ベートーヴェン 3

2014.10.02| 横山幸雄

僕にとってベートーヴェンとショパンは重要な作曲家であり、活動の2つの柱といえる。ショパンが友人のような親しみを感じる作曲家であれば、ベートーヴェンは神のような存在であり、強靭なエネルギーを感じる。ベートーヴェンの旅は2020年まで、「ベートーヴェンプラス」シリーズで毎年テーマを持って取り組んでゆく。そして今や5月の連休の恒例ショパンは、ショパン生誕200年の2010年からスタートさせて、来年は6回目となるが、この企画の発想のもととなったのは、そもそも、2005年にジャパンチェンバーオーケストラと演奏したベートーヴェンの5つのピアノ協奏曲を一気に演奏したことにあるから、やはり、ベートーヴェンとショパンは僕にとっては、幼い頃からどこかで繋がっていたのだろう。

今回のせんくらでは、昨年までのショパンに引き続き、ベートーヴェンのピアノソナタをプログラムにした。「悲愴」と「月光」と「テンペスト」は子どものころから演奏し、デビューしてからこれまで数え切れないほどリサイタルのプログラムに取り上げて、その都度作品の奥深さを感じている。「ワルトシュタイン」も長年弾き続けている作品で、小学5年生のときに第1楽章を演奏したが、弾いていてただただ楽しくてしかたなかった。そして、「熱情」はパリに留学してから学んだが、CDに2度の録音で取り上げた思い入れのある作品だ。

ベートーヴェンが好きな方にはもちろんのこと、僕のショパンを気にいってくれた方には是非とも、せんくらで僕のベートーヴェンを聴いて、音楽のもつエネルギーを感じてもらえれば嬉しい。

横山幸雄

ベートーヴェン 2

2014.10.01| 横山幸雄

ベートーヴェンの作品は、1998年~99年に作品番号のある全ピアノ曲に1年かけて取り組んだ。昨年からスタートした「ベートーヴェンプラス」では、それ以来取り出す作品も多い。今回の「初期のソナタの諸相」でも時間をかけて作品に寄り添うべく練習の日々を重ねた。ベートーヴェンの若い、まだ耳の病にかかる前に書かれた作品はそれぞれに、異なる個性を持ち、異なる輝きを放っていて、確かにこれから華となる熱情ソナタや悲愴ソナタなどの大作を生み出してゆくひたむきさがある。スタンディングオーベーションにこたえてアンコールには、悲愴ソナタの第二楽章をえらんだ。ベートーヴェンが耳の病に不安を持ちはじめる葛藤の時代に書かれた作品であり、来年のシリーズのプログラムの中心に置かれる作品のひとつとして。あとのプログラム構成はこれからのお楽しみだ。

横山幸雄

 

ベートーヴェン 1

2014.09.30| 横山幸雄

ベートーヴェン生誕250年の2020年にむけた企画「ベートーヴェン・プラス」を東京オペラシティコンサートホールで昨年からスタートさせた。Vol.2の今年は9月23日に「初期のソナタの諸相」と副題をつけて行われたばかり。「ソナタ」をキーワードにして、ベートーヴェンの1番、2番、3番、4番のソナタに、2つのロンド(Op.51)、失われた小銭への怒りの愛称で知られる(ベートーヴェンがつけたわけではないが)ロンド・ア・カプリッチョ、それに、ソナタ19番、20番を演奏。そして、コンサートの後半部分にプログラムした「プラス」部分には、いずれも最初のソナタである、ショパンの第2番、ブラームスの第2番、そしてコンサートの最後には、シューマンの第1番のソナタを演奏した。もちろん、普通の2時間の演奏会におさまるはずもなく、開演11:00 終演は17:00近くになった。ショパンもブラームスも2番であるが、最初に書いた作品はこの2番のほうである。

僕はプログラムの構成を考えている時がとても楽しい。ベートーヴェンプラスの今回の演奏を聴いて、皆さんが音楽の素晴らしさや面白さを感じたり、思いもよらない発見をしてくれたら嬉しいのだ。

横山幸雄

 

寒がり

2013.10.01| 横山幸雄

僕は究極の寒がりだ。

夏でもタートルネックの長袖を着て眠る。
どんなに暑い日でも首を出して眠ることができない。

だから、夏は大好きだ。
徐々に気温が上がってきて、夏が近づくと心が踊る。
28度を超えて猛暑になると、「なんて気持ちがいい陽気だ!」と叫びたくなるほど嬉しい。

うだるような陽気で、ジョギングするのも最高だ。
最近ではその時間すら取れなくなったが、昔は、猛暑のなかテニスをやった後、テニスコートからジョギングして家に帰ったものだ。

さて、なぜそんなに寒がりなのか。
それは、僕は究極の汗っかきだからだ。
大量に発汗すると、急激に体が冷やされ、もう居ても立っても居られないほど寒くなるのだ。
テニスをやった後のTシャツは、どれもこれも絞れるほどの汗をかく。
だから猛暑が好きなのだ。

本番も、必ず下着を数枚用意をする。
体は沢山の汗をかくが、指だけはあまり汗をかかないので、鍵盤を滑ることがない。
ピアニストとしては、とても有難い指なのだ。
横山幸雄(ピアノ)

台湾茶

2013.09.30| 横山幸雄

数年前から、僕は台湾茶にハマっている。

僕の弟子に台湾人がいて、実家に帰った時のお土産で台湾茶をもらったのが始まりだ。
それまでは一般的な中国茶を好んで飲んでいたが、この台湾茶にすっかり魅せられてしまった。

しかし、台湾茶もいろいろな店で味が異なる。
数々試してみたのだが、あの弟子からもらった本場台湾茶の味に、及ぶものがない。

それでは、茶器に拘ってみたらどうだろう、と専門店に勧められた専門の茶器を購入して、飲んでみた。
はっきりいって、劇的に美味しくなるわけではなかった。
淹れ方が悪かったのかもしれないがやはり、美味しい台湾の茶葉を探さなければ。

僕の食生活は前にもこのコーナーで書いたかもしれないが、一日一食だ。
もう20年ほど続いているし、健康診断でも悪いところは全くないので、僕の体と生活スタイルには一日一食があっているのだと思う。

食べると眠くなる、食べると止まらない。
これでは仕事にならないので朝と昼の食事をやめた。

だから夜は、寝るまでの間をワインと共にゆっくりと時間をかけて夕食をとる。
一方、朝は速やかに脳のスイッチを入れなければ、時間が勿体無い。そのスイッチが台湾茶なのだ。
今日も1リットルの台湾茶を飲んで、さあ練習だ!
横山幸雄(ピアノ)

子犬

2013.09.29| 横山幸雄

最近、僕に新しい家族ができた。

今年4月に生まれた子犬で、名前をルネという。

本来、僕の生活では犬を飼う事は難しいと思う。
演奏会の楽曲に集中するため、他の音を全てシャットアウトしたいことが多いからだ。

しかし、ルネは吠えない。
とても穏やかな犬で、遊んでいる時以外には、殆ど吠えることがない。
僕が音楽を聴いているときでも、それを大音響にしたとしても、静かに寛いでいる。
実にできた犬なのだ。
ショパンもこの子犬を知っていたら、「子犬のワルツ」の曲想は大きく変わっていたかもしれない。

ルネは、僕が久しぶりに旅から帰っても、吠えずにお座りをしながら一生懸命アピールしてくる。
だから、僕は疲れて帰ってきても、それが深夜であっても、ルネとしばし遊んでから眠る。

遊んでいるうちに、ふっと睡魔が襲ってきて、その場に眠ってしまうことがあるのがたまに瑕だが、最近ではルネと戯れることが習慣になってきた。

どうしても早く寝なければならない時は、少し遊んだ後で「今日はこれでいいかい?」とルネに聞く。
ルネは吠えることなく、ただペロペロと舐めてくる。
横山幸雄(ピアノ)

「記憶」 ③  

2010.08.22| 横山幸雄

「そんなに甘いものではなかった」と気がついたのは、演奏会の10日ほど前。
考えてみてほしい。通常2時間の演奏会であれば、前日に演奏会同様2時間あれば、リハーサルができる。 しかし、この演奏会は演奏時間が(休憩をしながらだが)およそ16時間に及ぶためリハーサルは1日ではできないのだ。 たとえば、今日は30曲、明日は30曲というふうにリハーサルとすすめていったとしても、5日かかってしまう。そうすると、5日前にリハーサルした曲が 果たして演奏会で聴いて頂く状態で、僕の頭と身体に保たれているのか確認ができない。 では、もう一度弾こうとしたら、また5日かかり、これは堂々巡りだ。かといってまさか前日に15時間のリハーサルをやるわけにもいかない。

さて、最後はどうしたと思いますか?
まさに、人事を尽くして天命を待つ、といった心境でした。前日はとても穏やかな心境でいつものように夜はワインを飲んでいました。 なんだかワクワクとした気持ちで。

人生・・まさか自分の名前が「ギネス・ブック」に載ることになろうとは思ってもいなかった。でも、だからといって、すごいことをやってのけたというような思いはまったくない。全ては、ただショパンに近づきたくてやったことだから、きっと、僕の周りの応援してくれた多くの方々の気持ちが、あの演奏会を成功に導いてくれたのだと思う。

この場をかりて「ありがとう!」

横山幸雄(ピアノ)

 

「記憶」 ②  

2010.08.21| 横山幸雄

僕が「ショパン・ソロ全166曲演奏会」で暗譜した楽譜の総ページ数は、ざっと1500ページぐらいだっただろうと思う。だから、スタッフや関係者、友人知人もこの演奏会のことを心配し、気遣ってくれた。 でも当の本人、つまり僕は、この数日分にあたるボリュームの演奏会を実はそんなに大変なことだと思っていなかったのだ。
演奏会の直前まで!
なぜなら、集中して練習するときは、15時間ぐらいは休憩せずに練習するので体力面では全く心配がなかったし、暗譜についても、新曲でさえ暗譜は1日でできるので、そこから曲を仕上げるのも4~5日あればできると思っていた。しかも、ショパンの作品は20年以上演奏し続けてきたし、殆ど演奏会で演奏したことがあるので だいたい頭に入っているはずだ。 それならば、コツコツと日々練習を積み重ねていけばできる!
・・・と思っていたのだ。

しかし、そんなに甘いものではなかった。 (明日に続く・・・)

横山幸雄(ピアノ)

「記憶」 ①  

2010.08.20| 横山幸雄

昨日、僕は携帯に「個人アドレス登録」をせずに、毎回090~から押しているといったが、
それには不便さを感じていない。なぜなら、すべての番号を記憶しているからだ。
ゆうに100人以上の番号はすべて頭に入っているから、これには驚く方も多いかもしれない。 ピアニストは暗譜で演奏する仕事なので、暗記は多分、というか、かなり得意なのだと最近気がついた。

今年の春、ギネス・ブックに登録された「ショパン・ソロ全166曲演奏会」を行った。ショパンの作品の全166曲を1日で演奏するというもので、朝9時から演奏会が始まり、深夜1時すぎに終演という、マラソンコンサート。弾くほうも大変だが、聴くほうも大変だったと思う。僕と一緒に“頑張ってくれた”お客様には心から感謝している。

「ショパン・ソロ全166曲演奏会」は、勿論全曲暗譜で演奏した。しかし、 いくら暗記が得意の僕でもこれには流石に手をやいた。 (明日に続く・・・)

横山幸雄(ピアノ)

文明の利器  

2010.08.19| 横山幸雄

昨日、「アナログ人間だから」といったが、僕はあまり文明の利器を活用していないかもしれない。 もしくは信用していないのかもしれない。
携帯は使っているが、携帯に友人知人の電話番号を登録することはしない。 もちろん、メールをうつこともしないし、したがってパソコンもやらない。
「なぜメールをやらないのか?」とよく聞かれるし、いつでも090~から携帯の番号を押している僕を見て 、
「信じられない、登録すればもっと便利なのに」ともいわれる。
僕は練習するか本を読むか原稿を書いているかテニスに燃えているか(ワインを飲んでいるか)で起きている時間が終わってしまう。
幼いころから、「休憩する」という習慣がなかった僕は、いつもスケジュールは分刻み。 だからメールを始めてしまうとおそらく1日が24時間では足りなくなってしまう。
確かにメールは便利なものかもしれないけれど、どうも一方的とも思えてならない。本当が本当に伝わるだろうか・・、逆にメールによって自分の生活にゆとりがなくなってしまうのではないか・・、と思うのは、文明についていけないヒガミかもしれない!?

横山幸雄(ピアノ)

時刻表  

2010.08.18| 横山幸雄

僕は今フランスにいる。
海外に滞在中はこちらの交通事情に従うしかないのだが、良くも悪くもいい加減で大ざっぱなヨーロッパと違って、日本にはとてもしっかりとした交通網が組まれているのだから、時間のムダが何より嫌いな僕としては、清張の『点と線』ではないが時刻表と首っ引きで、 いかに効率良い移動プランを考えるかということも重要なことのひとつだ。
そうした場合、もちろんアナログ人間だからパソコンや携帯で調べることもできないわけだが、それができたとしてもあればかりに頼るのは全然ダメだ。 なぜならば、『時刻表』で比較しながら、それは飛行機か新幹線かに始まり、 それは自宅から空港までの時間や新幹線の乗車駅の検討も含め、 衣装や楽譜を持っての乗り換えの動線、そういう諸事情を考えて決めていかないと、結局は不都合が生じるからだ。
でも最近この時刻表がわからないという人に立て続けにあった。 ピアノを教えていてもそうだが『わからない』ときくと、何がわからないのか、 どうわからないのか、わからないことが何だかさえわからないのか、を追求したくなってしまう僕としては、たちまち時刻表の読み方講座を開講してしまったのだ。

横山幸雄(ピアノ)

旅人

2010.08.17| 横山幸雄

僕はいつも福岡の美容室でカットしている。福岡まで髪を切りに行くというと大袈裟にきこえるが、コンサートの合間に立ち寄るという具合で20年近くそうしてきた。美容師の佐野さんは20年来の気のおけない友だちでもある。
演奏家は旅人のようなものだ。旅人は不規則な生活を強いられる。時に移動時間が一番ゆっくり眠れる時間だったりもするから、どこでも熟睡できるのは僕の得意技だ。

横山幸雄(ピアノ)

夏が好き

2010.08.16| 横山幸雄

今年の夏は日本中どこへ行っても『猛暑』の話題で持ちきりだ。
熱中症対策、夏バテに効くメニュー等々。暑くてうんざりしている方々には申し訳ないが、実は僕はこのくらいの暑さであれば調子が良い。
もちろん暑さを感じない特異体質なわけではないし、むしろ人一倍汗はかく方だ。だが全くバテない。さらに乾燥していないから最近悩まされていた咳もなりを潜め、ますます良い感じだ。
というわけで、ステージでもこの時期は特に汗をかいての演奏になるが、どうかお気遣いなく、僕は気分良く演奏しています。

横山幸雄(ピアノ)

レストラン名の由来

2009.09.12| 横山幸雄

「どうしてフランスへ留学したのですか」とか、「フランスに留学したのに、どうして経営するレストランはイタリア料理なのですか」とよくきかれるが、僕は、そういうこだわりがまったくなくて、そのときの出会いや直感やひらめきのようなものを信じている。
フランスに留学して、どこがフランス的なのかと言われると・・・、そうだなぁ、ワイン好きなことと、あまり他の人に左右されない性格かな。

渋谷にあるレストランは「G」というのだが、どうして「G」という名前なのですか?と先日のインタビューできかれた。ずっと前から考えていたわけでもなく、イタリア語の辞書をめくっていたら、GIOIA(喜び)や、GRAZIE(ありがとう)などの、Gからはじまる単語に心ひかれたのだ。何かのひとつの単語にしようかとも思ったが、どれもよくて、じゃぁ、頭文字の「G」にしよう!ということになった。

京都の店は「キメラ」というが、これは、ギリシャ神話にでてくる伝説の生物で、店のシェフやスタッフみんなからの意見だった。僕自身もいいなと感じたし、何より自宅が東京で、京都は時々立ち寄ることしかできないこともあり、京都の店の名前は、みんなの意向を尊重したいと思った。どうしてイタリア料理になったかというと、いいシェフがイタリア料理の料理人だった。と、こういう感じなのだ。

僕は、音楽と一緒にできる何か面白そうなことが大好きである。
最近は何もかもがあわただしくなり、「音楽が生まれるゆったりとした時間」がなくなってきているように思う。だからこそ、音楽が必要で大事だと感じる。僕は、この渋谷と京都のレストランで定期的にサロン・コンサートをやっているが、こうした場所に人が集い、美味しいものを食べて、心も身体もゆったりとして、音楽に耳を傾けてもらう時間を、とても愛しく思っている。
横山幸雄(ピアノ)

 

 

ショパン―続き―

2009.09.12| 横山幸雄

「ショパン弾き」といわれることに、僕はまったく抵抗がない。
ショパン・コンクールはいわば、ショパンのお墨付きなのだから、ショパンを弾いてほしいといわれることは、僕にとっては、いつでも、とても嬉しいことなのだ。

来年は、ショパンの生誕200年にあたる記念の年だが、僕が19歳でショパン国際コンクールに入賞してから、ちょうど20年目にあたる年でもある。そして、コンクールの翌年の91年春にデビュー・リサイタルをしたので、2011年が、デビュー20周年になる。勿論、20周年記念リサイタルにも面白い企画を考えてはいるが、まずは、ショパンだ。
ショパンの全曲演奏会に取り組むのは、実は2回目である。最初は、20代後半に、7年かけて、ショパンの誕生日と命日の、1年に2回のペースでピアノ曲の全部を演奏した。どの演奏家もというわけではなく、ショパンはすべての作品を演奏してみたかった。全ての作品を演奏することで、見えてくるものがあるのだ。ショパンは、子供の頃からずっと好きだったし、僕の人生の節目に深くかかわりのある作曲家であり、とても身近に感じている。だからいつでもピアノにむかった瞬間に、自然と音楽が流れ出すのだ。

200年の記念の年を目の前に、僕はもう一度、集中してショパンの作品に取り組んでみたいと思った。そして、この壮大な計画を終えるとき、僕はショパンの晩年と同じ年代にいることになる。今度は、どんな発見があるだろうか。
横山幸雄(ピアノ)

ショパンについて

2009.09.10| 横山幸雄

今度の日曜日に、東京オペラシティでリサイタルがある。

オペラシティでのこの時期のリサイタルは毎年恒例になってきている。嬉しいことだ。これもまた嬉しいことに、チケットは今年も完売だそうだ。オペラシティでは、これまでもベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲演奏や、5大ソナタ連続演奏など、面白いと思ってもらえるようなコンサートを企画してきた。昨年からは、2010年がショパンイヤーだから、それにむけてショパン・シリーズをしている。初期・中期・後期と3年にわたって主要な作品を演奏する計画だ。日曜は中期の作品で「ジョルジュ・サンドとともに」という副題がつけられているが、ショパンがサンドと充実のときを過ごす中で作られた作品をそろえた。充実といっても短命だったショパンには、この時期にも、光のあたる向こう側に伸びる影・・・のように、不安が遠くから押し寄せてくる感じがある。ドラマティックで感情的な初期の作品に比べると、シンプルさが強調されていて、美しすぎて悲しいのだ。今回のメインは、第2番のソナタと24の前奏曲だ。そして、それにむかってゆく小品を組み入れたことで、更に、ショパンの当時を感じてもらえればと思っている。

この頃のショパンと同じ年頃の僕、つまり、20代後半というと、全力でがむしゃらで無我夢中だった。でも、コンクール入賞者というだけでなく、僕のピアノを聴いてくれる人がいることに、気がつきはじめた時期でもある。
横山幸雄(ピアノ)

音楽家はサバイバル 続き

2009.09.09| 横山幸雄

音楽家はサバイバルといっても、僕の旅用具は、いたってシンプルである。
どんなに旅が長くても大体は衣装ケースと、いつも持っている楽譜のバッグで済んでしまう。とにかく移動が多いので、楽譜だけは決して身体の傍から離さない。海外では、預けた荷物が出てこない、ということは余り驚く事ではないので、楽譜だけは必ず身につけているのだ。

昨日の話の続きにはいろうか。
演奏家はサバイバルだからこそ、タフでなければならない。いつどこでどんなハプニングにであうかわからないからだ。荷物の鍵が壊れて開かなくなったそのときは、旅はまだ前半の出来事だった。楽譜は手元にあるとしても、内心困ったなと思った。そこで僕は覚悟を決め、スーツケースに踵落としを2回、キックを2回やり、スーツケースに裂け目を作り、そこから手で力いっぱいスーツケースを引き裂いた! 演奏が無事に終わり帰りがけに「ちょっとゴミが出ちゃったから捨てて下さい」と言って会場を後にしたのだが、あのスーツケースの残骸を見たフランス人はきっとの呆れたに違いない。
横山幸雄(ピアノ)

「音楽家はサバイバル」

2009.09.08| 横山幸雄

音楽家というのはご存知のように旅が多い。旅から旅が普通で、そのあいだも時間を作り練習もかかさない。自分でもかなりタフな仕事かもしれないと思う。強行スケジュールもざらだ。

先日、ヴァン・クライバーン国際コンクールで優勝した、弟子の辻井君のファイナルのレッスンも、演奏会の合間をぬって、朝アメリカに立ち、早朝着いて一日中レッスンをしてそのまま帰りの飛行機に乗り込む、という強行スケジュールをやった。さすがに、帰国後腰痛に苦しむことになったが・・。
全く、音楽家はサバイバル生活なのだ!

正に、サバイバルというエピソードをひとつご披露しよう。

ヨーロッパを旅してまわっている時、あるとき、飛行機からピックアップした荷物の鍵が壊れて開かなくなってしまったことがある。楽譜は手元にあるとしても、旅はまだ前半の出来事だった。しかも既に会場に入っていた僕は、さてどんな行動をとったか!

ここで、今日もつづきにしよう。

僕のとった行動を想像してみてね。
横山幸雄(ピアノ)

「何故出来ないのか!」続き

2009.09.07| 横山幸雄

僕は、「出来ない理由」を探り出す作業が得意だし、好きなんだと思う。「できない」や「わからない」、それぞれの理由をみつける事で、人は劇的に進歩するし、僕もまたそれで勉強になるのだ。

さて、昨日の親子の話をしよう。
お母さんは男の子に折り紙を渡すと、ジュースを買いに席をたった。
その子は、相変わらず問題集の図形をみつめて、今度は折り紙でそのありえない図形を一生懸命作ってみるのだが、先の(昨日のメールに書いた)理由で厳密にその形を作る事は出来ない。
どんどんぐちゃぐちゃになっていく折り紙を、僕はちょっとその子に頼んで貸してもらい、問題の図形を作った。そして、問題には描かれているが、実際には有り得ない理由をわかりやすく話してみた。すると、「あぁ~!」と大きな声がかえってきた。

僕は、まるで水戸黄門のような気持ちで、その子と別れ搭乗口へと向かったのだった。

よかったね!

またあした。
横山幸雄(ピアノ)

 

「何故出来ないのか!」

2009.09.06| 横山幸雄

人にピアノを教えるようになって、かれこれ20年になる。この教える、という作業は毎回新たな発見があり、僕にとっても、とても勉強になるのだ。

先日、空港で一生懸命勉強を教えているお母さんと幼稚園児らしき息子と隣り合わせになった。夏休みの宿題か、受験勉強なのか、その様子はとても必死なのだ。「なんでこんな問題がわからないの?」とお母さんは息子を叱っていた。

男の子は一点を見つめたまま。
しばらく話しているのを、きくともなく聞いていると、その子の解らない理由がわかってきた。

図形の問題らしかったのだが、問題集をみてみると、そこに書かれた図は、四次元の立体を無理矢理二次元に、たいらにかかれている。そして、答えを導き出すヒントを描くために、図形としては少々おかしな形になっていた。

大人の都合で描かれている、実際立体でみることのできないその図形をみて、子供は理解できないのだ、と思ったのだ。

「何故出来ないのか!」これは、よく先生等教える側が叱るときに使う言葉だが、これは決して言ってはいけない言葉だと思っている。「出来ない」には、人それぞれに理由があるからだ。ときにそれは、教える側からすると、とんでもない初歩のレベルに理由がある場合もある。だから教える側は、どうしてできないのかという自分の目線ではなく、相手の目線になれなければ、そのわからない理由はいつまでも発見できない。

さて、この男の子は問題がとけたでしょうか!
続きは、明日のお楽しみ。
横山幸雄(ピアノ)

最新の投稿

カテゴリー