出演アーティスト 松坂優希さんからのメッセージ

2021.09.08| 松坂優希

こんにちは。松坂優希です。この度は2年越しのせんくら開催が叶い、とても嬉しく楽しみに思っています。再び感染者が増えてきて心配ですが、なんとかこの苦境を乗り切り、10月には状況が良くなっていることを心より祈っています。

 

今回は「こどものおんがくカレンダー」というプログラムを企画させていただきました。1月から12月までの1年間の季節の移り変わりや行事の数々を、カレンダーをめくるように、子供たちの目線で辿っていこう!というコンセプトになっていて、小さなお子さまから大人の方までが幅広く楽しんでいただけるように、童謡とクラシックとをリンクさせた内容となっています。例えば「童謡:雨ふりくまのこ」から「ショパン:雨だれ」、「童謡:つき」から「ドビュッシー:月の光」といった風に、耳馴染みのある童謡を導入として、自然にクラシックの世界観に入っていけるような構成を考えました。また、トイピアノを使った演出や、可愛いイラストのスライド上映なども予定しており、小さなお子様にも飽きずに楽しんでいただけるよう工夫を凝らしています。

 

上映予定のイラストの一部をちょっぴりご紹介!同級生でもある木暮千賀子さんに、今回のために特別に描いていただいた季節のイラストは、どれも温かくて可愛くて、ほっこり笑顔になれる作品ばかりです。

 

 

 

 

ちなみに私は今、6才の男の子と1歳の女の子を育てています。子供が産まれてからというもの、今まで素通りしてしまっていた小さな季節の変化にはっと気づかされることが多くなりました。幼稚園からの見慣れた帰り道も、春はたんぽぽの綿毛を飛ばしながら歩き、雨の日には傘に跳ねる雨音にスキップし、夏には朝夕の蝉の鳴き声の違いに耳を澄ませ、秋には赤や黄色の葉っぱやどんぐりを拾い集め……と、毎日が小さな冒険の連続です。雨音も蝉の声も葉っぱのこすれる音も、子供たちにとっては極上の音楽。そう言えば、自分が子供の頃に見えていたのもこんなキラキラした景色だったなぁと、ぼんやりと蘇る懐かしい感覚の中、傍らで無邪気に笑う子供の姿に胸の奥がきゅっとなります。

そんな日々の中で、誰かに認められるためでも、仕事としての義務感でもなくて、ただシンプルにピアノが弾きたい、この気持ちを表現したいと思えるようになったのは、私にとって大きな変化でした。

 

このコンサートを通じて皆様に、音楽の存在が特別で難しいものではなく、そこら中に沢山散らばっている、誰しもに手が届くものなんだと感じてもらえたら嬉しいです。

それでは、会場でお会いしましょう!

 

松坂優希

カテゴリー