今年の公演について 

2012.07.19| 三浦友理枝

私の担当も早くも最終日となってしまいました..

今回のせんくらも、ソロで2公演、川久保賜紀さんとのデュオが2公演、さらに遠藤真理さんを加えたトリオが1公演と盛りだくさんの予定です。

ソロのうち1つは、初めてワークショップ形式の公演をさせていただきます。

ショパンに関連して、というお題でしたので、すかさずライフワークにしている同じポーランド人のシマノフスキさんと絡めさせていただきました(笑)

45分という限られた時間で、演奏とお話をどう配分しようか今いろいろと考えを巡らせているところです。
一人で解説と演奏をこなすのはせんくらでは初めてなのでちょっとドキドキしますが...

そしてもう1公演は、今年生誕150周年のドビュッシー100%のプログラムをお届けします。
皆さんもよくご存知の曲を目一杯詰め込みました。
今年はやはりドビュッシー関連のコンサートが多く、今週末は新宿の朝日カルチャーセンターでドビュッシー講座、8月1日には神奈川県立音楽堂でドビュッシー150年×北斎250年をテーマにしたリサイタル、
またせんくら直前にはドビュッシー講座で北海道各地をまわっている予定です。

ということで、せんくらまであと2ヶ月あまり、今から本当に楽しみですが、皆様に会場でお会いできますのを首を長くしてお待ちしております!!!

1週間お付き合いいただきましてありがとうございました。
皆さん、夏バテに気を付けてよい夏を!!

写真は、最近読んでいるドビュッシー関連の本。
本人と直接関わっていた人の言葉はどれもこれも興味深いです。
三浦友理枝(ピアノ)

美術館巡り 

2012.07.18| 三浦友理枝

最近は東京で私にとって興味のある美術展が相次いで開催されていまして、ざっと手帳を見返しただけでもこの1、2ヶ月くらいの間に10近く鑑賞しに行きました。
ユベール・ロベールや、アンリ・ル・シダネルなど、今まで知らなかった画家の作品を一挙に見られたり...
ちょっと毛色の違うところではインカ帝国展がとても面白かったです。

私はまったく絵が描けない人間なので鑑賞の仕方も相当中途半端な気はしますが、思わず足を止めてじっと見てしまう絵は、額の中の世界に自分が入り込んでしまいそうになるような臨場感のあるもの、人物の声が台詞となって聞こえてきそうなものなどでしょうか。。。

絵を見て初めて本気で感動を覚えたのは忘れもしません、オルセー美術館でミレーの「晩鐘」の前に立った時。
本当に鐘の音が遠くから聞こえてくる気がして、祈りを捧げる質素な身なりの敬虔な夫婦の姿にも胸を打たれました。
う~ん、また見に行きたくなってしまいました..

巷ではまた新しい美術展が続々と始まっており、今年は美術館巡りがまだまだ続きそうです。
とりあえず始まったばかりのドビュッシー展に行かねば!!
三浦友理枝(ピアノ)

記念撮影 

2012.07.17| 三浦友理枝

写真は、近所に先月いたツバメのヒナたちです..
小さいですけどご覧になれますでしょうか?

あっという間に大きくなって巣立って行ってしまいましたが、毎日通りかかる度に見上げてかわいい姿を写メしようと狙い続け、、、ついに奇跡的にキレイに並んでお顔を出しているところを撮ることができました。ちなみに巣立つ前日のことです。

実は去年も同じ場所でヒナを育てていて、この巣も今年は多少増築(笑)
して再利用されていました。

来年も来てくれるといいなあ。
三浦友理枝(ピアノ)

大事な存在 

2012.07.16| 三浦友理枝

先日、中学・高校時代の親友と久々に会って食事しました。
暑くなって来たところだったので、なにかスパイシーなものが食べたいねということになり、タイ料理に決定!

二人とも誕生日が近く、合同誕生日会も兼ね(笑)近況報告に花が咲きました。

もともと中1で最初の席が背の順で、前後になったのがきっかけでそれからずっと一番仲良くしてもらい、今では私とは全く違う専門職でバリバリ働く彼女ですが、私のコンサートは都合がつく限り必ず足を運んでくれます。(しかも沢山の仲間を引き連れて!)

10代の頃の友達は特別な連帯感があり、私にとってとても大事な存在です。

写真は、生春巻きとトムヤムクン。
生春巻きの皮のモチモチ感が絶品でした!!
三浦友理枝(ピアノ)

観光旅行 

2012.07.15| 三浦友理枝

5月に能登半島をぐるっと観光してきました。
仕事で普段から旅が多いわけですが、演奏一切無しの観光旅行となると1年に1、2回がせいぜいです。
今回も気がつけば1年ぶりの観光100%旅行で、美しい景色、温泉、海の幸、2泊3日で詰め込みましたがたっぷり堪能してまいりました。

写真は氷見市で通った忍者ハットリ君ロードにある郵便ポスト。
楽しげですね~(笑)
こんなポストならちびっこたちもお手紙出すのが楽しくなっちゃいますね!

...でもいまの子供たちってハットリ君を知っているんでしょうか??
私が相当小さい頃観た記憶がありますが...
やっぱりあの主題歌は今でもかなりはっきり覚えてますね(笑)
三浦友理枝(ピアノ)

オリンピック! 

2012.07.14| 三浦友理枝

最近の話題と言えば、やはりオリンピックですよね!!
2001年から2008年までロンドンに留学していた私としては、いつも以上に楽しみにしていることが、テレビで懐かしいロンドンの街並が沢山放映されるのを観ることです(笑)

今年のイギリスは、ウィリアム王子とキャサリン妃のご成婚や、エリザベス女王のダイヤモンドジュビリーなどお目出度いイベントが相次ぎ、日本でもよくテレビでイギリスの話題が取り上げられて嬉しいです。

...しかし、思い起こせば、このロンドン五輪開催が決定した直後の2005年7月に起きた恐ろしいテロ事件、あの一報を私が受けたのは東京からロンドンへ向かう機上..

機内アナウンスで、
「ロンドン市内各地で大規模テロが起き、死者が多数出ている模様です。市内の交通機関はほとんどが封鎖されて麻痺している状況です。しかしながら私どもも詳細は把握しておりませんので、飛行機を降りてから皆様各自で情報を収集して下さいませ」
といわれた時の恐怖感は計り知れませんでした...

その後のロンドン生活の大混乱や緊張感、今も影響の残るセキュリティーチェックの厳しさ、まだまだ記憶が色褪せることはありません。
どうか何事も無くこのオリンピックが開催されるのを祈るばかりです。

オリンピックでは、マラソンのコースがテムズ川沿いなどのロンドンの一番の観光スポットを次々拝めそうなので、日本の応援とともに一番楽しみです。
皆さんも是非、注目して下さいね!

写真は、テムズ川沿いに建つロンドン市庁舎の解放日に展望室から臨んだ、ご存知タワーブリッジです。
三浦友理枝(ピアノ)

ごあいさつ 

2012.07.13| 三浦友理枝

皆さんお久しぶりです!こんにちは。ピアノの三浦友理枝です。
今年もせんくらへ参加させていただけることになりました。
早いものでもう4年目です。
こうして毎年秋の美しい季節に仙台を訪れて演奏ができること、本当に幸せに思います。

昨年は開催自体も危ぶまれる中、多くのスタッフの皆さんのご尽力、また音楽を愛する仙台の皆さんの支えもあり、途絶えること無く開催されたせんくらですが、今年は規模もアップしてさらにパワーが戻って来たように思います。
1参加者としてこの楽しい音楽フェスティバルを一緒に盛り上げていけるよう、今年も一生懸命準備します!

さて、このせんくらのリレーブログ参加も4年目となりました。
いつも私のホームページ http://www.yuriemiura.com 内の日記は、活動報告的な内容がほとんどでして、このせんくらブログではあえて音楽以外のことをよく書いております。

というわけで、明日からのブログは最近の雑感など綴っていきたいと思います。
それでは、1週間よろしくお願いします!

三浦友理枝

三浦友理枝7日目  

2011.09.14| 三浦友理枝

とうとう私のブログも今日で最後になってしまいました...
そのタイミングで...はい、すみません、思わず牛タンの写真を載せてしまいました(笑)
去年のせんくら中に撮った一枚です。

せんくらに参加させていただくようになってから、いろいろ美味しい牛タンのお店を紹介していただき、今や仙台に行ったら必ず牛タンを食べないと落ち着きません...

もし食べる時間がなかった場合は帰りの仙台駅で牛タン弁当を調達します!!

特に、せんくらはコンサート間の移動も多く、なかなかのハードワークなので、頑張ったあと、出演者のみんなと食べる「今日も一日お疲れさま」牛タンは格別です!

....なんて、食べ物の話で終わってしまいそうですが、仙台の皆さんにお会いするまであと半月、より良い演奏でお楽しみいただけるよう、一生懸命準備を頑張ります!
1週間お付き合いいただき、ありがとうございました。
三浦友理枝(ピアノ)

 

三浦友理枝6日目  

2011.09.13| 三浦友理枝

北海道では、観光の定番、旭山動物園にも初めて行きました!
動物園に行くのは多分20年ぶりくらい...?
水族館にはたまに行きますが、動物園は本当に久しぶりだったのでとても楽しめました。

展示の仕方がユニークで有名ですが、本当に見たことのないような角度や視点からおなじみの動物も眺めることができて、すごく新鮮でした。

キリンさんの顔と同じ高さから、真っ正面で草を食むのが見られたのが特に印象的でした。

また、飼育員さんお手製の、その動物についての丁寧な説明書きが至る所に貼ってあり、あたたかい雰囲気のほのぼのとした動物園でした。

写真は木の上でのうたた寝の合間に、私のカメラをちらっと見てくれたレッサーパンダさん。かわいかったです!!

三浦友理枝(ピアノ)

三浦友理枝5日目  

2011.09.12| 三浦友理枝

音楽の話ばかりしてきましたが、今日はちょっと話題を変えて、、

関東が梅雨の時期に、北海道に旅行に行きました。
仕事でなく飛行機に乗るのって、なんだか変な気分でした(笑)

やはり札幌には仕事で行くことが多いので、あえて札幌はスルーし、なかなか行けないような場所にも沢山行きました。

同じ日本とは思えないような、とにかく度肝を抜かれる壮大な景色のオンパレードで、ちょっと人生観が変わった気もします。
ただ、ヨーロッパに気候も景色も似ているところもあり、懐かしい気もしました。

ひたすらまっすぐ続く一本道、右は広大な牧草地、左は雄大な山、という景色の中を走っているとき、ちょうどラジオからブラームスの交響曲第1番の終楽章が流れてきて、びっくりするほど景色とマッチして感動しました...

今日の写真はまさにその場所ではないんですが、こんな長ーい一本道が沢山あって面白かったです。遠近感を肌で感じられます(笑)
三浦友理枝(ピアノ)

三浦友理枝4日目  

2011.09.11| 三浦友理枝

今年のせんくらでは、初めてチェロの遠藤真理さんとのデュオも弾かせていただきます!
9月30日と、10月2日の2公演です。

とはいえ、真理ちゃんとは2008年からかなりの数のコンサートを一緒にさせてもらっています。
去年は白石のホワイトキューブにも二人でお邪魔しました。
ようやくせんくらでもご披露できて嬉しいです。

もともと同じCDレーベルということがきっかけで知り合った私たちですが、多分、真理ちゃんが音楽家でなくても、普通に仲の良い友達になれたと思います(笑)
普段から電話やメールでコンスタントに連絡を取り合い、さらに移動中もしゃべり続け...
もう音楽に限らずありとあらゆる話をする仲です。

それぞれ勉強してきた国の系統や流派が違うので、合わせをしていく中で色々教えてもらうことも沢山あります。

また、真理ちゃんが間を取り持ってくれて、川久保賜紀さんとのトリオも結成できました。
(今年はトリオ公演がなくてちょっと残念ですね..)

チェリストとしての実力は勿論言わずもがなですが、人間的にもすごく尊敬しています!!

さて、今回は2公演とも、チェロといえばの名曲あり、ピアノとがっちり絡むソナタあり、さらに滅多に聴く機会のない謎曲?!ありと盛りだくさんなプログラムを予定しています。
今から合わせが楽しみです!

※写真は、去年の銀座ヤマハホールでの真理ちゃんとのステージです。
三浦友理枝(ピアノ)

三浦友理枝3日目  

2011.09.10| 三浦友理枝

昨日に引き続き、今日は10月2日12:15~の子供コンサートの
プログラムをご紹介します。

0歳から入場できるコンサートなので、初めてクラシックにふれる
お友達もいるかなと思い、こんな感じにしてみました。

ベートーヴェン:エリーゼのために
シューベルト:楽興の時 第3番
シューマン:トロイメライ
リスト:愛の夢 第3番
ショパン:幻想即興曲
ショパン:小犬のワルツ
ドビュッシー:月の光
ドビュッシー:二つのアラベスク
ショパン:エチュード作品10-12 「革命」
サティ:ジュ・トゥ・ヴ

ご覧の通り超有名曲を各種取り揃えてみました!
こんなに有名な曲だけをプログラミングするのは、はっきり言って人生初です。
それだけに、なんだかワクワクしています(笑)

子供や、赤ちゃん入場OKのコンサートはここ数年よくやらせていただいています。
確かに小さいお友達が何十分もじーっと静かにしていることはなかなか難しいですが、ほんの一瞬でもこちらの音楽にじっと耳を傾けてくれる瞬間があって、リズムに合わせて手を叩いたり足を動かしたりしてくれているのが目に入ると、弾きながら心の中でガッツポーズをしております(笑)

この一瞬の記憶が、これから音楽好きな子に育ってくれるきっかけになれば嬉しいなといつも思っています。
三浦友理枝(ピアノ)

三浦友理枝2日目  

2011.09.09| 三浦友理枝

今日は、9月30日13:30~のリサイタルのプログラムをご紹介しますね。

ドビュッシー:二つのアラベスク
フォーレ:ノクターン第13番 ロ短調
リスト:コンソレーション 第3番
シューマン=リスト:献呈
ドビュッシー:前奏曲集第1巻より「音と香りは夕暮れの大気にただよう」
ラヴェル:「鏡」より「道化師の朝の歌」

随分試行錯誤しまして、こんな感じに決めました。
大好きなフランス音楽が中心です。
もう一つのリサイタルが子供さん向けということで、ちょっとこちらは大人仕様のプログラムにしてみました(笑)
私にとって新しい曲もいくつかあります。

この中ではフォーレが一番知られていないかもしれません...
彼の最後のピアノ曲です。
高校生のときにホロヴィッツの録音を聴いて衝撃を受け、いつか弾きたいと思っていた曲です。

当日は、もう少し詳しい曲の説明や、プログラミングの意図などもお話できたらと思っております。
三浦友理枝(ピアノ)

三浦友理枝1日目  

2011.09.08| 三浦友理枝

みなさんこんにちは!!

一昨年、昨年に引き続き、今年もせんくらに参加させていただきます、ピアノの三浦友理枝です。

このブログへの参加も3回目です。
こうして例年通り、この秋口の時期にせんくらへの準備を着々と進められることが、どんなに嬉しいことでしょう...

大震災の日は私も東京の自宅で一人で震度5を経験しまして、あわててテレビをつけて仙台がまさに被災している状況を見て、毎日心を痛めておりました。

せんくらというイベントは私の年間スケジュールを見渡しても毎年とても印象に残るお仕事なんです。
人と人とのつながりの大切さやあたたかさを仙台の方々からいつも教えていただいているような気がします。
だから、いつもせんくらでお会いしている方々のご無事をひたすらに祈っておりました。

今年はさすがに開催できないのかな....と半ば覚悟はしていたのですが、主催や事務局の方々の大変なご尽力によって、何とか開催にこぎ着けたと伺いました。

4月ごろから、いくつかの震災復興のためのチャリティーコンサートにも参加いたしました。
その度に、音楽のパワーの大きさを実感し、音楽家だってきっとお役に立てることがあるんだという確信を強めてまいりました。

そろそろ震災から半年が経ちますが、まだまだ厳しい現実と戦われている方が沢山いらっしゃると思います。
そんな方達にも、ほんの小一時間でも非日常の世界をお楽しみいただけるよう、一生懸命演奏したいと思います。

それでは、1週間よろしくお願いします!
三浦友理枝(ピアノ)

8月1日  

2010.08.01| 三浦友理枝

冬の軽井沢です。川久保賜紀さんと、遠藤真理さんとのトリオの初録音は真冬の軽井沢にて行われました。プレイバックする部屋の窓から見た一枚です。
ちなみにこの部屋のテーブルにはお菓子が山と積まれており、丸4日間に渡る録音で集中力が途切れないよう、大事なエネルギー源となってくれます。その写真がないのが残念です(笑)
録音中は空調の音が入らないように暖房を切りますので、しんしんと冷えてきて本当に寒かったですが、みんなで体中にカイロを貼りあいながら頑張りました。
去年のせんくらのトリオ公演ではこの時収録したラヴェルを演奏しましたが、今年はガラッと趣向を変えて、ブラームスの3番とドヴォルザークのドゥムキーを演奏する予定です。ドヴォルザークはこの公演が初披露となります!今から合わせをするのが待ち遠しいです。
それでは、2ヶ月後にお会いできるのを楽しみに。。。
あ、言いそびれてしまっていましたが、FM仙台で毎週土曜日朝9時から「ショパン’s ポエム」という番組のパーソナリティをさせていただいております。よろしかったら聞いてみて下さいね。ショパンを中心としたピアノ音楽の番組です。
1週間おつきあいいただき、ありがとうございました!
三浦友理枝(ピアノ)

 

7月31日  

2010.07.31| 三浦友理枝

日本三景の一つ、安芸の宮島の大鳥居です。
リハーサルの後時間があったので、どうしても一目見たくて市内から路面電車に飛び乗ったのですが、思ったより時間がかかってしまい、宮島に着いた時は日没寸前...
おかげで厳島神社の中まで見学する余裕はありませんでしたが鹿の写真が沢山撮れました。いい感じに逆光です(笑)

三浦友理枝(ピアノ)

7月30日  

2010.07.30| 三浦友理枝

これはオランダのとある田舎の風景です。
とにかく土地が平らで平らで。。。視界を遮るものは全くありません!
空が180度に渡り広がっていたことが印象に残っています。これが夜になるとプラネタリウム級の星空になるんです!!
牛が自由に行き交っていて、時々道路上にいるときは車の方が牛さん待ちで止まることもありました(笑)
三浦友理枝(ピアノ)

7月29日  

2010.07.29| 三浦友理枝

夕暮れに染まる、斜塔で有名なイタリアはピサの街角風景です。まるで美術館で見た絵をそのまま現実にしたかのような雰囲気でした。
この写真では左の方に小さく写っていてわかりにくいですが、この街には路上に大変多くのスクーターが停められていました。日本で言うところの自転車のような存在なのでしょうか?
しかも、真っ赤なものやころんとしたかわいい形のものなど、すごくおしゃれなものが多くてイタリアらしいなあと思いました。
三浦友理枝(ピアノ)

7月28日  

2010.07.28| 三浦友理枝

このアングルからの富士山ということは...そう、飛行機からの一枚です!

ふと窓の外を見るとこの絶景。思わずカメラを取り出しました。国内線は低めの空を飛ぶので日本の地形がよくわかり、地図と見比べながら窓の外を眺めるのが大好きです。
でもなかなか雲がすっきり晴れずほとんど見えないことが多くて...それだけにこの日は本当に感動しました。そして、しばらくこの写真は私のパソコンの壁紙になっていました!
三浦友理枝(ピアノ)

7月27日

2010.07.27| 三浦友理枝

この灰色の塊、何だと思われます?
シドニーの動物園で出会ったコアラです!
ちょっとわかりにくいですけど、細ーい木の枝が二股に分かれている間に、体をボールのように丸めて寝ているんです。
コアラは長時間こうして空中で寝るようで、すごいバランス感覚に驚きました。
ちなみに、私の一番かわいいと思う有袋類はウォンバットです(笑)
三浦友理枝(ピアノ)

最新の投稿

カテゴリー