ARTISTS

仙台フィルハーモニー管弦楽団 SendaiPhilharmonic Orchestra オーケストラ

仙台フィルは、1973年に市民オーケストラ「宮城フィルハーモニー管弦楽団」として誕生し、翌年に初の定期演奏会を開催して本格的に活動を開始した。1983年に芥川也寸志(~89年)が音楽総監督に就任し、現在の礎を築いた。1989年「仙台フィルハーモニー管弦楽団」への改称とともに外山雄三(~06年)が音楽監督に就任、1999年度河北文化賞を受賞、2000年には欧州公演を成功させるなど飛躍的な発展を遂げた。2006年にパスカル・ヴェロが常任指揮者に就任、さらにアンサンブルに磨きをかけ現在に至っている。

2011年3月11日に東北地方を襲った東日本大震災による影響で、仙台フィルは数ヶ月にわたり演奏活動を中止せざるを得ない状況となったが、「音楽の力による復興センター・東北」と協力し音楽を被災者のもとに届けながら絆をつなぐ活動を行い、それらの活動が評価され2011年度エクソンモービル音楽賞洋楽部門本賞と渡邉曉雄音楽基金特別支援を受賞した。震災から2年を経た2013年には独立行政法人国際交流基金主催によるロシア公演で被災地を代表して演奏し、震災後に世界から寄せられた支援への感謝の気持ちと、被災地で音楽を奏でる楽団の姿が広く全世界に紹介された。2016年、NHK-Eテレは仙台フィル東京特別演奏会とともにドキュメンタリー番組「音楽になにができますか」を放送、番組は大きな反響を呼んだ。

本拠地、日立システムズホール仙台コンサートホールでの「定期演奏会」は2016年に300回を数え意欲的な取り組みが高く評価されているほか、さまざまなジャンルとの共演による「サマーフェスティバル」、宮城県内で開催される「マイタウンコンサート」、数多くの新作委嘱初演を行っている「日本の現代作曲家」など多彩な活動を繰り広げている。

2001年から開催されている仙台国際音楽コンクールでホストオーケストラとして出演し、各方面から高く評価されているほか、2006年秋から開催されている「仙台クラシックフェスティバル(せんくら)」で広く市民に親しまれ、音楽文化の中心的役割を担っている。加えて仙台フィルは県内外での各種コンサートへの出演や文化庁による全国の小中学校訪問など年間100回を超える活動を展開している。

 

仙台フィルハーモニー管弦楽団の「せんくらブログ2017」の記事はこちらをクリック
仙台フィルハーモニー管弦楽団【公式】中の人の「せんくらブログ2017」の記事はこちらをクリック

PROGRAM

  • あまりにロマンティックで、情熱的・・・
    2大ソリストで聴く、3回泣ける世界の名曲
    上原彩子(ピアノ) 渡辺玲子(ヴァイオリン) 現田茂夫(指揮) 仙台フィルハーモニー管弦楽団
    9月29日|金| 19:00〜20:00
    J|仙台銀行ホール イズミティ21|大ホール
    P: 597-749
    スケールの大きいロマンティックな名曲ラフマニノフのピアノ協奏曲と、サラサーテの情熱的な2大名曲の情熱に酔いしれる。チャイコフスキーコンクール優勝者の上原彩子と日本を代表する名ヴァイオリニスト渡辺玲子。華麗な2人のソリストで究極の60分が味わえます。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 名曲みっけ!~初めてのオーケストラ
    今野沙知恵(ソプラノ) 飯川直美(ヴァイオリン) 現田茂夫(指揮とナビゲーター) 仙台フィルハーモニー管弦楽団
    9月30日|土| 14:15〜15:15
    J|仙台銀行ホール イズミティ21|大ホール
    P: 597-749
    聴きたかった人気の曲ばかりを集めました!「オーケストラにはあまり詳しくない」という方にもぴったりの、親子で、ご家族で、もちろんオーケストラ通の方にもお楽しみいただけるプログラム。仙台市出身の飯川直美、今野沙知恵の瑞々しい共演とともに、指揮者・現田茂夫のおしゃべりを交えて、クラシックの名曲をお届けします。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 古き佳きアメリカ&シンフォニックジャズ!
    山下洋輔(ピアノ) 現田茂夫(指揮) 仙台フィルハーモニー管弦楽団
    9月30日|土| 19:45〜20:45
    J|仙台銀行ホール イズミティ21|大ホール
    P: 597-749
    日本ジャズ界の巨匠・山下洋輔が仙台フィルと待望の共演!クラシックとジャズが融合する傑作「ラプソディ・イン・ブルー」のほか、ライト・クラシックの大家アンダーソン名曲選、ミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」「ウェストサイド・ストーリー」セレクションを合わせてお楽しみいただく、オール・アメリカン・プログラムです。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 仲道のショパン・成田の“ロンカプ” 仙台フィルとの華麗なる競演
    成田達輝(ヴァイオリン) 仲道郁代(ピアノ) 現田茂夫(指揮) 仙台フィルハーモニー管弦楽団
    10月1日|日| 17:15〜18:15
    J|仙台銀行ホール イズミティ21|大ホール
    P: 597-749
    第5回仙台国際音楽コンクールで第2位を受賞した若きヴァイオリニスト成田達輝が、ウィーン情緒溢れる奇想曲と華やかなロンド・カプリチオーソを披露。また、ショパン弾きとしても定評のあるピアニスト仲道郁代が奏でるロマン派の最高傑作ピアノ協奏曲第1番を演奏する、聴き応えある公演です。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 珠玉のオペラ名曲~歓喜のグランドフィナーレ!
    市原愛(ソプラノ) 林美智子(メゾソプラノ) 西村悟(テノール) 成田博之(バリトン) せんくら合唱団 現田茂夫(指揮) 仙台フィルハーモニー管弦楽団
    10月1日|日| 19:45〜20:45
    J|仙台銀行ホール イズミティ21|大ホール
    P: 597-749
    「せんくら」フィナーレ公演はもちろん「第九」の歓喜の合唱で締めくくり!さらに今年は、仙台市が東京オリンピック・パラリンピックに向けてイタリア共和国の「ホストタウン」に登録されたことを記念して、第九ソリストの市原愛と西村悟がイタリアオペラの傑作アリアも披露します。オペラ名曲と「第九」の合唱を両方お楽しみいただけるグランドフィナーレです。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり