ラジオのお仕事

2018.09.01| 金子三勇士

皆さまこんにちは!

僕が担当しますせんくらブログ最終日となりました。

今日は最近取り組んでおりますラジオのお仕事について少し書かせていただこうと思います。

 

今年度より毎週日曜夜放送のNHK-FMリサイタル・ノヴァの支配人役に、本田聖嗣さんの後任として就任致しました。僕と同世代の若手演奏家の皆さまをお迎えし、演奏とトークをお届けしておりますので機会がありましたら是非聴いてみてください!

 

そして最近では他のラジオ番組へゲストとしてお伺いする事もあります。写真は先日お邪魔しましたインターネットラジオOTTAVAさんの番組「伊藤悠貴 The Romantic」の収録時のものです。番組司会は僕と同じ平成元年生まれの素晴らしいチェリスト、伊藤悠貴さんです。番組でご一緒するのは今回がはじめてでしたが、とても楽しく、お話も大変盛り上がってしまいました(笑)

 

なんと!再放送がちょうど明日、9月2日22時からございますので、お時間がありましたら是非こちらもお聴きくださいませ!

 

 

以上、コマーシャルでした…

 

さてさて、今年もせんくら開催まであと1ヶ月弱となりました。各会場にて皆さまにお目にかかれます事を心から楽しみにしております。

 

それではまた今月末、ここ、せんくらでお会いしましょう!

 

金子三勇士(ピアノ)

カレー

2018.08.31| 金子三勇士

皆さまこんにちは!いかがお過ごしですか。

 

すでにご存知の方も多いかと思いますが、僕は大のカレー好きでして…食べるのも、作るのもかなりこだわりが多く、最近では周りから「カレーの評論家」と言われてしまう事も多々あります(苦笑)

もうおわかりですよね?はい、本日のテーマはカレーでございます!

 

 

写真に写っていますのは最近東京で見つけました、夏限定の激辛カレーです。基本は日本風の牛すじ煮込みカレーに多種類のスパイス、生の唐辛子や粉のホットペッパーが加えられています。香り豊かな熱々の一品、夏バテで食欲があまりない季節にぴったりです。

 

カレー(カリー)には日本風、インド風、エスニック風など色々とありますが、基本的にはどちらもスパイスの種類や分量、ブレンドの仕方や火の入れ方によってクオリティが決まっていきます。特にインド風のカレーはスパイスが命です。一つの例ですが、クミン一種類を取りましても、インド産、中央アジア産、ヨーロッパ産、アフリカ産でかなり味も香りも変わってきます。原産国、量や火の入れ方を間違えてしまいますと香りが強すぎてしまう恐れや味が苦くなる危険性があります。

 

また、スパイスは漢方の世界に近いとも言われており、極端な言い方をしますと同じスパイスでも量によってはお薬、量によっては「体に毒」となる事も…

このように、スパイスから作るカレーはこだわり出しますとキリがありませんのでこの辺りで一旦ストップさせていただきます(笑)

 

そこで、せっかくですので今日は自家製スパイスカレーではなく、市販のルーで日常的にカレーを作られる方々に向けた簡単!ワンポイントアドバイスを書いてみようと思います。

実は、市販のルーで作るカレーも、複数のルーを少量ずつ混ぜて使う事でさらに味わい深いカレーへと生まれ変わります!特におすすめはジャワのような辛めのものと、バーモントのような甘めのものを混ぜることです。また隠し味には少量のウースターソース、少量のイチゴジャムや適量のココナッツミルクを加えるのもまた新たな楽しみ方へと繋がり、おすすめです!是非やってみてください!

 

最後に、もし仙台でおすすめのカレー屋さんがございましたら是非ともお知らせください!せんくら公演のサイン会の時にでもお声かけいただけましたら大変嬉しいです、よろしくお願い致します!

 

金子三勇士(ピアノ)

三勇士と「み・ゆ・じ」

2018.08.30| 金子三勇士

せんくらブログをご覧の皆さま、こんにちは!本日から3日間掲載を担当しますピアニストの金子三勇士です、どうぞよろしくお願い致します。

 

今年もせんくらに参加出来ます事を大変嬉しく思います。

今回は9月30日の2公演に出演致します。ソロ企画の「0歳児さん、いらっしゃい!」はお陰様で一瞬で完売となりました、本当にありがとうございます!

尚、イズミティ21大ホールで行われますベートーヴェン3大ピアノソナタ公演はまだまだチケットがございますので皆様、是非お越しください!

有名な悲愴、月光、熱情を所属事務所の大先輩であります横山幸雄さん、リスト音楽院時代の先輩でありますファルカシュ・ガーボルさんと手分けして演奏致します。乞うご期待ください!

 

 

ここで突然ですが、自己紹介代わりに一つ、私の名前について書かせていただきたいと思います。

 

デビューから6年が経ちますが、未だ各地で三勇士というのは「芸名ですか?」「なんてお読みするのですか?」「音楽家を意識して付けられたのですか?」など、多くの質問をいただいています。

せっかくですのでこの機会に真実を発表致します!

三勇士というのは本名であり、正しい読み方は「み・ゆ・じ」です。

 

元々は音楽の「ミュージック」から来たものではなく、三番目の子どもですので漢数字の「三」そして勇ましく、武士のように育って欲しいという両親の思いがあっての事です。

音楽家になった今となっては、良かったかな、と思っている次第です(笑)

 

一点だけ皆さまへお願いがございます。

多くの場合「美勇士」と大変に美しく書かれてしまう事がありますが、こちらはある芸能人の方のお名前になりますので、お間違いの無いようにくれぐれもよろしくお願い致します!

 

金子三勇士(ピアノ)

カテゴリー