ロンドン生活 その2

2017.07.24| 青木尚佳

昨日に引き続き、ロンドン生活のお話です。

 

先月は、ヨーロッパ全体が異常気象になりロンドンも5日連続30度超え、最高気温34度を記録した日もありました。最近はまた例年の気温に戻り爽やかな毎日です。

 

私が今住んでいる自宅は、世界遺産にもなっているキューガーデンの目の前にあり、都心からは少し離れているせいか空気も澄んでいて治安も良く、とても気に入っています。キューガーデンは広大なので未だに全て周れていないのですが、お花の色がとても鮮やかでセンスよく配置されていて、たまに訪れると本当に良い息抜きになります。ピクニックもできるので、週末は家族連れで賑わっています。

少し前のキューガーデンで綺麗に咲き誇っていたチューリップ

 

今は目下来週(7月15日)にあるフランスでのリサイタルに向けて練習していますが、それ以外は語学の勉強をしたり、読書をしたり、生徒さんのレッスンをしたり、とのんびり過ごしています。

 

日本はそろそろ梅雨明けで夏本番ですね。「スーパー猛暑」と聞いていますので、夏バテなさらないようにしてくださいね。

 

3日間ブログを読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

青木尚佳

ロンドン生活 その1

2017.07.23| 青木尚佳

今年に入ってイギリスは様々なことが起こり少し不安な毎日ですが、7月3日からウィンブルドンが始まり、BBCは連日テニスの話題で盛り上がっています。

今ではニュースも問題なく聞けますが、大学に入学した当初は、英会話もできないほどのレベル(とにかくネイティヴのスピードと発音に付いて行けない・・・)でどうなるのかと思いましたが、気付けばロンドンでの留学生活も残す所あと僅かとなっています。

 

本当に数えきれない程の思い出がありますが、特に1番印象に残っている事は2015年に英国王立音楽大学の学部を卒業した際に”Tagore Gold Medal”(タゴールゴールドメダル)を受賞したことです。

 

裏には名前も彫ってあります

 

この賞は全卒業生の中から最も優れた学生、男女各1名ずつに贈られる賞で名前を呼ばれたときは本当に驚きましたが、いつも応援してくれる家族や先生方に少し恩返しができた瞬間でもあり、とても嬉しかったです。

 

そのメダルの授与式が翌年の3月に行われ、チャールズ皇太子から直々に賜り、その後、御前演奏もさせて頂きました。会場には作曲家のスティーブ・ライヒ氏や、指揮者のロジャー・ノリントン氏もいらしていました。チャールズ皇太子とはお話もさせていただき、とても気さくな方で綺麗な英語(Queen’s Englishと呼ばれるもの)を話しておられました。

 

チャールズ皇太子と。

 

ちなみに、通っていた学校はケンジントン宮殿から歩いて20分程の所にあるのですが、残念ながらウィリアム王子とキャサリン妃は一度もお見かけできませんでした・・。

 

 

 

青木尚佳

帰仙

2017.07.22| 青木尚佳

ブログをご覧の皆様こんにちは。ヴァイオリニストの青木尚佳です。

せんくらには初めて参加させて頂きますが、昨年の仙台国際音楽コンクールで沢山の思い出が出来た場所で再び演奏できることを、とても嬉しく思っています。

 

魅力的な公演が目白押しですが、私は公演番号25番80番に出演致します。

1つ目のコンサートは第一線で活躍されている皆様との弦楽アンサンブル。どんな『音』が奏でられるのか、今からとても楽しみにしています。そして2つ目はピアニストの中川賢一さんとのリサイタル。クライスラーの小品とシュトラウスのソナタ、と言う華やかなプログラムですので、きっと皆様に楽しんで頂けると思います。

 

昨年のコンクール期間中は、仙台の皆様の優しさに心温まる日々でした。ファイナル終了後には聴衆の皆様からたくさんのお手紙を頂きましたが、どれもご丁寧に書いて下さっていてとても嬉しかったです。今でも大切に保管していて、たまに読み返しています。

皆様との再会を心待ちにしています!

 

 

明日はロンドン生活のお話をしたいと思っています。

 

 

青木尚佳

プラス1の力

2017.07.21| マリンピア

今年5月28日に開催しました『マリンピアforベビー&キッズ vol.2』は、ゲストに我らが仙台フィルのコンサートマスター、西本幸弘さんをお迎えしました。

 

 

 

 

自称?!ハッピーランドの王子こと西本さんににどれだけ助けられたかわかりません。

 

 

吸い込まれるような美しい音色。

こんなに近くで弾いてくれて

 

 

 

明るい人柄。ノリの良さ。完璧なパフォーマンス!

 

 

特に私たちのオリジナル「マリンピア体操」では驚くべきキレのいい動きを見せてくれました。

 

 

 

 

子供の声にしっかり耳を傾けてくれて

 

 

 

いつも笑顔でポジティブに全体をまとめてくれる、カリスマ性を兼ね備えたコンサートマスター。

 

こんな素敵な人が我が街のオーケストラを率いていることが本当に嬉しく、誇らしく。

 

ご一緒できて本当に幸せでした。

プラス1の力がこんなにも大きいだなんて。

 

もっともっと面白いことができそう…

 

そんな夢を持たせてもらいました。

 

 

 

さぁみなさん、せんくらでは我らが王子、西本幸弘さんのコンサートにもご注目くださいね。

私たちも聴きにいきます!

 

西本さんのコンサートは

196683

 

そしてマリンピアは

 

公演番号37

9月30日(土)11:30~12:15

マリンピアのハロウィンパーティー!

~仮装してきてくださるお客様大歓迎♡

 

 

せんくら大好き!

一緒に思いっきり楽しみましょうね!

 

 

 

 

マリンピア

丹野富美子&吉田彩

新しい道

2017.07.21| 田村響

ブログ担当の最終日となりました。

 

私は現在ピアニストとして活動しながら

2015年の4月から京都市立芸術大学で専任講師も務めています。

 

初日のブログで大阪に2年住んだと書きましたが、大学院としての生活が終わるタイミングで大学からお声をかけていただきました。

 

まさか大学に専任で入るとは考えてもいませんでしたし、個人的に京都に何か関係しているわけでもなかったのでとても驚きましたが、悩まず即答でお引き受けさせていただきました。

 

時間や体力的に大変になることは当然ですが、「指導を通してもっと成長しなさい」と神様が私に与えた道なのだと感じました。

 

(嵐山)

 

今までの人生を振り返ると、自分で選択したことが多くありません。

ピアノの先生が変わる時、音楽高校に入る時、留学先を決める時、大阪の大学院に入る時、そして大学講師になる時・・・

 

どの環境の中でも、自分自身の本当の成長と発展を目指していれば、よきタイミングで新しい道に導かれると信じています。

 

辛い苦い経験や、それに伴う感情までもがその時の自分に必要で起こっていると思います。

 

そのように捉えて全てに意味を見出し前向きに進むようにしています。

 

今回の《せんくら》への出演も、新たな経験や感情を運んでくれる神様からの贈り物だと思っています。

 

音楽を通して様々な世界観やエネルギーを体感し、また演奏を通していろいろな土地を訪れることができ、またその土地で人に触れ、文化や料理を味わうことができる・・・

 

本当に感謝です。

 

そのような経験が私自身を深く広くして音の香りとなって皆様にお届けできるよう、これからも一生懸命生きたいと思います。

 

堅苦しいブログになってしまいましたが、せんくらの全ての公演での音楽が街中を豊かに彩ることを祈っています!

 

(ザルツブルグ)

 

田村響

天使達の成長♡

2017.07.20| マリンピア

こんにちは。

マリンピアのマリンバ担当、丹野富美子です。

今年で5回目の【せんくら】出演‼

毎回毎回、オファーを頂く度、

嬉しくて嬉しくて!

気合いが入りまくる、

大好きな【せんくら】です♡

 

昨年のブログでは、

三女を出産したご報告をさせていただきましたが、

その三女…

 

 

 

するめを嗜むほどに、

すくすくと成長しております(。-_-。)

 

お姉ちゃん達も、

元気に成長中!

 

 

 

マリンバも少しずつ楽しんでくれています♡

 

 

あ、

3番目も音楽が大好き♡

 

 

可愛い〜( ◠‿◠ )♡

 

 

こんな、愛しい天使との毎日は……

 

 

バタバタ…バタバタ…です💦

 

 

正直、練習なんて出来なーい…

((((;゚Д゚)))))))

そんな日も、多々あるわけです。

『演奏活動はお休み』した方が、

いっそ良いのでは??

と、考える時もあります…本気で…

 

でも、結局は、

 

『マリンバが弾きたーい‼』

『マリンピアでもっと演奏したーい‼』

 

と、心が叫んでしまいます(笑)

で、弾いちゃう…( ̄∇ ̄)

 

天使達も成長してくれて、

母を、応援してくれるようになりました。

 

 

沢山遊んであげられなくて、ごめん。

でも、

母ちゃんはマリンバを弾くのです‼

時間つくるから、

その時はいっぱいあそぼうね!

と誓い、

少ない時間でなんとか練習を重ねています…

頑張るよ!母ちゃんは。

 

 

我が家の子どもにも、もちろんのコト、

より多くのお子様達に、

コンサートに足を運んでもらって、

『コンサートって楽しいな…音楽って良いな♡』

と、思ってもらえるよう、

そのきっかけのコンサートがマリンピアだったら嬉しい〜

と、願っています。

 

どうぞ皆様、

マリンピアのコンサートにいらしてください!

今年は!

『ハロウィンパーティー』ですよ!

是非、おとなの方も仮装してお出掛けくださいね!

 

皆様にお目にかかれるのを、

楽しみにしております!

 

 

本日はお読みいただき、

ありがとうございました!

 

明日はまた、吉田が担当します。

 

丹野富美子(マリンバ)

室内楽

2017.07.20| 田村響

みなさまこんにちは!

 

昨日に引き続きピアニストの田村響です。

 

今回はヴァイオリンとのデュオで演奏させていただきます。

 

ピアノは、主に一人でのソロ、オーケストラとのピアノ協奏曲の共演、そして他の楽器との室内楽がありますが、私自身、室内楽の機会が最近とても増えてきました。

 

 

昔は、一人で弾いている方が間違っても誰にも迷惑かけない!

 

なんて思ってオーケストラ共演や室内楽の時に特に緊張していましたが、機会が増えていくうちに、他の楽器から学べることが多いことを改めて実感し、また瞬間にエネルギーを寄せ合う繊細なやり取りに充実感を見出すようになりました。

 

室内楽は共演者がいるので、お互いに人間や楽器が違う中で、ただ音を合わせるだけではなく、音の質、スピード、方向、バランス、雰囲気、入るタイミング・・・言い出したらきりがなくなりそうですが、瞬時に察知して調和させる事が求められると思います。

 

今回共演する郷古さんとは、7月1日の京都ロームシアターでのコンサートで初めて共演させていただき、ショスタコーヴィチのピアノ三重奏曲第2番を演奏いたしました。

 

 

ピアノとヴァイオリンの2人の世界観とエネルギーがどのように形創られて舞台上から放たれるか、会場で体感してください!

どうぞお楽しみに!

 

 

余談ですが、私が生まれた時に兄2人がヴァイオリンを弾いていた環境もあるのか、ヴァイオリンの音や曲が好きです。

ちなみに母いわく、私が赤ん坊の頃はメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲と、ヴィターリのシャコンヌに反応して泣いていたそうです。

 

 田村響

今年もジャーンプ!

2017.07.19| マリンピア

みなさんこんにちは、マリンピアです。

マリンバ+ピアノ=マリンピア、いつ来ても楽しんでもらえる水族館のつもりで日々ショー…じゃなかった、演奏を研いております(笑)

 

 

さて、毎年このブログ1日目はピアノ吉田の華麗なるジャンプを紹介しております。

 

まずは北海道、毛無山でジャーンプ!

 

うーん、空がきれい!

このジャンプの後ろには石狩湾。

 

吉田はすっかり北海道にハマってます。

 

続いては

名取市文化会館にて。

ゴールデンウィーク中の「わくわくパビリオン」、小ホール内の「ひかりのどうくつ」でナイスジャンプ!

 

 

 

 

そして続く「ふうせんの海」では子供もタジタジのはしゃぎっぷり。

 

 

撮ってくれたふみちゃんはさすがママの雰囲気で正しいふれあい。

 

そんなバカリンピア、今年の公演はこちら!

 

公演番号37

9月30日(土)11:30~12:15

マリンピアのハロウィンパーティー!

~仮装してきてくださるお客様大歓迎♡

 

お待ちしています!

 

 

マリンピア  吉田彩

 

 

金髪の理由

2017.07.19| 田村響

こんにちは!ピアニストの田村響です。

 

今回初めて《せんくら》に出演させていただくことになりました。

ヴァイオリニストの郷古廉さんとの2公演です。

仙台で演奏させていただくのは今回が初めてになります!

このようにブログを綴るのも初めてです!!

 

新たな経験をする度に「あ、これがきっかけで人間としてまた変化するのかも」と思い一人で快感を覚えるので、今回のせんくら初出演を通して、初ブログで自分の気持ちを今一度整理して、仙台市内や初めて行く演奏会場のエネルギーを感じ・・・聴いてくださるみなさまと、偉大な作曲家が残した素晴らしい音楽を共有できることをとても楽しみにしております。

 

ところで、なんで金髪にしてるの?と思いましたか?

この髪色にしてから4年が経過します。

約2週間に1回美容院でダブルブリーチしています。

頭皮はオイルやトリートメントで最善を尽くしていただいているので、今のところは大丈夫。なはずです。。

 

7年間過ごしたヨーロッパを去り、2年間大阪の大学院に通いました。

ピアニストとして過ごす中で、精神的に自分を追い込みすぎたり、こうじゃなきゃだめ、などといった固定観念に苦しんでいた心を、この大阪での生活と学生という立場が解放するきっかけになりました。

 

院生として学生生活を取り入れたことで、まだ学生、まだ若い、もっと思い切り生きよう、挑戦者でいよう、失敗なんて当たり前だよ、エンジョイしよう、もっと明るくいこうよ・・・というような様々な思いが湧いてきました。

 

その結果、髪の毛の色が明るくなりました。(笑)

 

でも、その明るい髪の色を鏡で見ると、なんだか気持ちも明るくなり、人との接し方も以前よりオープンになり、繋がりも広がってきました。

 

人に外見的に見せるためというよりも、自分の心を解放させたい気持ちが強かったと思います。

 

どちらかというと気持ちが内に深く入りやすい性格なので、そのバランスを保っているのかもしれません。

 

音楽に対していつまでも真摯に向き合い、約200年も前に創られた芸術の持つ魂を橋渡しする機会を与えられている事に感謝して、これからも精進し続けたいと思います。

 

田村響

オペラ「トスカ」

2017.07.18| 成田博之

ただいま準備中のオペラ、プッチーニ作曲「トスカ」♪

プッチーニの音楽に満たされることに凄く喜びを感じます。

 

昨年、仙台フィルの公演で「蝶々夫人」のシャープレスを歌いましたが、とっても感動するメロディーラインにうっとりしました。

 

「トスカ」は初スカルピア(^^♪

プッチーニの描いた音楽と共に、悪者を演じたいと思います。

9月の公演までに悪になれるかなー(^◇^)

 

 

成田博之

カテゴリー