文字の大きさ 普通 特大
BLOG

せんくらブログ

2019
2019.08.06

森の中の散歩

先日、ウィーンから電車を乗り継いで、指揮者のギュンター・ピヒラーさんご夫妻の郊外のお家に遊びに行ってきました。

 

近くに森があり、お天気が良かったので、ピヒラーさんとワンちゃんとでしっかり1時間森を散歩しました。森の中の静けさや香り、さまざまな鳥の声を聞くと、いろいろな情報が詰まった頭や心がリセットされ、リフレッシュの時間になりました。ピピラーさんは、私の日本デビューコンサートとなった金沢でのモーツァルトのピアノ協奏曲をご一緒して以来、日本、ドイツ、アルゼンチンなどいろいろな場所で共演させていただき、プライベートでもとてもお世話になっています。

 

ステキなお庭を眺めながら食事をご一緒するひとときが、毎回の楽しみです。

 

子供の頃からアルバン・ベルク弦楽四重奏団の演奏会やCDをたくさん聴き、ずっと憧れだったピピラーさんとの共演機会に恵まれ、それ以来、いつも気にかけてくださるピピラーさんに感謝の気持ちでいっぱいです。ピヒラーさんからは、ウィーン独特の音楽づくりや、カルテット時代の練習方法など教えていただき、私もそれらを取り入れて、少しでも体に染み込むようこれからも日々精進していきたいです。

 

菊池 洋子(ピアノ)

2019
2019.08.05

せんくらブログをご覧の皆さま、こんにちは。
去年に引き続き今年もせんくらに出演させていただくことになり、とても嬉しく楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

私は3つの演奏会に出演いたします。

ひとつは、ベートーヴェンの名曲ピアノソナタ「熱情」と「告別」をじっくりお聴きいただくリサイタルです。

 

私は去年から地元前橋や兵庫で、モーツァルトのソナタと協奏曲のプロジェクトを行っていますが、モーツァルトの次はベートーヴェンに取り組んでいきたいと考え、この2曲を選びました。中でも「告別」は、高校生のころに恩師・田中希代子先生と勉強した思い出の1曲です。希代子先生のレッスンノートも見直し、新たな気持ちで取り組みながら準備を進めています。

私ならではのベートーヴェンを皆さまにお聴きいただけるリサイタルになると思います。

 

もう2つは、ヴァイオリンの米元響子ちゃんとのデュオです。

出会いは2016年にトリオで一緒に演奏したのが始まりで、今年は響子ちゃんのデビュー20周年記念リサイタルでご一緒しました。せんくらでは、ベルギーの巨匠フランクとイザイを中心にしたリサイタルと、モーツァルトのソナタの2つのプログラムで共演します。響子ちゃんと一緒に音楽を作り上げる過程がとても楽しく、私達の音楽の会話を皆さまにお届け出来ることがとても楽しみです。

 

菊池 洋子(ピアノ)

カテゴリー