリーヴルスト(ソーセージの上にトマトソースとカレーパウダーがかかったもの)とアイスバイン(塩漬けした豚のすね肉を煮た料理)くらいしかないのはご愛嬌として、旧東西の街並みや空気感の違いを同じ街の中で感じることができ、大戦や冷戦中の悲惨さとそこから立ち上がった人々のエネルギーが伝わってきます。

 

ちなみに僕が今住んでいるのは旧西側の中心地、Zoologisher Garten駅からほど近い地域なのですが、通っているハンス・アイスラー音楽大学はAlexanderplatz駅から近い旧東側、ベルリンで師事しているアンティエ・ヴァイトハース先生も旧東ドイツ出身です。

 

今年4月、イタリアでのヴァイトハース門下の合宿の折には、30~40年前から現在までの様々な実体験を交えた話を先生から聞くことができ、非常に興味深かったです。

 

 

さて、そんなベルリンにはベルリン・フィルは勿論のこと、その他にもいくつもの素晴らしいオーケストラ、コンサートホールがあり、世界中から音楽家が集まってきます。

演奏会は到底行き尽くせないほどあり、しかも学生のためのチケットの料金はどんなオーケストラ、演奏家のコンサートでも10ユーロ~高くて15ユーロ(約1300~2000円)ほど!

そういった好条件にも関わらず、都合がつかずに聴けない演奏会があることをとてももどかしく思っています。

 

というのも、留学が始まった昨年秋以降も、ありがたいことに日本での演奏会や2016年のヴィエニャフスキ国際コンクール(次回以降のブログで少し詳しく書こうと思います!) がきっかけのご縁で、ポーランドなどヨーロッパ内での演奏会をいくつも戴いており、ベルリンと日本、ベルリンと他の街との往復が続いているのです。

長期間ベルリンに逗留している事も当然あるのですが、例えば忙しかった今年の6、7月はこのようなスケジュールでした。

 

4月末~6月12日…ベルリンにてアレクサンダー・テクニーク、中世声楽、視覚文化論の授業、通常のレッスンやカルテットのリハーサル、レッスンなど

6月13日…ベルリンの学校のホールにてヴァイトハース門下のクラスコンサート

6月14~19日…パリにてリハーサル

6月20、21日…ベルリンに戻って授業や先生のレッスンなど

6月22~24日…ポーランド東部のSzczawno-Zdrojという街の伝統あるヴィエニャフスキ音楽祭にて、ヴィエニャフスキのヴァイオリン協奏曲第2番を演奏

6 月25~27日…ベルリンに戻って授業など

6月28、29日…東京へフライト、そのまま夜に仙台入り

6月30日~7月5日…仙台フィルハーモニー管弦楽団さんとのブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番の共演、仙台市内の小学校訪問コンサート

7月6~11日…東京にてリハーサル、楽器の調整など

7月12~15日…東京・銀座ヤマハホールでの室内楽演奏会のリハーサルと本番

7月17日…ベルリンへ

 

留学中はできる限りひとつの場所に留まってしっかり学びなさい、という先達の皆様のアドバイスも戴いておりますが、様々な方々とのリハーサル、様々な土地のコンサートでの演奏から得られる経験は毎回計り知れないもので、そのひとつひとつが自分の血となり肉となっていると感じています。これからも人一倍有意義に活動し、たくさん吸収して経験を積めるよう頑張っていこうと思います。

 

 

 

…とは言うものの、束の間の息抜きの必要性を感じたため、マヨルカ島に来てこのブログ第1弾を書き終えようとしているわけです。

 

ちなみに地中海に浮かぶマヨルカ島はドイツ人に大人気のリゾート地で、観光客の出身国は地元スペイン、イギリスを抜いてドイツが堂々の第1位。

 

ドイツ国内からも格安航空会社が多くの直行便を運航しており、僕もそれに乗ってマヨルカに降り立ちました。

 

真っ青な空、燦々と照りつける太陽、透き通った海、真っ白な砂浜、新鮮な海産物の美味しい料理。

 

どれもドイツでは味わえないものですね!(おっと失礼)

それではブログ第2弾、第3弾もお楽しみに!
(マヨルカ島でせんくらブログを執筆中)

 

岡本 誠司

 

 

 

台湾の親友と…

2018.08.08| 神谷 未穂

皆様、こんにちは。

いよいよせんくらブログ担当3日目=最終回です!

先日の仙台フィル7月定期演奏会に親友で台湾フィルコンサートマスターの、リ イーチンさんがゲストコンサートマスターでご出演下さいました。

霧島国際音楽祭で仲良くなった私達。来日後すぐに、旅疲れも見せず、私が月1回、レギュラー出演しているNHK TV「もりすた!」にご出演。

NHKのスタジオが今年新しくなりました。

杜の都仙台の名にふさわしく、木々の緑が沢山見える、とても気持ちの良いスタジオです。

イーチンも「明るくて素敵なスタジオ!」と☺。

 

スタンドパートナーとして隣で弾いて頂いただけでなく、台湾の方々の多大なご支援によって造られた南三陸病院に一緒に行ったり、わが家にもハードスケジュールの中、食事に来てくれました。

 

エアロバイクが写っていますね。

長らく息子の保育園バッグ掛けになっていたエアロバイクですが😅、4月から活動再開。

最近、私は健康オタクモードに切り替わっております。

毎食の様に食べていたデザートをやめ、バランスよく食べる事を心掛けたら、苦もなく痩せました(え?イマイチ写真だと痩せたのがわからないかしら??)。どれだけ甘いもの食べていたのかと。

高齢出産太りはなかなか減らないし、と思って半ば諦めかけていた私でしたが(と思いつつ、今まで全くダイエットモードにならなかった)、なんと、あと少しで出産前の体重に戻ります㊗。

身体の調子が以前より良くなりました。いかにバランス良い食事が大切か、実感。

 

さて、今年のせんくらでの仙台フィルのコンサートを指揮されるのは、仙台フィルの指揮者の角田綱亮さんなのですが、私は勝手にご縁を感じています。

 

息子が産まれた日に、仙台で従姉の礒絵里子(昨年のせんくらに出演!)がソリストを務めた仙台市民響のコンサートがあったのですが、その指揮をされたのが角田さんでした。記念にそのチラシを息子が産まれた日からずっと部屋に飾っているので、毎日角田さんのお顔を拝見しているので、親しみが☺。

 

今年の4月から仙台フィルの指揮者は新体制となり、飯守泰次郎氏、高関健氏、角田綱亮氏のお三方になりました。

前任のヴェロさんもお元気でしょうかね⁈

エマニュエルもですが、先日のサッカー ワールドカップ「フランス優勝」を喜ばれている事でしょう!!

フランス、おめでとう!!

 

次の写真は、髙橋麻子さんとエマニュエルと、全員宮城学院女子大学先生という共通点を持つトリオによる9月16日に行うブラームスのピアノトリオ全曲演奏会(三曲!!)のリハーサル。

髙橋麻子さんのシリーズ演奏会です。

 

チラシの写真は去年のコンサート終演後の写真(ダイエットビフォーアフターがわかりますか??)。

3曲、全て素晴らしい作品!というのがブラームスのすごいところ。

エマニュエルは「ブラームス作品は人を元気にさせる力がある!」

と。

食だけでなく、音楽も元気になる力を絶対に持っていますよね。

それは私自身、震災直後に強く感じました。音楽が消えたあの期間の息苦しかった事。今年も日本中で自然災害があり、心が痛みます(被災地の皆様に心からお見舞い申し上げます)。

楽都仙台の名に相応しく、音楽が至る所に溢れる音楽のお祭り「せんくら」で皆様が元気になりますように。

 

それでは、

フェスティバルソロイスツ25番

バロック26番

仙台フィル21番&86番公演で、

お会い出来るのを楽しみにしています!!

 

神谷 未穂

バロック音楽

2018.08.07| 神谷 未穂

せんくらブログ2日目の仙台フィルコンサートマスター・神谷未穂です。

 

前回に引き続きバロック話。

今年もバロックチーム(神谷未穂、小池まどか、エマニュエル  ジラール、梅津樹子)で出演します!

 

せんくら出演も回を重ね、チームワークはばっちりです。

毎年リハーサル時恒例の樹子さん作のガパオライスはまだ登場していません。

この暑さ、あの辛さを体が求めています。

樹子さん、よろしく☺。

 

 

梅津樹子さんが演奏するチェンバロの製作者 林さんも全面協力で、リハーサルの度に調律、楽器の状態をばっちり整えてくださいます。

当時のスタイルの楽器はとても繊細なので、有難い事です。

蓋の模様もとても美しい楽器ですね。

 

エマニュエルの楽器はヴィオラ・ダ・ガンバ。

 

ヴィオラと名前に付いていますが、仙台フィルの井野邉さんや飯野さん達が弾くヴィオラとは全く違う楽器、という事を、せんくらバロック通の皆様は既にご存知ですよね!(そうそう、ヴィオラといえば、今年のフェスティバルソロイスツで、私もヴィオラを弾きます!ヴィオラ歴は高校時代からと長いのですが、ヴィオラ奏者としてせんくら初出演)。

 

私が初めてヴィオラ・ダ・ガンバの生演奏を聴いたのは、1995年にフィンランドのクフモ音楽祭に招かれた時でした。

その音色、楽器、演奏姿(まるで踊っているみたい!)の美しさに、一瞬のうちに魅了されてしまいました。

私にとって、この1995年という年は、人生で大きな影響を受けた人(師匠クリスティアン アルテンブルガー氏、夫のエマニュエルも😁)、物(ガンバ)との出会いの年で、その他、ほぼその全てが“音楽祭”での出会いでした。

 

今年はテレマン、マレ、クープラン作品を演奏します。

クープラン生誕350年を皆様ご一緒にお祝いしましょう!!

そして、今や日本を代表する音楽祭の一つとなった、今年の“せんくら”で皆様にも素敵な出会いがありますように。

 

神谷 未穂

1 / 812345...最後 »

カテゴリー