文字の大きさ 普通 特大
BLOG

せんくらブログ

松山冴花
2014.07.01

イタズラ

夏に教えていたFestivalでヴァイオリンコーチは私とAちゃんと彼女の兄、R君3人です。

そのR君、楽器の調子が良くないと言って一晩、調節の為Festivalから抜けました。

真面目なR君になにかいつもより意地悪してやろうとAちゃん、Aちゃん夫J君と私で緊急会議。普段脳みそ使う事は面倒な私でもこういう事に関しては悪知恵いっぱい。生憎R君の部屋にはロックがかかっており彼の部屋の中には入れない。それとお金を使いたくないので身近な物で。

思いついたのが滞在している寄宿舎に山のようにある安いペラペラのトイレットペーパー。
3人がかりで彼のドアの上からトイレットペーパーを貼ってのれん作り。下の方はセロテープで床に固定。Aちゃんは凝って横にもトイレットペーパー使って編み編み状態に。J君はまだそれでも足りず鍵が入る所をトイレットペーパーで塞いでまたその上から破りにくいセロテープ張り。R君が怒らないようトイレットペーパー暖簾の上から’お帰りなさい!’というポスターも貼って完璧。

でも次の日R君が戻ってくる時間は私達全員教えている。R君の表情がどうしても見たいのでAちゃんに録画カメラ持ってない?と聞くとさすが彼女、持っている。カメラを見つかりにくい所に設定し期待と面白さで興奮気味の私はその夜ほとんど眠れず。

次の日授業中R君からテキストが:“素敵なプレゼントどうもありがとう。カメラも見つけました”。

授業終わり次第大急ぎでR君の所へ。私達が心配なのはバレたカメラは彼が差し込めない鍵穴に鍵を入れる前か後か。幸いアフターだったので安心して皆でビデオ鑑賞。

——————————
R君登場。

R君:…っえ…?

R君呆然。

R君再起動。ドアの前に行き上下みて放心状態。しゃがんでトイレットペーパーを触ってどうなってるのかお勉強。

R君、起立。

大きなため息。

鍵を取り出しまさに鍵を差し込む直前に鍵穴の異変状態に気付く。

R君:っちょっ…はあ?なにこれ!
——————————

私達は録画を見ている最中ずっとクックッ笑っていたのが最後の一言で大爆発。R君、呆れていたけど私達が彼の事を思ってやったって事で少々感謝。その後一週間はトイレットペーパー暖簾を外さず。でも流石一週間も経つとヨレヨレでみすぼらしくなったので強制的に彼に外させました。

 

松山冴花

松山冴花
2014.06.30

Aちゃん

去年の夏は親友Aちゃんと彼女の夫J君と6週間Festivalで教えてきました。そこは2週間に一回先生達のコンサートがあります。そこでAちゃん(ヴァイオリン)とJ君(ヴィオラ)はDuo弾くことに。彼女達の部屋から威勢のいい練習が聞こえてくる。凄いバリバリ弾いているなあと感心していたら

 

“きゃはははははははは!!!!!”

 

いきなりAちゃんの大笑い。あの二人、あんなに楽しく弾くのかと羨ましがっていたらAちゃん部屋から出てきた。

私:いいねえ、めちゃ楽しそうじゃん。

Aちゃん:えっ?

私:凄い笑い声聞こえたよ。

Aちゃん:ああ、違うの。私全然ヴァイオリン触ってなくっていきなりあんな曲弾いたから腕がつっちゃったのよ!それで痛くて痛くて笑ってたの。

 

つられて笑ったものの私も経験あります。曲によって違う筋肉を使うのであまり手慣れていない曲を弾くと腕が痛くなる事も。足がつることもしばしば。

 

でも恐るべしAちゃん。ヴァイオリン触れてなくても弾き出したら稲妻みたい。。。

 

今日の写真は飼い猫のポテトです。ヴァイオリンケース開けたら逃げだすほど私の音が大の苦手。

 

ポテトのお気に入りのスポットはテーブルの上。でもそこは私の練習がまる聞こえ。なのでポテトがとったポーズは?

テーブルの上でうつ伏せになって耳を両足でカバー。

いつかポテトに認められるヴァイオリニストになりたいと日々思います。

松山冴花

松山冴花
2014.06.29

交渉と裏切り

 

今日から3日間ブログ担当、ヴァイオリンの松山冴花です。

 

人間誰もがこだわりを持っていると思います。

その拘りのお陰で私、先日夫からの裏切りを体験しました。

 

今回その拘りの主役は歯磨き粉。

家で使う歯磨き粉はチューブ式。私は絶対チューブの下の方をぺったんこにしながら中のペーストを出す派。一方、夫はチューブの真ん中を握りペーストを出す派。こっちは歯磨き粉使う度綺麗に平にしてるのに夫が膨れ上がった所を握るのでチューブがクッチャクチャ。

 

美しいチューブが夫の使用後おブスになるのが嫌になったので彼に頼みました。歯磨き粉、お願いだから下から押し出してくれ、と。

そしたら彼、割りと簡単に了解。でも彼も申す。私が歯磨き粉のキャップを使用後ちゃんとつけ戻したら願いを聞いたげると。

交渉成立。

 

半信半疑で翌日歯磨き粉を見てみるとちゃんと綺麗に下から使われている。感動したので私もキャップを使用後付け戻す。その後も私の願いを見届けていてくれる夫。いい奴じゃんと思い数日後彼に感謝の言葉:

ペースト下から押し出してくれてどうもありがとう。見ていて気持ちがいいよ。

 

そしたら彼、大笑い。私を幸せにするのがこんなに簡単な事と思って笑っているかと思いきや:

ごめん、サエカ。実は僕、新しい歯磨き粉使ってるんだよ。

 

…へっ?イマ、アナタナニユッタ?

 

洗面所の鏡の中の戸棚に僕が使ってる歯磨き粉があるよ。

まだ目が点で彼の言っている事が理解できてない私。数秒後ようやく頭の回転が動き出し私は洗面所へダッシュ。信じられない思いで鏡を開けたらあったよ。。。まだおニューの歯磨き粉。それもめっちゃ握り倒されている。。。

 

この数日間見ていた素敵なチューブはずっと私のだったのね。。。腹いせに洗面所から出て行く前に彼の歯磨き粉のキャップを外し隠しました。

松山冴花

カテゴリー