音声で読み上げる

共演者

ロバート・リン
ピアノ

ロバート・リン

Robert LIN

世界的な活躍を期待されている台湾の若手ピアニスト。2012年に中山医学大学に入学し、いわゆる“医学士ピアニスト”として活躍している。2012年ミュージカルスーパースター国際コンクール第1位、2009年NTDTV国際中国ピアノコンクール第3位、2005年大阪国際音楽コンクール第3位、2003年カワイ台湾ピアノコンクール第1位など、複数のピアノコンクールで受賞。2012年にはマネージメント会社「ゴールドタイフーン」との契約もしている。

国立音楽ホールで台湾国立交響楽団と共演したほか、多くのソロリサイタルを行い、台湾各地や海外で演奏活動を行っている。また、彼の兄であるリチャード・リンと長い間パートナーを組み、台湾、アメリカ、マカオ、香港、日本など世界各地で共演している。

1993年、台中生まれ。6歳からピアノを学び、10歳の時に公式デビューを果たす。名門校の台中市立台中第一高級中等学校に入学し、そこで自身の第2の専門分野である、医学を修めた。中山医学大学を卒業後、現在は彰化キリスト教病院のレジデント・ドクター。

PROGRAM

  • リン兄弟が贈る フランス名曲集
    リチャード・リン(ヴァイオリン) ロバート・リン(ピアノ)
    10月4日|金| 18:00〜18:45
    I|仙台銀行ホール イズミティ21|小ホール
    P: 597-748
    リチャード・リンが“最愛の仙台の友人”である、皆様のために特別に構成した45分間のプログラム。美しく、変化に富んだフランス名曲4作品は、奏者と聴衆の両者が楽しめる作品です。共演は、数多くのステージに共に立ってきた、弟ロバート・リン。どうぞお聴きください。
    Loadingマイリストに保存 |完売
  • 原田哲男とロバート・リン音楽がつなぐ仙台と台湾の絆コンサート
    原田 哲男(チェロ) ロバート・リン(ピアノ)
    10月6日|日| 16:00〜16:45
    B|日立システムズホール仙台|パフォーマンス広場
    P: 597-741
    昨年4月、台湾で初共演した元仙台フィルチェロ首席原田哲男と第5回仙台国際音楽コンクール優勝者リチャード・リンの弟ロバート・リンの奏でるショパンのソナタは、たくさんの聴衆を魅了しました。その感動を2人にゆかりの深い仙台の皆さまにお届けします。どうぞお楽しみください。
    Loadingマイリストに保存 |完売