ベートーヴェン 3

2014.10.02| 横山幸雄

僕にとってベートーヴェンとショパンは重要な作曲家であり、活動の2つの柱といえる。ショパンが友人のような親しみを感じる作曲家であれば、ベートーヴェンは神のような存在であり、強靭なエネルギーを感じる。ベートーヴェンの旅は2020年まで、「ベートーヴェンプラス」シリーズで毎年テーマを持って取り組んでゆく。そして今や5月の連休の恒例ショパンは、ショパン生誕200年の2010年からスタートさせて、来年は6回目となるが、この企画の発想のもととなったのは、そもそも、2005年にジャパンチェンバーオーケストラと演奏したベートーヴェンの5つのピアノ協奏曲を一気に演奏したことにあるから、やはり、ベートーヴェンとショパンは僕にとっては、幼い頃からどこかで繋がっていたのだろう。

今回のせんくらでは、昨年までのショパンに引き続き、ベートーヴェンのピアノソナタをプログラムにした。「悲愴」と「月光」と「テンペスト」は子どものころから演奏し、デビューしてからこれまで数え切れないほどリサイタルのプログラムに取り上げて、その都度作品の奥深さを感じている。「ワルトシュタイン」も長年弾き続けている作品で、小学5年生のときに第1楽章を演奏したが、弾いていてただただ楽しくてしかたなかった。そして、「熱情」はパリに留学してから学んだが、CDに2度の録音で取り上げた思い入れのある作品だ。

ベートーヴェンが好きな方にはもちろんのこと、僕のショパンを気にいってくれた方には是非とも、せんくらで僕のベートーヴェンを聴いて、音楽のもつエネルギーを感じてもらえれば嬉しい。

横山幸雄

ベートーヴェン 2

2014.10.01| 横山幸雄

ベートーヴェンの作品は、1998年~99年に作品番号のある全ピアノ曲に1年かけて取り組んだ。昨年からスタートした「ベートーヴェンプラス」では、それ以来取り出す作品も多い。今回の「初期のソナタの諸相」でも時間をかけて作品に寄り添うべく練習の日々を重ねた。ベートーヴェンの若い、まだ耳の病にかかる前に書かれた作品はそれぞれに、異なる個性を持ち、異なる輝きを放っていて、確かにこれから華となる熱情ソナタや悲愴ソナタなどの大作を生み出してゆくひたむきさがある。スタンディングオーベーションにこたえてアンコールには、悲愴ソナタの第二楽章をえらんだ。ベートーヴェンが耳の病に不安を持ちはじめる葛藤の時代に書かれた作品であり、来年のシリーズのプログラムの中心に置かれる作品のひとつとして。あとのプログラム構成はこれからのお楽しみだ。

横山幸雄

 

ベートーヴェン 1

2014.09.30| 横山幸雄

ベートーヴェン生誕250年の2020年にむけた企画「ベートーヴェン・プラス」を東京オペラシティコンサートホールで昨年からスタートさせた。Vol.2の今年は9月23日に「初期のソナタの諸相」と副題をつけて行われたばかり。「ソナタ」をキーワードにして、ベートーヴェンの1番、2番、3番、4番のソナタに、2つのロンド(Op.51)、失われた小銭への怒りの愛称で知られる(ベートーヴェンがつけたわけではないが)ロンド・ア・カプリッチョ、それに、ソナタ19番、20番を演奏。そして、コンサートの後半部分にプログラムした「プラス」部分には、いずれも最初のソナタである、ショパンの第2番、ブラームスの第2番、そしてコンサートの最後には、シューマンの第1番のソナタを演奏した。もちろん、普通の2時間の演奏会におさまるはずもなく、開演11:00 終演は17:00近くになった。ショパンもブラームスも2番であるが、最初に書いた作品はこの2番のほうである。

僕はプログラムの構成を考えている時がとても楽しい。ベートーヴェンプラスの今回の演奏を聴いて、皆さんが音楽の素晴らしさや面白さを感じたり、思いもよらない発見をしてくれたら嬉しいのだ。

横山幸雄

 

寒がり

2013.10.01| 横山幸雄

僕は究極の寒がりだ。

夏でもタートルネックの長袖を着て眠る。
どんなに暑い日でも首を出して眠ることができない。

だから、夏は大好きだ。
徐々に気温が上がってきて、夏が近づくと心が踊る。
28度を超えて猛暑になると、「なんて気持ちがいい陽気だ!」と叫びたくなるほど嬉しい。

うだるような陽気で、ジョギングするのも最高だ。
最近ではその時間すら取れなくなったが、昔は、猛暑のなかテニスをやった後、テニスコートからジョギングして家に帰ったものだ。

さて、なぜそんなに寒がりなのか。
それは、僕は究極の汗っかきだからだ。
大量に発汗すると、急激に体が冷やされ、もう居ても立っても居られないほど寒くなるのだ。
テニスをやった後のTシャツは、どれもこれも絞れるほどの汗をかく。
だから猛暑が好きなのだ。

本番も、必ず下着を数枚用意をする。
体は沢山の汗をかくが、指だけはあまり汗をかかないので、鍵盤を滑ることがない。
ピアニストとしては、とても有難い指なのだ。
横山幸雄(ピアノ)

台湾茶

2013.09.30| 横山幸雄

数年前から、僕は台湾茶にハマっている。

僕の弟子に台湾人がいて、実家に帰った時のお土産で台湾茶をもらったのが始まりだ。
それまでは一般的な中国茶を好んで飲んでいたが、この台湾茶にすっかり魅せられてしまった。

しかし、台湾茶もいろいろな店で味が異なる。
数々試してみたのだが、あの弟子からもらった本場台湾茶の味に、及ぶものがない。

それでは、茶器に拘ってみたらどうだろう、と専門店に勧められた専門の茶器を購入して、飲んでみた。
はっきりいって、劇的に美味しくなるわけではなかった。
淹れ方が悪かったのかもしれないがやはり、美味しい台湾の茶葉を探さなければ。

僕の食生活は前にもこのコーナーで書いたかもしれないが、一日一食だ。
もう20年ほど続いているし、健康診断でも悪いところは全くないので、僕の体と生活スタイルには一日一食があっているのだと思う。

食べると眠くなる、食べると止まらない。
これでは仕事にならないので朝と昼の食事をやめた。

だから夜は、寝るまでの間をワインと共にゆっくりと時間をかけて夕食をとる。
一方、朝は速やかに脳のスイッチを入れなければ、時間が勿体無い。そのスイッチが台湾茶なのだ。
今日も1リットルの台湾茶を飲んで、さあ練習だ!
横山幸雄(ピアノ)

子犬

2013.09.29| 横山幸雄

最近、僕に新しい家族ができた。

今年4月に生まれた子犬で、名前をルネという。

本来、僕の生活では犬を飼う事は難しいと思う。
演奏会の楽曲に集中するため、他の音を全てシャットアウトしたいことが多いからだ。

しかし、ルネは吠えない。
とても穏やかな犬で、遊んでいる時以外には、殆ど吠えることがない。
僕が音楽を聴いているときでも、それを大音響にしたとしても、静かに寛いでいる。
実にできた犬なのだ。
ショパンもこの子犬を知っていたら、「子犬のワルツ」の曲想は大きく変わっていたかもしれない。

ルネは、僕が久しぶりに旅から帰っても、吠えずにお座りをしながら一生懸命アピールしてくる。
だから、僕は疲れて帰ってきても、それが深夜であっても、ルネとしばし遊んでから眠る。

遊んでいるうちに、ふっと睡魔が襲ってきて、その場に眠ってしまうことがあるのがたまに瑕だが、最近ではルネと戯れることが習慣になってきた。

どうしても早く寝なければならない時は、少し遊んだ後で「今日はこれでいいかい?」とルネに聞く。
ルネは吠えることなく、ただペロペロと舐めてくる。
横山幸雄(ピアノ)

「記憶」 ③  

2010.08.22| 横山幸雄

「そんなに甘いものではなかった」と気がついたのは、演奏会の10日ほど前。
考えてみてほしい。通常2時間の演奏会であれば、前日に演奏会同様2時間あれば、リハーサルができる。 しかし、この演奏会は演奏時間が(休憩をしながらだが)およそ16時間に及ぶためリハーサルは1日ではできないのだ。 たとえば、今日は30曲、明日は30曲というふうにリハーサルとすすめていったとしても、5日かかってしまう。そうすると、5日前にリハーサルした曲が 果たして演奏会で聴いて頂く状態で、僕の頭と身体に保たれているのか確認ができない。 では、もう一度弾こうとしたら、また5日かかり、これは堂々巡りだ。かといってまさか前日に15時間のリハーサルをやるわけにもいかない。

さて、最後はどうしたと思いますか?
まさに、人事を尽くして天命を待つ、といった心境でした。前日はとても穏やかな心境でいつものように夜はワインを飲んでいました。 なんだかワクワクとした気持ちで。

人生・・まさか自分の名前が「ギネス・ブック」に載ることになろうとは思ってもいなかった。でも、だからといって、すごいことをやってのけたというような思いはまったくない。全ては、ただショパンに近づきたくてやったことだから、きっと、僕の周りの応援してくれた多くの方々の気持ちが、あの演奏会を成功に導いてくれたのだと思う。

この場をかりて「ありがとう!」

横山幸雄(ピアノ)

 

「記憶」 ②  

2010.08.21| 横山幸雄

僕が「ショパン・ソロ全166曲演奏会」で暗譜した楽譜の総ページ数は、ざっと1500ページぐらいだっただろうと思う。だから、スタッフや関係者、友人知人もこの演奏会のことを心配し、気遣ってくれた。 でも当の本人、つまり僕は、この数日分にあたるボリュームの演奏会を実はそんなに大変なことだと思っていなかったのだ。
演奏会の直前まで!
なぜなら、集中して練習するときは、15時間ぐらいは休憩せずに練習するので体力面では全く心配がなかったし、暗譜についても、新曲でさえ暗譜は1日でできるので、そこから曲を仕上げるのも4~5日あればできると思っていた。しかも、ショパンの作品は20年以上演奏し続けてきたし、殆ど演奏会で演奏したことがあるので だいたい頭に入っているはずだ。 それならば、コツコツと日々練習を積み重ねていけばできる!
・・・と思っていたのだ。

しかし、そんなに甘いものではなかった。 (明日に続く・・・)

横山幸雄(ピアノ)

「記憶」 ①  

2010.08.20| 横山幸雄

昨日、僕は携帯に「個人アドレス登録」をせずに、毎回090~から押しているといったが、
それには不便さを感じていない。なぜなら、すべての番号を記憶しているからだ。
ゆうに100人以上の番号はすべて頭に入っているから、これには驚く方も多いかもしれない。 ピアニストは暗譜で演奏する仕事なので、暗記は多分、というか、かなり得意なのだと最近気がついた。

今年の春、ギネス・ブックに登録された「ショパン・ソロ全166曲演奏会」を行った。ショパンの作品の全166曲を1日で演奏するというもので、朝9時から演奏会が始まり、深夜1時すぎに終演という、マラソンコンサート。弾くほうも大変だが、聴くほうも大変だったと思う。僕と一緒に“頑張ってくれた”お客様には心から感謝している。

「ショパン・ソロ全166曲演奏会」は、勿論全曲暗譜で演奏した。しかし、 いくら暗記が得意の僕でもこれには流石に手をやいた。 (明日に続く・・・)

横山幸雄(ピアノ)

文明の利器  

2010.08.19| 横山幸雄

昨日、「アナログ人間だから」といったが、僕はあまり文明の利器を活用していないかもしれない。 もしくは信用していないのかもしれない。
携帯は使っているが、携帯に友人知人の電話番号を登録することはしない。 もちろん、メールをうつこともしないし、したがってパソコンもやらない。
「なぜメールをやらないのか?」とよく聞かれるし、いつでも090~から携帯の番号を押している僕を見て 、
「信じられない、登録すればもっと便利なのに」ともいわれる。
僕は練習するか本を読むか原稿を書いているかテニスに燃えているか(ワインを飲んでいるか)で起きている時間が終わってしまう。
幼いころから、「休憩する」という習慣がなかった僕は、いつもスケジュールは分刻み。 だからメールを始めてしまうとおそらく1日が24時間では足りなくなってしまう。
確かにメールは便利なものかもしれないけれど、どうも一方的とも思えてならない。本当が本当に伝わるだろうか・・、逆にメールによって自分の生活にゆとりがなくなってしまうのではないか・・、と思うのは、文明についていけないヒガミかもしれない!?

横山幸雄(ピアノ)

最新の投稿

カテゴリー