今週の金曜日

2017.07.09| せんくら事務局

せんくら事務局です。

最近、せんくら公式Twitterでつぶやている、せんくらちゃん♪(◍•ᴗ•◍)について聞かれることが増えました。つまり「どなたがせんくらちゃんですか?」というご質問です。残念ながらここではお答えできません。せんくらちゃんに怒られます。

 

せんくら期間中、もしかしたらあの人?と思う人を見つけたら、こっそりと(←ここ重要です)聞いてみてくださいね。

 

さて、皆さん、今週の金曜日、何かご予定はありますか?

もちろんおありですね。「ない」と答えられた方、今すぐ、せんくらパンフレットの裏表紙をもう一度確認しましょう。

 

 

7月14日(金)は一般先行販売の初日です。

 

公式サイトは、チケット販売日だけでなく、前日からアクセスが集中します。なので、ご購入予定の公演は、早めにチェックされることをオススメします。

 

販売期間:7月14日(金)10:00~17日(月)23:30

購入方法:チケットぴあ(全国の窓口、音声ガイダンス、インターネット)、

セブン-イレブン、サークルK・サンクス

※藤崎さんでは一般先行販売のお取扱いはありません。

 

詳細は公式サイト内のチケットからご確認くださいね。

 

事務局も、一般先行販売に向けて、準備を着々と進めています。

皆さまもどうぞ、公演のご確認、お取りこぼしのないように、お願いいたします!!!

 

せんくら事務局

お帰りなさい、入賞者のみなさん! その2

2017.07.08| せんくら事務局

仙台は晴れの日もありますが、梅雨真っ只中です。

高い気温と湿度に、体が悲鳴をあげそうです。皆さまもご自愛くださいませ。

 

さて、「せんくら事務局」が「仙台国際音楽コンクール事務局」を兼ねているお話は以前しましたが、皆さん覚えておいででしょうか?(え、知らないよ、という方、6月13日のブログを読んでね。)

 

コンクール入賞者は、コンクールが終わると、「さようなら、今後の活躍を祈っているよ」と言って別れるのではなく、その後も仙台とお付き合いいただきます。

 

例えば…

 

先日、7月3日に開催された、仙台市の「市制施行128周年記念コンサート」では、第6回仙台国際音楽コンクール ピアノ部門第2位のエヴァン・ウォンさんがソリストとして出演されました。こちらのコンサートには、毎年定員を大きく上回るお申込みをいただきます。ありがとうございます。(ぺこり)

 

そして、市制施行記念コンサートを終えたエヴァンさんには、学校訪問ミニ・コンサートにもご出演いただきました。

 

仙台市内の小中学校を訪問し、生のクラシック音楽に触れていただく。

児童の皆さんには喜んでいただき、エヴァンさんもこの機会を楽しんでいただけました。

 

写真は、コンサート終了後、サインをもらいに控え室を訪ねてきた子ども達と交流するエヴァンさん。

 

せんくら事務局

仙台(宮城)観光

2017.07.07| せんくら事務局

皆さまこんにちは、3週間ぶりのせんくら事務局です。

せんくらブログはお楽しみいただけているでしょうか。

 

今日は七夕ですね。仙台の「仙台七夕祭り」は、8月6日~8日です。5日は前夜祭として花火大会もあります。ぜひ、仙台まで足をのばしてくださいね。

 

さて、先月末、6月6日のブログ記事でお伝えした友人が、私を訪ねて来てくれました。彼女と最後にあったのは約6年前。彼女と会って、そんなに年数経ったのね、としみじみ思いました。

 

彼女とは仙台(宮城)観光をしてきました。せんくらには他県からおいでいただくお客さまも多いです。来仙の折は、仙台(宮城)観光も一緒にいかがでしょうか。

 

定番ですが、友人とは松島に行ってきました。日本三景のひとつですね。

当日は生憎の曇り空でした。

 

 

彼女が仙台を訪ねてきたのは6月末、皆さんがいらっしゃるのは9月末。季節が違うので、ご覧になる風景は違ってきますが、それもまた楽しみのひとつ。

 

仙台大観音、せんだいメディアテークにも行きました。

せんだいメディアテークの存在は、世界でも知られているそうです。友人も知っていました。びっくり。

 

こちらの写真は「せんだいメディアテーク」HPから拝借いたしました。

 

せんくらだけでなく、ぜひ仙台(宮城)も楽しんでくださいね。

 

せんくら事務局

募集中!

2017.06.15| せんくら事務局

せんくら事務局です。

最近、このブログのせい(おかげ?)で、執筆活動がとても増えました。パンフレット制作時もモリモリ書いておりました。このまま文章能力も上がればいいのに、と淡い期待を抱いています。

 

さて、今日は“譜めくり”同様、せんくらには欠かせない存在の2つの存在のお話です。パンフレットと公式サイトに「募集」という文字が載っているページがありますが、気づかれましたか?

 

 

 

気が付かなかったというあなた、まだまだパンフレットとサイトの読みこみが足りないようです。ブログを読み終えたら、上↑のリンク先をクリックしましょう。

 

気が付かれたあなた、素晴らしいです。でもブログの続きは読んでくださいね。

 

その① 会場運営ボランティアスタッフ

コンサートに行くと、チケットの半券をもぎったり、プログラムをお渡ししたり、お客様に席をご案内しているスタッフを見たことはありませんか?日立システムズホール仙台の公演で、あの方たちがしているお仕事をご担当いただきます。

 

せんくら開催当日は、もちろんスタッフTシャツを着用!

(スタッフTシャツに反応されたあなた、興味をそそられましたね?)

 

興味のきっかけがたとえスタッフTシャツだとしても、「クラシック音楽が好き」「コンサートの運営に携わってみたい」という想いを持った方、スタッフの一員としてせんくらを盛り上げたい!という方の応募をお待ちしております。

 

その➁ 地下鉄駅コンサート出演者

せんくら開催中の土日と、その前の週の土日はぜひ地下鉄をご利用ください。特に、仙台駅と旭ヶ丘駅をご利用いただくことをオススメします。なぜなら!!!!駅構内でコンサートをお楽しみいただけるのです♪

 

現在このコンサートの出演者を募集しています。団体・個人は問いません。演奏内容は童謡・唱歌を含め、クラシック音楽であればOKです。

 

翌年のパンフレットや「せんくら写真展」に演奏中の写真が載ることも!

 

それぞれの募集の詳細は上↑のリンクから確認してくださいね。

今日以降、募集がいっぱい来ればいいなぁ。

 

せんくら事務局

“譜めくり”さん

2017.06.14| せんくら事務局

せんくら事務局です。

 

いま、パソコンに向かいながら、何について書こうか頭を捻っています。面白い記事は出演者の方が書いてくださるので、運営絡みのことを書きたいなぁ、と思っています…そうですね、「譜めくり」はどうでしょうか。譜めくりとは、文字のまま、楽譜をめくることです。

 

この“譜めくり”さんは、せんくらに欠かせません。大活躍です。皆さんもどこかで見たことがあるはず。ピアノ+他の楽器のコンサートでよく見かけますね。ピアニストの隣にちょこんと座り、ときどき立ちあがって楽譜をめくる、黒っぽい服装の人。そう、あの人です。

素敵ですよね、この写真。私のお気に入りです。ですが、今回ご注目いただきたいのは、加藤昌則さんの左背後に見える椅子です。譜めくりの方が座る椅子がありますね。

 

コンサートで譜めくりを経験したがある方は分かるかもしれませんが、この仕事、とても緊張します。演奏家と一緒に舞台にあがるので、背筋をピッと伸ばして椅子に腰かけます。ただし、深々とは座りません。浅くです。そして目をカッ(◎_◎)と見開いて、演奏家が演奏している箇所を、楽譜を見ながら追いかけ、ページの変わり目で楽譜をめくります。

 

何事もなく曲が終われば、めでたしなのですが、たまに事故が発生します。よくあるのが(あってはいけないのですが)「落ちる」です。どこを演奏しているのか分からなくなる状態をいいます。

 

起こってはいけませんし、起こらないことにこしたことはないのですが、起きるときは起きてしまいます。「〇〇の曲、難しくてさ、落ちちゃったよ。拍を数えてたんだけど…」…こんな風に。

 

落ちたときは平静なふりをしていますが、血眼(◎o◎)!になって演奏者がどこを演奏しているのか譜面上を探します。

なぜ譜めくりについて私がこんなに語れるのか、皆さんもうお分かりですね?そう、これら全ては私が経験したことです。あぁ、文章を書いているうちに当時の記憶がよみがえってきました。緊張のせいか心臓もドキドキしてきました。

こんな緊張の仕方は体に良くないので、今日はこのあたりで書くのをやめにします。
公演で“譜めくり”さんを見つけたら、温かい目で見守ってくださいね。

 

それではまた。

 

せんくら事務局

お帰りなさい、入賞者のみなさん!

2017.06.13| せんくら事務局

またまた、こんにちは。せんくら事務局です。

 

せんくら事務局は「仙台クラシックフェスティバル」の事務局ですが、実はもう1つの事務局も兼ねています。「仙台国際音楽コンクール」です。ご存知ない方、ぜひここで覚えてくださいね。そうすれば仙台にいらしたとき、「あー、あの仙台国際音楽コンクールね。もちろん知ってる」と物知り顔で答えられます。

 

仙台国際音楽コンクールは仙台で3年に一度開催される、ヴァイオリンとピアノの国際コンクールです。これまでのせんくらにも、過去の入賞者が出演しています。彼らが仙台に戻ってくると、「お帰り!」という気持ちになる事務局です。今年も、スヴェトリン・ルセフさん、ジュゼッペ・アンダローロさん、津田裕也さん、成田達輝さん、青木尚佳さんの5人の方が出演されます。パンフレットの3ページを開きましょう。ほら、書いてある!

 

 

コンクールをもっとよく知りたいんだけどな…

他の入賞者の演奏は聴けないの?

コンサートホールで聴きたいわー。

 

そう思われた皆さん、特別情報です!

なんと!!!昨年開催された第6回コンクールの優勝者記念演奏会が開催されます。

 

 

 

仙台はちょっと遠いのよね、という方、名古屋と東京でも開催されますがいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

あららら、せんくら前に聴きたいコンサートがいっぱい。でも聴きたい。そう思われたあなた、チケットを買うのはまだ遅くありません。どうぞお買い求めください。

 

せんくら事務局

異文化交流

2017.06.06| せんくら事務局

今日もせんくら事務局です。どうぞお付き合いください。

 

6月下旬に、友人が仙台を訪ねて来ることになりました。イタリアにいた頃に親しくなった、現在アメリカの大学で勉強をしているコロンビア人の女の子です。

 

 

私たちが知り合った街のクリスマス時の風景。加工は一切していません。

 

今回が彼女にとって初来日・初来仙となります。今からどこに連れて行こうか、何を食べようか考えています。寿司、牛タン、はらこ飯、松島の遊覧船…

 

知り合いに相談したところ、「日本が初めての人にとって、街を歩くだけで観光になるんだよ。その人にとって、見てるいもののほとんどが異文化なんだから」とのこと。なるほど。

 

そういえば、せんくらも異文化交流の場ですね。せんくらは“クラシック”音楽のフェスティバルですが、世界中の音楽と楽器が集います。今年は笙や馬頭琴などの公演もあります。

 

皆さんは今年のせんくらで、どんな異文化交流を体験されるのでしょうか。といったところで、明日の方にバトンタッチしようと思います。

 

また、お目にかかりましょう。

せんくら事務局

黄色いパンフレット

2017.06.05| せんくら事務局

こんにちは!

せんくら事務局です。

 

今年の「せんくらブログ」、トップバッターは池山由香さん(アルパ・メゾソプラノ)でしたね!池山さんの今年のブログ、個人的にもとても楽しみにしていて、皆さんより一足先にこっそり読んでいました。今後も他の出演者の方のブログが続きます。ぜひ、お楽しみに!

 

さて、このページをご覧いただいている皆さんは、パンフレットは既にお手元にお持ちでしょうか?今年のカラー、黄色が明るく際立っている“あの”パンフレットです。

 

 

このパンフレットが事務局に届いたのは5月29日。せんくらのTwitterをご覧になっている方は(まだの人は@sen_claをチェック!) 、せんくらちゃん ♪(◍•ᴗ•◍) がパンフレットの一部をお披露目したのをご存知ですよね?

 

まだお持ちでない方は、ぜひ入手してください!仙台市内の地下鉄駅構内や市役所・区役所、市民センターなどで入手できます!また、ご希望の方には郵送いたします!お申し込み方法は公式サイトにてご確認ください。

 

そしてこーんな感じで、パンフレットは5月31日に発送されるのを事務局で待っていました。

 

パソコンや携帯で見るのはとても便利。でも直接書き込みもできるパンフレットもとても便利。

両方を手にして、せんくらを楽しんでくださいね。

 

せんくら事務局

迫るブログ締切日

2017.06.04| せんくら事務局

 

皆さまこんにちは、せんくら事務局です。

今後もちらほら出現します。どうぞよろしくお願いします。

 

せんくらブログは、公式サイトの目玉の1つです。なんせ、出演者の方が書いてくださるので。「楽しみにしています!」とか、「◯◯さんのブログ読みたいです!」とお客さんから声をいただくと、よし、来年もやろう、となるわけです。

 

ところが、ブログに参加いただく出演者の方には“ブログ原稿提出締切日”という、嫌なものが突きつけられます。皆さんお忙しい方ばかりですから(梅雨の時期や暑い日は、練習サボってるんだから暇だろう、などとは間違っても思っちゃいけません)、ご多忙の合間をぬって、書いてくださいます。その上、面白い記事を書けというプレッシャーを、せんくら事務局からかけられます。

 

この表に基づいて、掲載日程と原稿締切日を調整します。

 

こうして届いた原稿を、私は皆さまより一足先に、しめしめと思いながら読むわけです。

最高の贅沢です。

皆さまも、このせんくらブログ、ぜひお楽しみくださいませ。

 

せんくら事務局

カテゴリー