文字の大きさ 普通 特大
BLOG

せんくらブログ

仙台フィルハーモニー管弦楽団
2017.08.05

ご当地

函館にいます。

繰り返しですが、、、仕事です。

 

いろいろな所に行って、思うのですが、

どの街も、とても良い街です。

宇和島に行った時も思いましたが、誇るべき歴史と南国の人情のある、とても良い街でした。

函館は、開港以来の伝統が残る、異国と海の薫りがする、素敵な街でした。

 

写真はラーメンです。味は?

塩ラーメンです。函館は塩、札幌はみそ、旭川は正油なのだそうです。これも街のキャラクターなのでしょうか?

 

仙台という街はどうでしょうか?

ギュウタンですか?笹かまですか?

食べ物以外では?

 

私からのお願いです。

 

街と食の楽しみに加えて、

「せんくら」3日間のなかで、1回は仙台フィルのフルオケ公演をお聴きになってください。震災を経て人々との音楽による交流を重ねた、温かく、熱い演奏で、皆さんのハートをホットにします。

演奏会でお待ちしております。2154568687番公演です。

 

音楽の体験が、皆さんの暮らしをますます豊かにします。

 

仙台フィル事務局:関野寛

仙台フィルハーモニー管弦楽団
2017.08.04

お迎え

新幹線に乗ります。

 

目的地は函館ですので(仕事で行きます)、これは北海道新幹線です。

写真のとおり・・・。この中途半端な撮り具合が、私のカメラワーク能力の無さを証明しています。

 

さて、皆さんお気づきでしょうか?

といっても写真上の間違い探しではありません。

 

仙台駅・新幹線ホームの発車メロディは、「青葉城恋唄」なのですが、

実は「仙台フィル」が、演奏を担当しているのです!もちろん録音です。

 

こんど、発車前に鳴るメロディに耳を澄ませてください。

ちゃんと、弦楽器も、管楽器も、打楽器の音も聞こえますから。

 

ちなみに、仙台駅・在来線ホームの発車メロディも演奏しています。

そちらは「すずめ踊り」のおはやしです。

 

「せんくら」に新幹線でお越しになる皆さん!駅に降り立ったときから、仙台フィルが演奏でお迎えしていますよ。

 

仙台フィル事務局:関野寛

仙台フィルハーモニー管弦楽団
2017.08.03

定禅寺

仙台は梅雨です。

まだ明けません(8月1日現在)。

 

写真は、雨の「定禅寺通り」です。

私の写真が下手ですが、でも絵になりますね。。。

さて、定禅寺通りって、なぜ定禅寺通りと言うかご存知ですか?

 

はい。そうです、むかし定禅寺というお寺があったんです。

本当です。

 

古地図によると、勾当台公園のあたりです。

ちょうど公園の東側が、噴水を挟んで土地が高くなっていますね。

推測ですが、あの辺り、一段高いところではないかと思います。

ちなみに、この段差は河岸段丘の名残のようです。広瀬川が浸食したんでしょうか。

ブラ●モリばりの、マニアックさですねえ。。。

 

「せんくら」で演奏会のハシゴをしつつ、街めぐりもいかがですか?

まちなかの勾当台や一番町のほか、商店街のある長町も、緑豊かな旭ヶ丘も、発展する泉中央も、それぞれキャラクターがありますね。

 

それにしても、早く梅雨明けすると良いなと思っています。

 

仙台フィル事務局:関野寛

カテゴリー