癒しの時間

2010.09.17| 鈴木慶江

午前中はひろしま美術館へ。
ロマン派・印象派を中心に素晴らしい絵画に溢れているこの美術館は、日本の中でも特にお気に入りの美術館のひとつです。
その佇まいはシンプルで、芝や木々の緑に白の建物。
静かな美しい美術館です。
ひとつひとつの作品から音楽や景色や忘れていた風景・・・
いろんな事を感じます。

イタリアに住んでいた頃は、よく美術館巡りやいろんな街の教会巡りをしました。
日本ではなかなか心静かに過ごせる場所が少ないので、こうして地方に来れる時は貴重な時間です。
美術館や神社仏閣巡りは 私にとってとても大切な時間。
作品に触れて気づく 心のよりどころだったり
感じる事が静かに溢れてきます。
美しい絵画に出会うと、この絵画のような音楽を奏でるにはどうしたらいいのか・・などなど。
こうした時間に癒され、あまりの心地よさに今日もついつい長居してしまいました。

東京へ戻り、そのまま知人の画廊へ。
スペインの現代作家ロレンツォ・フェルナンデスを迎えての彼の日本初個展を記念したオープニングパーティーに駆けつけました。
彼の作品は前から大好き。
キュートなセンスがいっぱいで 見ていると幸せになります。
写真??かと まじかで見ても思ってしまうその技法に脱帽。
ご本人は とてもとてもいい方で 質問にも色々教えて頂きました。
個展は10月2日まで 銀座の「ギャラリーためなが」で開催してますのでご興味のある方は ぜひ♪
http://www.tamenaga-exhibition.com/LorenzoFernandez/jp/index.html

素晴らしい芸術作品達に癒されまくった一日~♪感謝。

鈴木慶江

広島の夜  

2010.09.16| 鈴木慶江

今日は広島でリサイタルでした。
本当は前日に広島入りの予定で一度駅まで行ったのですがなんと台風で新幹線が遅延。。。
何時間待つのかわからなかったのでそのまま帰宅。
再び今朝出発~・・・
東京は台風一過で少し涼しくなったのに広島は暑かった~~
そんな中、3時間も前からお客様が並び始めて下さったそう。
本当にありがたいです!ありがとうございました!
今日のテーマは 「心に残る 美しいうた」
イタリア歌曲 日本歌曲 スペイン歌曲 アヴェ・マリア オペラ・アリア・・・
それぞれの曲への想いをお話しさせて頂きましたが、言葉に耳を傾けてくださったり、歌を聞きながら涙して下さったりを感じると、「ああ 心に届いたかな・・」と、とてもうれしくなります。
場所やお客様の事を考え毎回選曲しているのですが、聴いて頂きたいいい曲がたっっくさんあるので絞るのはとても大変な作業です。
今度のせんくらでも色々悩みました~
喜んで頂けるように願いつつ・・お楽しみに!

心の底から、おなかの底から、大地パワーまで総動員して歌いきった後は 美味しい時間に癒されま~す。
みんないい顔!
スペイン料理の「バスク」で主催者の皆様と!
すっごく 美味しかった~~
素敵なマスターから カヴァのプレゼント♪うれしい~~~!!
ありがとうございました~~!!

今日も 感謝でいっぱいの一日♪
鈴木慶江

メフィストワルツ  

2010.09.16| 住田怜美

エルパークで行う子供のためのピアノコンサート。

こちらは三歳からということなので少し(かなり?)難しいかな。。と思ったのですがせっかくのピアノコンサート!
ということでピアノ曲のなかでも超絶技巧が繰り広げられ、超難曲と言われているリストのメフィストワルツを演奏したいと思っています。

私がこの曲と出会ったのは確か小学3、4年生頃。
その頃ちょろっと作曲を習っていた私でしたが、どうしようもない曲ばかり作っていたのでしょう。
そんな私に作曲の先生が世の中にはこんなに凄い曲もあるのだよと教えて下さったのがきっかけでした。
初めて聞いた時の感想は何だか良くわからないけれどとにかく凄いぞ!でした。
そしてとにかく格好良くていつか絶対弾いてみたい!!と思ったのです。

そんな私の憧れだった曲。小さな子たちには難しいかもしれないけれど、少しでも何か感じてもらえればと思っています。
どうかみんなが恐くて泣いてしまいませんように…

4日間お付き合い下さりありがとうございました。
会場で皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
住田怜美

稽古の後は・・  

2010.09.15| 鈴木慶江

オペラの稽古の後は へとへとです。
そんな時は美味しい時間が必須!!
昨日は帰りになんと「利休」へ行きました!!
私 牛タンは「利休」さんの大ファンなのです。
仙台に行った時のみならず、仙台近郊に演奏に行った時は仙台駅は新幹線乗り場横の「利休」さんへ必ず立ち寄ります。
池袋に東京店があるのを偶然見つけ、早速仲間たちとモリモリ食べました♪
(赤坂店もあり 吉祥寺店が近々開店との事。東京でもがんばって~!)
仙台店と変わらず、大好きなテールスープもおネギたっぷりで美味しかった~♪
(このスープはお取り寄せもしてるほどのお気に入りです。)
どんなに疲れても、美味しい時間を楽しく過ごせると 翌日は元気モリモリになります。
せんくらの時が楽しみです。またお世話になりま~す!!
鈴木慶江

吉里吉里  

2010.09.15| 住田怜美

今日は大好きで良く出没しているお店をご紹介。

電力ビル裏にある吉里吉里という中国茶のお店です。
こちらのお店、お茶やスイーツが美味しいのはもちろんですが良い気が流れているように感じられ、とにかく気持ち良いのです。

特にお手洗いが!!

その秘密は茶香炉。お茶を焚いているので本当によい香りなのです。
お手洗いという事を忘れて思わず深呼吸してしまうくらい気持ち良いです。

中国茶については全くと言って良いほど詳しくありませんが写真の東方美人と言われるお茶や嶺頭単欉(れいとうたんそう)などが香りも良くてお気に入りです。

お茶の香りと味で満たされて心身共にすっきり元気になれるお店。
ぜひお茶とお手洗い試してみてくださいね!
住田怜美

二つのオペラ  

2010.09.14| 鈴木慶江

今 二つのオペラの稽古を抱えています。
ひとつは「シラノ・ド・ベルジュラック」。日本初演です。
有名なフランスの戯曲がアルファーノというイタリア人作曲家によりオペラ化されており、私はロクサーヌを演じます。
演劇の方にはもうすでになじみが深~い作品なので「シラノ」の話をすると思わぬ所からの反応があり面白い毎日です。
今までも何度か日本初演のオペラ上演に参加してまいりましたが、今回の役は中でも特に難しい役です。
ですので 個人稽古を8月から始めています。
何より音楽が・・・難しい~~!!
今はまだ音楽と言葉とを重ねるのに苦労していて、毎回稽古が終ると 脳が飽和状態です(笑)。

もうひとつは「うずら」。こちらも初演作品です。
童謡詩人:清水かつらの随筆をもとに未発表の8つの作品に新たに曲をつけ、”童謡詩劇”としてひとつの物語になりました。
私は瞼の母役。
出番は少ないですが美しい子守唄もあり素敵な役です。
大きな子供が3人います(笑)。
中でも一番末っ子の”はなちゃん”に「おかあちゃ~ん」と呼ばれると胸が締め付けられて毎回困ります。
子供から大人まで楽しめる素敵な作品になると思います。

というわけで今年の夏はバカンスなしでしたが、どちらの役も日本初演公演で歌わせて頂くのですから、初めてでもその役を最高に引き出せるようにしたいと思い、勉強する毎日です。
鈴木慶江

くるみ割り人形  

2010.09.14| 住田怜美

今日は今回演奏する曲について少しお話したいと思います。

楽楽楽ホールでの0歳からのコンサートではCMなどでも良く使われています『くるみ割り人形』を演奏する予定です。
このくるみ割り、原曲はもちろんバレエ曲ですのでオーケストラなのですが、二台ピアノ、連弾、ソロとたくさんの編曲があります。

私はくるみ割りが大好きで、二台も連弾も演奏しましたが、ソロは今回が初挑戦!
けれどソロはなかなか良い編曲がなくて…

二台や連弾のように手が四本使えるように書かれているものと比べると当然ですが手が二本しか使えないソロの方は音も少なくて淋しい…
どうにか二本の手でもオーケストラのように聴かせたい!と思い、自分で編曲してしまいました。
かなり難しくなってしまったところもありましたが、気に入ってもらえたら嬉しいです。

そんなくるみ割り、どうぞ楽しみにしていてくださいね。

住田怜美

9/13  

2010.09.13| 鈴木慶江

皆様こんにちは!
まだまだ暑いですね~
去年に引き続き、2回目のせんくら出演させて頂ける事、大好きな仙台にまた伺える事、今からとっても楽しみにしてます♪
その頃には すっかり涼しくなっている事を願いつつ・・・

写真は、先日コンサートをした台湾で休憩中のひとこまです。
二日間にわたり二つ別々のプログラムを組み演奏しました。
台湾の皆様は 一曲一曲に真摯に耳を傾けて下さり
日本語でも台湾語でもない歌達により心が通じ合ったのを感じました。
美しい音楽は言葉の壁を超える。
改めて実感しました。

今回のせんくらでは 「オペラ・アリア」中心のプログラムと 「祈り」をテーマにしたプログラムを作りました。
皆様の大事なひと時が ハートフルな時間になるよう 心を込めてお届けしますね♪

素敵な一週間を!
鈴木慶江

ごあいさつ  

2010.09.13| 住田怜美

ピアノの住田怜美です。

昨年に引き続きせんくらに出演させて頂けて本当に嬉しいです。
たくさんのピュアなエネルギーとキラキラな笑顔に出会える大好きな子どもコンサート。
光栄にも今年は二公演ということで本人が一番びっくり!!驚きました…

どちらのコンサートもちびっこはもちろん大人の方々にも少しでもピアノって、音楽って気持ち良いな、楽しいなと感じてもらえるよう色々と頑張っていましたのでどうぞ楽しみにしていてくださいね。

そしてブログの方も今日から四日間です。
どうぞお付き合いください。
住田怜美

9月5日  

2010.09.05| 菅英三子

今年の夏は暑かったですね。8月は私も少々のんびりできたのですが、ただでさえフニャフニャの頭の中がさらに溶けてしまい、何もしないうちに時間だけがあっという間に過ぎて行ってしまいました。9月に入り、朝晩はいくらか過ごしやすくなりましたが、まだまだ日中は厳しいですね。どうぞ皆様も暑さ疲れにお気をつけくださいませ。
今年の後半は「せんくら」で始まる感じですが、その後、東京と京都でリサイタルを行います。今年は、これまで長年に亘って伴奏をしていただきましたドイツ人ピアニストのライナー・ホフマン氏の最後の日本でのコンサート・ツアーになります。まだまだお元気でいらっしゃるのですが、海外での演奏は今年で区切りをつけられることになってしまいました。
今年の二夜がホフマン氏とご一緒に音楽を創ることのできます最後のステージとなります。リサイタルのプログラムは、これまで歌いました曲の中から、ぜひもう一度歌いたいもので組みました。限りあるこの二夜に、思いを込めたいと願っております。
菅英三子

 

舞台で  

2010.09.05| 坂本朱

舞台で、お客様の前で演奏する、これが私たちの通常の姿ですが、いまや、CD、DVDに演奏や映像をおさめて、広くそして自由に楽しんでいただくように、ご提供することも、とても大切なことですね。

ギタリストの福田進一さん。一生懸命、楽譜とにらめっこ。音を聴きながら厳しくチェックをしてくださっています。(写真がね・・・なくなった・・・)
私が撮影していましたので、私は見えませんが、もちろんご一緒しておりました。
これは、武満徹氏の声楽作品、全21曲を録音した曲の編集のために、二日間スタジオに。

10/7発売のCD 『Liberte’ —– 自由』
福田さんのギターと私の歌、それぞれの曲のアレンジは福田さん、三枝成彰さん、渡辺香津美さん、野平一郎、多美ご夫妻、鈴木大介さん、など総勢11名の作曲家の方たちにご協力いただきました。とってもすごいですよ、皆様のそれぞれのパワーの集結!!!
『まあるく、フワフワッ~っと世界が拡がる、気持ちのよい、風のような音と言葉の空間』  の出来上がり~!!!

ほんとうに・・・。

福田さんとのプログラムは、もちろん『せんくら』に登場いたしますのでね。。
お楽しみに!!!
坂本朱(メゾ・ソプラノ)

9月4日  

2010.09.04| 菅英三子

このブログのコーナーも残り少なくなりました。今日は「せんくら」のラストを飾る「第九」のコンサートについてお話いたしましょう。
「第九」と言えば日本では年末の恒例演目となっていますが、その理由にはいろいろな説があります。いずれにしてもベートーヴェンの残したこの交響曲がこれほど日本で演奏されるとは、ベートーヴェンにも驚きのことかもしれません。「せんくら」では、毎年クロージングは「第九」となっています。オーケストラと合唱が一体となって創り上げる壮大な音楽が、多くのコンサートのラストを飾ります。
チケットはいつも販売開始直後に完売となってしまう大人気のコンサートです。残念ながら今年買いはぐれてしまわれた方は、ぜひ来年の「せんくら・第九」を早くからチェックなさってゲットしてくださいね。
菅英三子

私の体が  2010.09.04

2010.09.04| 坂本朱

私の身体が、パイプオルガンのパイプだったらなぁ~・・・。

えっ・・??? 何言ってるの、どういう意味???

パイプオルガンは、パイプに下から空気が通って、リコーダーの喉仏のように、パイプの中間あたりに「唇」があります。色々な音色はその形の違い、そしてパイプの長さで音の高低が創られます。だから、パイプのように、スーーっと息がとおる、身長は変えられないとして、くじけない身体がほしいわけ。。。

イタリアの住まいには、オルガンがあります。主人はパイプオルガン奏者。
今回はオルガン製作者、兄弟でパイプを新しくして、配置をきめて取り付けてくださいました。今となっては、コンピューターでサイズを測って、パイプの大小にあわせて均等に配置するように計算されます。これは自宅用ですが、教会にある素晴らしい楽器などには、日本の組み木のように、釘など一切使わない工夫などがされています。
すべて、自然な音造りのために。本物の良い音造りのため。

坂本朱(メゾ・ソプラノ)

9月3日  

2010.09.03| 菅英三子

出雲では、毎年「出雲の春音楽祭」として様々な催し物が企画され、多くのコンサートが行われます。また約3年という時間をかけてオペラの公演を行っています。前回はビゼーの「カルメン」で、この時にはミカエラの役で出演させていただきました。そして今年の7月4日に行われた「椿姫」では、ヴィオレッタの役を歌わせていただきました。
ヴィオレッタは全3幕のこのオペラのほとんどで舞台に出ています。2幕第1場の後半と第2場の前半は舞台から離れますが、その間も含め幕ごとに着替えましたので、結構バタバタと走り回っていました。
出雲の「椿姫」の舞台上は、溢れる熱気に包まれていました。そして客席も一体となって、このオペラに酔いしれていた感じです。あっと言う間の2時間でした。公演までの2カ月、毎週末出雲に通っていましたので、公演後の週末の何とさびしいこと!なかなか「椿姫」の興奮から日常に帰ってこられませんでした。今回はその出雲での感動も合わせて、今の私の心を込めたいと思います。
菅英三子

昨日の空が  

2010.09.03| 坂本朱

昨日の空が、うんうん、雲がとてもきれいでパチッ!!!

本当は360度の様子をお見せしたかったけれど、それは叶わなかった。。。
沖縄出身の女の子が話していたの、いつも思い出します。
『東京は空が見えない・・・、空が小さいから。』

ええ、良くわかります。 お月様だって、いつ満月なのか、欠けていっているのか、何なのか、お星様も、きれいな光を見つけて、じっと見上げるなんてこと、なかなかできません。小さい頃、一番星を見つけては、よく叫んでいたのに。『あれは水星だよぉぉ』って。

天の川は、いつも私たちの見上げる空にあるのですよ。。。
流れ星もいつもたくさん、ながれてる。
ただ、私たちの住んでいる環境のせいで見えにくくなっているだけ。ざんねんね・・・。

姪っ子に、「わたしね、飛行機で時々雲の中を進んでいくのよ。曇ってね、 ああして固まっているように見えるけれど、 浮かんでいる水滴なの。ほらっ、しばらくじっと見ていると、形が変わるでしょ? 風でその水滴が動くから。いつか雲の中を一緒に走ろうねっ!!」。

今でも忘れません。ポカァァァ・・・っと口をあけて、じっとじっと雲を眺め続けていた、あの、かっわいいお顔。いったいなにを想像していたのかなぁ。
坂本朱(メゾ・ソプラノ)

9月2日  

2010.09.02| 菅英三子

今回はヴェルディのオペラ「リゴレット」の思い出をお話したいと思います。
「リゴレット」のジルダの役を初めて歌いましたのは、プラハ国立歌劇場。事前に一度舞台を見せてもらい、後は歌う前日に簡単な立ち稽古があり、当日に指揮者とアリアのテンポを口頭で打ち合わせてすぐに舞台に立つというスケジュールでした。第1幕の登場の際には、思いっきりドキドキしていたことをよく覚えています。劇場の事務局の方が数人見に来られていて、舞台袖から「エミコ、しっかり!」とエールを送ってくださったことも大切な思い出です。その後、アメリカのフロリダ・パームビーチ・オペラでも歌わせていただき、もっとも好きな役の一つとなりました。
初めての恋に震えるジルダの思いを込めて、このアリアを歌いたいと思っています。
菅英三子

バースディパーティー  

2010.09.02| 坂本朱

Happy Birthday to you・・・・!!!
バースディパーティー、日本ですと親切な友人たちや、お母さん、お父さんがお誕生日会をしてくれますね。
イタリアへきて初めて知ったこと。それは、
お誕生日を迎えた人が、お祝いのパーティーを催すのです。大きなケーキも自分で用意して、招待した人たちにきてもらって、楽しいひと時を過ごすのです。
招待された人たちは、シャンパンやワインを持ち寄ってきてくれるし、プレゼントも持ってきてくれる。フフフ・・・これは同じようにお楽しみ・・・ご心配なく。

『今日は私が生まれた日なの!! 素晴らしい日なのよ、一緒にお祝いしてほしいの!!』って。
なんか、積極的ですてきですよね。

人と人のつながりって、テーブルを囲んで、生まれてくるのですね。
ワクワクしながらおしゃべり、美味しいものを一緒に笑顔でいただきながら。
そう思いませんか??
なので、私はテーブルセッティングを楽しみながら、そう!!ろうそくの灯りをともして、のお食事、大好きです。

この日は主人とお母さんと、三人だけのお食事。ラザニアとかたくさん作りました。・・・え、奥様だけ働きました。現実はこんなものね。お誕生日は本人とそしてこの世に送り出してくれた、お母さんのお祝い。

つれてってぇぇぇぇーーーーー!!!そう、あなた・・・!!!
ん??お誕生日過ぎちゃったの??

坂本朱(メゾ・ソプラノ)

9月1日  

2010.09.01| 菅英三子

今日は、私の出演する二つ目のコンサートについてお話させていただきます。
10月2日の夕方、この日の午後の日本の歌のコンサートとは会場を変えて、仙台市青年文化センターのコンサートホールで行われる、4人の歌手によるガラ・コンサートです。私は、日本の歌のコンサートが終わりましたら、ダッシュで移動!~いいえ、時間は十分にありますので、ゆったり移動いたします(笑)。
このガラ・コンサートでは、私はヴェルディのオペラ・アリアを2曲歌います。「リゴレット」からジルダの<慕わしい御名>、「椿姫」からヴィオレッタの<ああ、そは彼の人か>です。それぞれのアリアへの思いは、明日以降にお話しさせていただくことにいたしましょう。
菅英三子

日本での二ヶ月ほどの滞在のあと  

2010.09.01| 坂本朱

日本での二ヶ月ほどの滞在のあと、イタリアの家へ戻ってきました。
日本も暑かったけれど、こちらも、なんじゃ!???この暑さはぁぁぁ!!!というかんじ。
ヨーロッパには珍しく、とても湿気が高い、だからとても暑く感じたのです。

こちらは、まだエアコンの普及はあまりありません。太陽の下はもちろん暑くても、 少し日陰へ入れば、さわやかに風が吹いてきて、涼しいのです。

早速、山へ避暑。。。
コンクリートに囲まれた生活、ついでにプラスティックにも囲まれた生活。
新国立劇場での稽古の日々は大変でも楽しく有意義な時間。ただ、私たちは常に地下にもぐりこんで、稽古。こんな都心の生活から山々を見上げて、見下ろして、緑の空の下、車を走らせてのドライブは最高!!!もう元気になっちゃう!!!

途中の山道、筋肉隆々の、プロの自転車の選手と遭遇。
私たちが湧き水の流れる蛇口のところで一休みしていたら、彼も喉を潤しにやってきた。
美味しいお水で身体を潤しながら、彼のかっこいい自転車の話に。
およそ、90万円の自転車ですって!!!!
ッッホォォォォーー。。。。すごい。。。

たくさんの教会から、谷と谷に響きわたる鐘の音に癒されて、山々の木々、根っこがたくさんあって、気持ちよいなぁ、と自然を満喫してきました。

坂本朱(メゾ・ソプラノ)

8月31日  

2010.08.31| 菅英三子

今日は昨日に引き続き、10月2日の日本の歌のコンサートについてお話させていただきたいと思います。
「からたちの花」「鐘が鳴ります」「赤とんぼ」といった山田耕筰の歌や、「浜辺の歌」「宵待草」「平城山」「砂山」「初恋」「落葉松」など、9曲を歌わせていただきますが、その多くは子供の頃から親しんでいた曲です。私の両親も音楽が好きでしたが、特に母はいろいろな歌をよく口ずさんでいました。そして私が小学校高学年や中学生の頃には、私の伴奏でこうした日本の歌もたくさん歌ってくれました。母から聞いた歌、母とともに親しんだ歌が、私の心の故郷になっていると言えるかもしれません。それぞれが美しい一輪の花のような歌の数々……。大切に歌わせていただきたいと思っております。
菅英三子

最新の投稿

カテゴリー