せんくら2021

Sendai Classical Music Festival 2021
閲覧補助機能
文字の大きさ
普通
特大

ARTIST

アーティスト

ピアノデュオ・リブラ
ピアノデュオ・リブラ
Piano Duo Libra
アンサンブル
出演プログラム

共に仙台で同じ師のもと育った同い年の文京華と三又瑛子のピアノデュオ。同じ誕生月にちなみ、デュオ名はラテン語で天秤座を意味するリブラ。2013年結成。
バロック、古典から近現代までレパートリーは多岐にわたる。緻密な音楽構成、高いアンサンブル能力と演奏技術を生かし、これまで仙台、宇都宮、東京にて公演を重ねている。

文 京華 BUN Kyoka
桐朋学園女子高等学校音楽科卒業後渡独。ベルリン芸術大学卒業後、同大学院に進みドイツ国家演奏家資格を得て修了。
庄司美知子、竹内啓子、村田理夏子、パスカル・ドヴァイヨンの各氏に師事。2013年帰国後よりソロ、室内楽ともに演奏活動を本格化させる。各地でのリサイタルや音楽祭への出演をはじめ、協奏曲のソリスト、三又瑛子氏とのピアノデュオ「リブラ」としても活動。
京都、仙台において後進の指導にも力を注いでいる

三又 瑛子 MIMATA Akiko
仙台市出身。4歳よりピアノを始める。桐朋学園大学ピアノ科を首席で卒業。同大学卒業演奏会、室内楽演奏会に出演。第16回ABC新人コンサート、第78回読売新人演奏会に出演。これまでに、ピアノを庄司美知子、加藤伸佳、田崎悦子、室内楽を加藤知子、加藤洋之の各氏に師事。桐朋学園大学弦楽科嘱託演奏員。石川ミュージックアカデミー、ミュージックアカデミーinみやざき、などで公式伴奏者を務める。NPO法人ハマのJACKメンバー。

出演プログラム
PROGRAM
  • ピアノデュオ・リブラの
    エキゾチック連弾
    ~ 故郷への想い、異郷への憧れ ~
    ピアノデュオ・リブラ(アンサンブル)、 (文 京華、三又 瑛子)
    10月2日|土| 10:45~11:30 (開場 10:00)
    D|日立システムズホール仙台|交流ホール
    P: 597-743
    その土地ならではの血の通った音楽に、人は無性に惹きつけられます。今回お届けするのは、作曲家たちの祖国への愛や誇り、遠い異国への憧れや驚きから生まれた色とりどりの作品たち。鍵盤上の映像と共に、各地の音楽の特色をわかりやすく解説。さらに、新進気鋭の作曲家木村裕さんが本公演のために書き下ろした新作の初演も! 時代も国も超えた浪漫の旅へ、4つの手が誘います!
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
9/21 18:30