バカンス最終日は?

2009.10.03| 赤坂達三

最終日は最終日なりに気合いが入るのでござる。
気合いが入ると、どうしても「MACROマクロ」に走る。
そしてポイントもダブって来る事が多い。

1本目は「黒島ツインロック」でイソマグロ、あれ?MACROじゃない。
キンギョハナダイやグルクンの群れ綺麗だなあ~
カスミチョウチョウウオ・・・、ギンユゴイ、先日お会いしたホワイトチップにタテキン幼魚の通称ウズマキ、バラクーダ、アヤコショウダイ…

2本目は「ギシッポ」。
アカククリ、コウワンテグリ!だんだんMACROになってベニカエルアンコウの幼魚!
クロスズメダイの幼魚、エレガントヒオドシウミウシ!

3本目は「ジツル」で、フサカサゴの幼魚、キンチャクガニ、ミズヒキガニに再会してアオウミガメと泳いで、沖だし安全停止に入るやいなや、すぐ下にマダラトビエレイが2枚!!(匹ではなく枚で数えます)
1枚は黒地に白点、もう1枚は子供で黒地に大きな白点だから光って見える。
ちょうど4日前に見たナンヨウカイワリの雄雌となんだか重なるのであった。

そして私の短いバカンスは終わるのでありました。

ガイドをしていただいた駒井インストラクターと恩納村でガイドしていただいた茂野インストラクターとバディーと、船に乗り合いしたチーム(5日前に偶然シエナのダイバーとも船上でお会いしたぞよ!)と船長と皆様に感謝しつつ、安全停止しつつ、そっとマダラトビエイさんにつぶやく私なのであった。なんのこっちゃ?

では仙台でお会いしましょう。
今年は、ガラコンサート、スーパートリオ2回、クラリネットリサイタル2回(1回目は思いっきりポップに2回目のリサイタルはクラシックに)、是非々お楽しみ下さい!!
Photo 駒井那津樹 ant for diving life. http://www.ant-dive.com/
赤坂達三(クラリネット)

 

慶良間

2009.10.02| 赤坂達三

今日は慶良間に行ってまいりました。

1本目は「六番」でピグミーシーホースとユキンコボウシガニ!

2本目は「カミグー」渡嘉敷島の北側のポイント。
ここは数年前は特に珊瑚が綺麗で砂地にはテンスの幼魚がいる。
今回もカメ、アカヒメジ、ノコギリダイ、イシガキカエルウオ、モンツキカエルウオ、ハナゴンベ、カイカムリの仲間、ヨゴレダルマハゼ、イチモンジコバンザメ、キスジカンテンウミウシ等・・・
充分にダイビングを楽しませていただきました。

3本目は再び「男岩」にてピグミーシーホース、ハナヒゲウツボともう言うこと無し。

明日は最終日です。
Photo 駒井那津樹 ant for diving life. http://www.ant-dive.com/
赤坂達三(クラリネット)

恩納村

2009.10.01| 赤坂達三

本日は台風の影響で慶良間には行けず、本島の恩納村に行きました。ボートで・・・
しかも上陸はせず・・・まずは「クロスライン」と言うポイントに潜りました。
ここでの見所はネジリンボウ、オグロクロユリハゼとヤシャハゼ、トウアカクマノミです。
他バイオレットボクサーシュリンプ 、ガラスハゼの産卵が見れました。

次なるポイントはビーチの近く「オンナポイント」ビーチの近くなのに何故か最大深度-22メートル。とちょっと深い。
ハタタテシノビハゼ、浅瀬でキスジカンテン、アナゴのレプトケファルス並の幼魚が!!

午後は「ホーシュー」と言うポイント。
これがまた最高でして、最初にハート型の様に見える岩で景色を楽しみ、ドロップオフ沿いを豪快にドリフトダイビング。
私の記憶では西方向に→… イソマグロ、ヘコアユ、イソギンチャクモエビ、サロンパスを貼ったみたいなスミレナガハナダイ、マルガザニ、などなど・・・

明日はまた慶良間に行けそう!
Photo 駒井那津樹 ant for diving life.  http://www.ant-dive.com/
赤坂達三(クラリネット)

黒島ツインロック

2009.09.30| 赤坂達三

本日は1本目、黒島の北側にある「黒島ツインロック」と言うポイントに潜りました。
ここはだいたい流れがありますがダイナミックさと大物狙いには最高に良いポイントの1つ。
期待通りにイソマグロ、ネムリブカ、タテジマキンチャクダイの幼魚、ギンユゴイの群れ、他ムレハタタテテダイ、ニラミギンポ、ナンヨウカイワリ、ミノカサゴ他多数・・・

そして2本目は渡嘉敷島の西側、スン岬の少し南の大きな湾の海底にケーブルがあるんです。
「アリガーケーブル」と言う名ポイントがありますが、その南、「アリガー南」から北に向けてドリフトダイビングを楽しみました。
この辺りは私も何度か潜ってますがいろんなものに遭遇するので、とても楽しみでした。
前回はマンタやマダラトビエイにスギ!
今回は主にウコンハネガイ、バブルコーラルシュリンプ、タイマイ

再び座間味島の最北端の赤崎、西側にある大きな湾に少し入る沖に行きました。「ウチャカシ」と言うポイントに潜りました。
やはりピグミーシーホースを探しに西沖に-28メートルにあるヤギに行きましたがピグミーシーホースは不在でした。

風、波、うねりが強くなってまいりました。明日は慶良間に渡る事が出来るかどうか微妙・・・
Photo 駒井那津樹 ant for diving life. http://www.ant-dive.com/
赤坂達三(クラリネット)

ギシッポ

2009.09.29| 赤坂達三

本日も昨日紹介した中で出てまいりました。儀志布島に到着。

儀志布島の「ギシッポ」と言うポイントに9時42分エントリーしてアンカーロープから時計回りに迂回してエキジット。
潜水時間52分 。最大深度-16メートル。安全停止5分。スチールタンク10リットル。ウエイト2キロ。ウエットスーツ5ミリ・・・諸々

毎回ログは付けてます。念のため・・・

さてここでは、主にアオウミガメ→ミゾレウミウシ→フリソデエビ→キンチャクガニと充実したダイビングでした。

次に座間味島の北側の「チシ」から北西に向けてドリフトダイビング。
最大でも-14メートルぐらいに押さえてオキナワベニハゼ、アジアコショウダイ等が印象的。

この日の午後はちょっと深くなってしまうんですが、ピグミーシーホースを見るために黒前崎の北にある男岩と書いて「ウガン」と読むハナヒゲウツボで有名なポイントに潜りました。
男岩の南辺りに水面から見て洞窟っぽく見える辺りから左手にぐるっと回る様にしながら地形を楽しんだ後、さらに西に進路を深め-27メートルにピグミーシーホースの住むイボヤギが!
お見事にピグミーシーホースがおられました。
その前に印象的だったのがナンヨウカイワリの雄雌、雄は黒っぽく雌は銀色。
お決まりのハナヒゲウツボは勿論の事、他に見た魚は、ハナビラクマノミ、カクレクマノミ、タテジマヘビギンポ、ネムリブカ、ヒトスジギンポ、インドカエルウオ、カスミチョウ×2ウオ、イソマグロ、バラフエダイ、グルクン(クマザサハナムロ、タカサゴ)他・・・多数・・・
Photo 駒井那津樹 ant for diving life. http://www.ant-dive.com/
赤坂達三(クラリネット)

海中散歩

2009.09.28| 赤坂達三

南東からのうねりのため、あまり遠出はできなかった様だが順調に慶良間の座間味島に到着しました。
東側、黒前崎と北平瀬の間の大きな湾の辺りに(牛の島灯台下)と言うポイントまであります。
その湾の南には「レディードラゴン」とか「トウマ」と言うダイビングポイントが連なっているとてもなだらかで大きな湾があり、その間、要所々に番号で呼ばれているポイントがあります。
それらの中の「六番崎」に潜る事になりました。
さて海の中はどうなのか行ってみよう。

ボートからエントリーして沖に出る。
まずはコクテンフグやマダラタルミの幼魚が出迎えてくれた。
さらに沖に出て大きなヤギのある所まで(水深-25メートル)行ったが特に何も見付からず、右へ迂回して水路を辿りゆっくりと戻りながら
ベニイロハオウギガニ、ハナゴンベ、キンチャクガニを見ながら、浅瀬へ・・・モンツキカエルウオを見てエキジットしました。潜水時間は59分。

次はボートでそのまま東に5キロ程進むと、渡嘉敷島の最北端の北側の儀志布島に着きます。
そのすぐ北側に自津留と言う島と大変大きな岩と言うか…
そのさらに北側に、まさに「ジツル」と言うポイントがあります。そこで再びダイビングをすることになりました。
エントリーするとまずは小さな根があり鮫(ネムリブカ)と遭遇、やや北西よりに大きな根、そのさらに隣にまた根があり、そこに大きな穴がありミズヒキガニを見る事が出来ました。
勿論そこにいたるまでにシモフリタナバタウオも発見、回りはグルクンの群れ、まさに大群でした・・・
北西に沖だしして普通にキンギョハナダイ、カスミチョウチョウウオを眺めながらコバルトブルーの海に癒されながらのドリフトダイビングを満喫しました。

その日は最後に、そこからさらに西北西に進むと黒島が現れます。
黒島の南側と行ってもかなり南側。ちょうど儀志布島の最北端から西へ4キロ程の所でしょうか。
黒島南隠れ根(別名リッピョウ)まさに「リッピョウ」があるんです。
リッピョウの南から海に入り左に迂回してドリフト、リッピョウの北西で船に拾ってもらうコースでした。
最初はかなり波に逆らって流される感じでしたがマンタのクリーニングステーションと呼ばれている小さい根を5つ程点々と見て回る。
次第に波に乗って(私の様に)快適にダイビングを終えましたが、そこでも主に岩陰にイセエビの群れ(笑)、ネムリブカ、カサイダルマハゼ!
普通に泳いでいるとバラフエダイ、ウミウシではミスジアオイロウミウシ等、生物満載。

この日も、のべにして3時間弱の海中を楽しんだのでありました。
Photo 駒井那津樹 ant for diving life. http://www.ant-dive.com/
赤坂達三(クラリネット)

ダイビング

2009.09.27| 赤坂達三

しばらく北海道で根室、斜里、江別、と公演させていただいたのち、まとめて休暇を取る事にしました。
滞在地は沖縄。
例によって那覇ステイの慶良間往復の海中散歩に行ってみよう!

那覇空港に到着するやいなや、泊港から西北西に10キロあまりボートで移動すると上から見て逆三角形型に左からナガンヌ島、クエフ島、神山島があります。
それらの島々の中の、ほんの少し北側に比較的新しいダイビングポイントと思われる「エスエスエアーチ」がある。
アーチにはギンメモドキ、アーチをくぐり抜けると数々の水路があり、普通にムチカラマツにいるガラスハゼやカンムリベラの幼魚を見る事が出来る。今回はアオウミガメと一緒に泳ぐ事が出来きました。

次にポイントを変えて「タッチュー」と言う比較的名ポイントに潜りました。-26メートル辺りにある根の周りを潜りますが、アカククリ、イソマグロ、ツムブリ、特にギンガメアジの群れはかなり豪快!
圧倒されました。

昨年に引き続き、水先案内人はダイビングショップant for diving life. http://www.ant-dive.com/のオーナーで、海に関して生き字引と言える駒井那津樹インストラクターにお願いしました。

明日からいよいよ那覇から西に約30キロの座間味や儀志布の北側の自津留の辺りでダイビングが出来そうだ!あれ?なんでわかるのかなぁ~楽しみです。 (Photo 駒井那津樹)
赤坂達三(クラリネット)

赤坂達三(7)

2008.08.09| 赤坂達三

7日目:せんくら (photo by引田匡史)

せんくらに呼んでいただくのは今回で2度目(前回は2006年)になります。さて、11月には足立さつきさん、斎藤雅広さんとセッションを組んで好評いただいておりますスーパートリオのCDがリリースされます。そのジャケ写も引田さんに撮っていただきました。

さて、せんくらでは、
10/11.17:15〜18:00 太白区文化センター/G.展示ホール フランスオリジナル作品より
10/12.17:15〜18:00 太白区文化センター/G.展示ホール シューマン、ブラームス他
10/13.14:30〜15:15 太白区文化センター/G.展示ホール グリーグの作品より

浦壁信二さん編曲、これは前回お聴き逃した方は是非!

いずれも前回同様、ピアノ浦壁信二さんと共演させていただきます。

是非また皆様と御会い出来ます時を楽しみにしております。

宜しくお願い申上げます。

赤坂達三(6)

2008.08.08| 赤坂達三

6日目:サンセベリアの話 (写真:サンセベリア)

それから約24時間後、帰京。つかの間のヴァカンスは終わりました。帰宅したら部屋にあるサンセベリアに花が咲いてました。これも初めて見ました。一時期マイナスイオンを出す観葉植物だと話題になったやつです。那覇空港でよく買ってくるのはマングローブの苗ですが、残念ながら東京だと我が家では室内でも枯れてしまいました。癒し系の観葉植物で大変丈夫なのはサンセベリアです。お勧め!

赤坂達三(5)

2008.08.07| 赤坂達三

5日目:ピグミーシーフォース (写真:ピグミーシーフォース)

ダイビング最終日。長々とすみませんでした。これが言いたかったのです!

写真以外で初めて、生でピグミーシーフォースを見ました。

お腹がパンパンなのがわかりますか?20m程潜らないと見れませんし、しかも流れの早い所にいる。しかもカメラを向けると後ろを向いてしまう。

話戻りまして、本日1本目はふたたび黒島ツインロックに潜り、流れが早かったので前回とは逆に泳いで小さな洞窟に入るとネムリブカがすぐ横に、そして船長とガイドと乗組員皆様のご協力でピグミーシーフォースを見に行きましょう。と成りまして、慶留間島と渡嘉敷のヒランシ沖の丁度間に当る名瀬(ナジ)と言うポイントに到着しました。透明度も20〜30m有ったと思います。
コンディション最高で一気に水深20mまで、流されない様、根を渡りながらも、この体長2cm余りのタツノオトシゴの一種に出合う事が出来ました。さらにまたハゼですが、ヒレが黒くてパンダの様な模様が名前の由来のパンダダルミハゼも見れました。最終ダイブではジツルからギシッポまでドリフトダイビング。アジアコショウダイの幼魚も…結構自分的にはレアでした。

赤坂達三(4)

2008.08.06| 赤坂達三

4日目:慶良間3 (写真:ネムリブカ)

渡嘉敷島のリゾートの丁度反対岸の城(グスク)に行ってまいりました。今日も透明度が良い海を満喫いたしました。神グスクと言うポイントでは洞窟からの小窓からの眺めは最高でした。

 

ゴロタで、キンチャクガニ、アシズリツノガ二、ヘリシロウミウシ、クロスジリュウグウウミウシ、等。

赤坂達三(3)

2008.08.05| 赤坂達三

3日目:慶良間2 (写真:バラクーダの群 パラオ)

とにかく早寝早起きがなにより。本日も泊港を出港。晴れてはいるものの波が高めだったので昨日のポイントの間のやや南に位置する儀志布島の辺りとその北、ポイント名はマチャンショウ、ギシップ水路、ジツル(自津留)の3ポイントとなった。タイマイやアオウミガメ、マダラトビエイ等と泳ぎました。

珍しい物はエレガントヒオドシウミウシ、イソコンペイトウガニ、等々…

本日も無事那覇に夕方には戻り、早めの夕食…もう島らっきょうしか食わねえからなー、とか言いつつ次の日に備える事になりました。

 

さて何故パラオのバラクーダかと申しますと、豪快に群てるオニカマスは余りにも有名で、私はそういう物だと思っておりましたら、沖縄で群れてることはあまり無いそうです。ジツルの浅場で単独でひっそりといるのを見かけた。老魚は単独なのだそうです。逆にアカククリやツバメウオの幼魚は単独でいる。少しおセンチな気分…

赤坂達三(2)

2008.08.04| 赤坂達三

2日目:慶良間 (↑写真:イソマグロ)

朝、泊港を出て30分あまりで慶良間列島の北端、黒島に着いた。その北側に黒島ツインロックと言うダイビングポイントがある。小さな2つの露出岩の周りを潜って行くポイントだが流れがあり、水深30mあり透明度も良いため、注意が必要でもある。昔からの名ポイントで、イソマグロやハサミにイソギンチャクを持ったキンチャクガニ等が見れる。

天候も晴で、コバルトブルーの海中世界とダイナミックな地形に満足した後、2本目はさらに西へ…

座間味島のやや北東にある、やはり有名な男岩(右岸)というポイントに到着。ここも比較的流れがあるが、ナポレオン(メガネモチノウオ)やハナヒゲウツボ等を見た。座間味の東海岸の辺り7番岬と言うポイントに行き、昼食。ここでもドリフトダイビングといって、流れに流されながらダイビングをして船に拾ってもらうというスタイルだが、丁度湾になっていて、岬に潮の流れがぶつかって逆に流れていた様だ。流れに逆らって進んだは良いが、途中で挫折して流されて逆戻りで終わった。結構ヘトヘトに成ったが16時ぐらいには泊港に戻ったので早めに沖縄料理屋に行って夜9時には寝る事にした。

今日みた珍しい物は、ニシキツバメガイ、コマチコシオリエビ(ウミシダの中にいる)、シモフリカメサンウミウシ(ウミウシにカメの姿の模様がある)等…

黒島ツインロック→男岩→7番…と…なかなか充実したダイビングだったの〜

ではおやすまなさいませ。

赤坂達三(1)

2008.08.03| 赤坂達三

皆様こんにちは!クラリネットの赤坂達三です。

今回のせんくらにも参加させていただく事になりました。とても嬉しく、楽しみにしております。
では、まずは私の独り言的なブログにて失礼いたします。
ピグミーシーフォースは是非御覧に成って下さい笑。

今回もどうぞ宜しくお願い申上げます。

1日目:今年の休暇(↑写真:オドリハゼ)

久し振りに、やはり潜りに行く事にした。海外へ遊びに行くのは少々億劫だったので、お馴染みの沖縄に決めた。魚に興味の無い方々には恐縮ですが、数日御付き合いいただけましたら嬉しく思います。

まずは早朝羽田から那覇へ、那覇から真栄田岬に車で向かった。午後になっていたのもあり、久し振りのダイビングなのでそこのポイントを選んだ。まずは諸々の準備をして海に入る。北東の沖まで泳いで比較的いっきに水深35mの海底に行き、ヤシャハゼ(ハゼの仲間)やヒレナガネジリンボウ、オグロクロユリハゼ等を見て、左回りに迂回しながらリングアイジョーフィッシュ等をみながらアオギハゼやミナミはコフグをみながら水深5mまでゆっくりと浮上。その間オドリハゼ等をゆっくりみながら約50分ぐらいのコース。ハゼの事に詳しくない方はなんのこっちゃ?とお思いかと思いますが比較的いまだに流行の魚です。もしお手隙の時がありましたら本屋で魚の図鑑診て見て下さい。今回は黄色くて丸体に黒斑のミナミハコフグの幼魚の写真にしようか迷いましたが、巣穴の上で踊っている様な姿が名前の由来であるオドリハゼの写真をご覧下さい。すぐに巣に引っ込んでしまうので、カメラよりもビデオカメラでじっくり撮ると比較的簡単に撮れるし、泳いでいる姿が誠に可愛いらしいですよ。

そして2本目は東に向かって、コクテンフグ、キスマークミドリガイ(ウミウシの仲間)、イロブダイやノドクロベラの幼魚、ハナヒゲウツボ、ツバメウオ等を見ながら、南へ進路をとり水中洞窟へ…

まさに青の洞窟…癒されてから西方向に戻るという1時間ぐらいのコースで、さあ明日からボートで慶良間!

誠に楽しみでござる。

せんくらでお会いしましょう!

2006.08.26| 赤坂達三

通称イワシダマと言うイワシの群れとそれを狙うアオサギ=筆者撮影

当然の事ながら、演奏会で演奏する当日と言うものは、演奏が終わるまで、それに向けてあれこれと考えたりと・・・それが仕事なのですが。

ですから夜公演ですと、その日一日一回公演だとしても終日お仕事と言う事に成る。別に悪いとは言っていませんが・・・。

その点、朝の演奏会であれば午前中にはお仕事終わり!

せんくらではその日有効に使って、いろいろなコンサートにも足を運ぼうと思います。

では、皆様にお会い出来ます時を楽しみにしております。

赤坂達三(クラリネット)

 

多忙な夏・・・

2006.08.25| 赤坂達三

今年もお蔭様で物凄く忙しい事になってます。

クラリネットもさらわなければいけないし、夏は音楽際、あるいはコンクールですよね。吹奏楽のコンクール審査も沢山やらせていただき、大変勉強になりました。

僕は電話魔人と携帯メール魔人なのですが、余りに忙しく(猫と魚の飼育も含め笑)、返事が出来ないまま皆様にご迷惑をかけてしまっております。

更には8月下旬から少し休暇いただきパラオに行ってまいります。

帰りましたら9月9日サントリー、10日の新潟公演コンチェルトに向けて特訓ですかのー。お蔭様で来年3月までまたバタバタとすることになりそうです。頑張ります。

今後とも皆様に宜しくお願い申し上げます。

赤坂達三(クラリネット)

矛盾

2006.08.24| 赤坂達三

ダイバーで有りながら魚を水槽で飼育するのはどうなのか?

広い海で自然を堪能するのが所謂普通のファンダイバーなのです。一切物に触れず、中性浮力によって見るだけ。これが基本なのですが、本当に自然を守りたかったら行かない事。

いろいろ考えると何も出来ない世の中に突入している事に気が付く。

クラリネットの本体だってグラナディラと言うアフリカのほとんど砂漠化している所に有るコクタンの一種を伐採して作られているのじゃ。

これから益々物を大切に、大事にして愛情と希望をもって精進しなければいけないと思います。

赤坂達三(クラリネット)

熱帯魚

2006.08.23| 赤坂達三

今回は海で無く、淡水魚の飼育についてで有ります。

昨年Tetraジャパンのイメージキャラクターをやらせていただくにあたって、淡水熱帯魚を飼う事になりました。

昔Paris留学中アクアリウムにはまり、中でもシムフイソドン属ディスカスに一番興味が有り、研究を重ねました。しかし膨大な費用と時間、根気、しかも飼育下の魚に対するストレスを克服するには到りませんでしたが、再度Tetraの協力により再びチャレンジのチャンスをいただきました。

ディスカスは、円盤型の形からその名がつけられ、シクリッドらしく卵をペアで守り、稚魚に成っても親が育てると言う凄い魚なのです。そのかわり臆病で、一度ストレスを感じると黒く横たわり、瀕死の状態に成るのも珍しくないそうです。

そんなディスカスがペアを組み、卵を産み、雄雌交代で卵を守りながら育てる光景をまのあたりに出来たのは衝撃的でした。写真はその母がまだ子供の時。タイガープレコと言うナマズの仲間に与えたタブレットを狙うディスカス。何ともかわいらしい!

赤坂達三(クラリネット)

ダイビング

2006.08.22| 赤坂達三

スキューバ・ダイビング歴5年ぐらいになるのかなあ?

当初は意気がってインストラクター目指してレスキューまで一気にスキルアップしたが、次のダイブマスターの時点の途中でくじけて、ファンダイバーとして楽しむ事にして、今までに256本潜りました。

伊豆、沖縄、サイパン、テニアン、グアム、パラオ、ニューカレドニア、モルジブ、パラオ等、毎年の様に気に入ったポイントに出掛けては、刺激的な体験を伴い、勉強になるのー

…何のこっちゃ?

赤坂達三(クラリネット)

2006.08.21| 赤坂達三

僕のホームページでは犬の写真ばかり載っていますが、あれらは実家で飼っている犬で、実は我が家では9年前から猫を飼っております。

仕事から帰ると玄関までダッシュして来て、ゴロン「撫でろ」次はニャー「飯くれ!」次は小物をキョロキョロと「遊んで?」と、早朝は僕の頭をガリガリと「起きろ!」

これら何とも可愛くて、つい甘やかし一時は7キロまで太らせてしまいました。今はフードで節制して5キロに。健康診断でも問題無しに至りました。

猫は単独行動なので、有る意味では精神的に楽にお付き合い出来る動物だと思います。ちなみにクラリネットは嫌いみたいで、練習を始めると離れて寝てしまいます。

名前はグラ。キジトラでアライグマのような尻尾が気に入っています。

赤坂達三(クラリネット)

最新の投稿

カテゴリー