文字の大きさ 普通 特大
BLOG

せんくらブログ

伊藤圭
2018.07.30

のんあま🐈

不得意なブログ担当、3日目の伊藤です。

上野動物園のシャンシャンはもう”普通”になってしまったでしょうか。上野に通っていますが、まだまだお客さんが多過ぎて出逢えていません。

 

今日はパンダではなく、私の大切な家族「猫」のお話です。

我が家の家族構成は私、妻(ヴァイオリニスト)、のんた君♂(マンチカン)、あまんだちゃん♀(スコティッシュ)です。

のんちゃんとあまちゃんは同い年。2人とも生まれて数ヶ月のとびっきり可愛い時期に我が家へやってきました。のんちゃんは静岡県、あまちゃんは北海道十勝生まれです。

 

まずうちに来たのはのんちゃん。近所のイオンでひとめぼれ。抱っこしても大人しかったのでのんびり屋ののんた君と名付けました。しかし飼ってみると大違い。抱っこは大嫌いだし、小心者で超びびり。小さな物音でも飛び起きてしまう、のんびりとは正反対の性格なのでした。

 

一方あまちゃんはケージに入れられ、北海道から1人飛行機でやってきました。空港まで妻とお出迎え。鳴いたり、脱走の恐れもあったので、空港から上野まではタクシー。上野から最寄り駅まではグリーン車移動。超VIP待遇です。堂々としたもので、我々の心配をよそに何事もなく自宅まで到着しました。家に入るなり、先輩風を吹かせ、唸るのんちゃんを完全無視。あっという間に自分のテリトリーを広げていきました。とほほ、のんちゃん。完全にあまの方が上手。女性は強いなー!

 

んー、なんだか我ら夫婦に似ているかも、、(泣)

 

2人とも楽器の音はあまり好きではないご様子。うちはリビングが1番気持ちよく響くので、そこでさらう事が多いのですが、楽器ケースを開けるなり、あまちゃんはブーブー文句を言い始めます。(さっきまで寝てたじゃん!黙って寝てればいいのに笑)音を出せば、足元に絡みついてきて、やめろやめろ!そんなことより私の相手をしなさい!と猛抗議してきます。一方のんちゃんは、文句は言わずとも、しれーっと二階へ避難。

人間ではないけれど、うるさいうるさいと逃げられるのは演奏家としてとても悲しいです。指が回らないし、音も汚くてごめんよ、と毎回凹む私なのでした(泣)

 

オーケストラでの演奏は、繊細でとても神経を使うものです。夫婦共々、疲労困憊で帰っても2人は温かく迎えてくれます。

誰も家にいないし、寂しいだろうにね。

何も言葉では表さないけれど、しっかり我々夫婦の演奏活動を支えてくれている大切な家族です。のんあまちゃん、これからもよろしくね。

 

伊藤 圭

伊藤圭
2018.07.29

Let’s speak Miyagi-ben!

皆さん、こんにちは。

ブログ2日目です。

我が故郷、宮城県には表情豊かな方言が沢山あります。せんくらにいらした際に、より仙台を楽しんでいただくため、ここで方言講座を開講します!

 

[基礎編]

宮城弁で特徴的なのは、五十音のイ段です。

母音イとウの間の発音になります。

特にサ行ナ行に表れやすいです。

 

さしすせそ→さすすせそ

なにぬねの→なぬぬねの

 

となります。

 

(例)

お寿司→おすす

刺身→さすみ

新聞紙→すんぶんす

人参→ぬんずん

新潟→ぬうがだ

 

数字の発音も同様です。

 

1→いず

2→ぬー

3→さん

4→すー

5→ごー

6→ろぐ

7→なな

8→はず

9→くー

10→ずー

 

ずーずーなまってきましたね(笑)

その調子!

 

では、[応用編]

会話の中で、頻繁に使われる方言を取り上げます。

 

宮城のYes.Noはこうなります。

はい → んだ

いいえ → んでね

そうです→んでがす

そうではありません→んでがいん

 

Good.Badは

良い→いがす

悪い→いぐね

 

☆命令

〜しなさい→〜らいん

(例)

食べなさい→たべらいん

入りなさい→はいらいん

見なさい→みらいん

(例文)

お寿司を食べなさい→おすすたべらいん

 

☆勧誘

〜しましょう→〜(す)っぺ(べ)

(例)

食べましょう→たべっぺ

入りましょう→はいっぺ

行きましょう→いぐべ

(例文)

せんくらに行きましょう→せんくらさいぐべ。

 

いかがですか?

Nice!ZuーZuー!

 

他にも面白い方言があるのでご紹介します。

 

恥ずかしい→おしょすい

眩しい→まつぽい

大変だ→おどげでね

貼る→ねっぱす

目→まなぐ

額→ひてこび

眉毛→このげ

 

シャイで頑固な宮城県人ですが、

方言一言で相手の心の扉は開くはず(笑)

Let’s speak Miyagi-ben!

宮城をお楽しみください。

 

伊藤 圭

伊藤圭
2018.07.28

せんくらデビュー!

はじめまして。

クラリネットの伊藤圭です。今回初めてせんくらに出演させていただく事になりました。9/29日立システムズホール仙台でのリサイタル、それから9/30仙台銀行ホールイズミティ21での仙台ゆかりの演奏家による木管五重奏、2公演となります。

皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

今回のリサイタルプログラムは、様々なジャンルから作品を選びました。

 

☆ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー

オーケストラ作品の中でクラリネットと言えばこの曲。冒頭のグリッサンドが印象的です。

奏者にとってはうまく登れるか、一か八かの大勝負(泣)N響の試用期間、1発目の本番で吹いたのがこの曲でした。。かなりのプレッシャーの中、震えながら演奏したのを今でも覚えています。

 

内田 祥子:緑の時

私の大切なオリジナル曲です。

藝大卒業記念で開いたリサイタルの際に、同期である内田さんに委嘱し、書いていただきました。内田さんが大崎市を訪れた際に感じた印象を音楽にしてくださいました。緑豊かな田園風景が目に浮かびます。

 

サン=サーンス:クラリネットソナタ

「白鳥」や「交響曲第3番オルガン付き」で有名なサン=サーンス。その名曲同様、美しくドラマチックな作品です。

(5月に発売させて頂いた、デビューCDにも収録しています!)

 

クラリネットの魅力を存分に楽しんで頂けるプログラムになっています!

皆様是非お越しください!!

 

 

せんくらついでに

私の出身地は宮城県大崎市です。仙台よりも40kmほど北に位置し、ササニシキ、ひとめぼれが誕生した米の名産地、また名湯として知られる鳴子温泉郷も故郷大崎市にあります。お時間がございましたら、是非お立ち寄りいただき、のんびり落ち着いた時間をお過ごしください。


こちらは大崎市のゆるキャラ、ぱた崎さん。

最近、大人気です。

 

伊藤 圭

カテゴリー