アーティスト

森谷 真理 (ソプラノ)
MORIYA Mari
声楽

栃木県小山市出身。武蔵野音楽大学声楽科、同大学院声楽専攻を首席で卒業後、渡米しマネス音楽院プロフェッショナルスタディーズコース修了。
名古屋音楽大学准教授、東京藝術大学講師、洗足学園音楽大学講師。
小山評定ふるさと大使。とちぎみらい大使。2019年には「天皇陛下御即位を祝う国民祭典」にて国歌独唱する栄誉に浴した。
世界各地のコンクールにて優勝、受賞歴多数。主な賞歴としては、第5回ヴェロニカ・ダン国際声楽コンクール1位、第2回チャールズ・A・リーナム声楽コンクール1位、クラ・ミューズ声楽コンクール1位、カーディフ国際コンクールコンサート賞、及び日本代表、メトロポンオペラ ・ナショナルカウンシルオーディションファイナリストなど。
パームビーチオペラにて夜の女王役でデビュー後、欧米の主要歌劇場で活躍。2006年には、レヴァイン指揮《魔笛》同役で抜擢され、鮮烈なメトロポリタン歌劇場デビューを飾る。同役では他に、ウィーン・フォルクスオーパー、ライプツィヒ・オペラ、スコティッシュ・オペラ、グライ ンドボーン音楽祭ツアー、シアトル・オペラ、パームビーチ・オペラ、ピッツバーグ・オペラ、ポートランド・オペラ、リンツ州立劇場、バーゼル歌劇場、ボルチモア交響楽団、ワシントンのケネディー・センターでワシントン・ナショナル交響団と共演。
アメリカでは上記の夜の女王役に加え、タルサ・オペラ《愛の妙薬》アディーナ、インディアナ大学《ランメルモールのルチア》タイトルロール 、センターシティオペラ・フィラデルフィア《ロメオとジュリエット》ジュリエット、コネチカット・オペラ《フィガロの結婚》スザンナ、ニューヨークシティオペラ・オーケストラ《夢遊病の女》アミーナ等を歌っている。
ヨーロッパでは、アイルランド・オペラとの《トゥーランドット》リューでの欧州オペラデビューを皮切りに、《ナクソス島のアリアドネ》ツェルビネッタ、《ドン・ジョヴァンニ》ツェルリーナで同劇場に再登場した他、フレミッシュオペラにてフィリップ・グラス作曲《アクナーテン》に女王タイ《サティヤーグラハ》ミス・シュレーゼンとして出演。2010年から2014年まで、オーストリアのリンツ州立劇場の専属歌手として《ラクメ》《マリア・ストゥアルダ》タイトルロール、《ばらの騎士》ゾフィー、《リゴレット》ジルダ、《コジ・ファン・トゥッテ》フィオルディリージ、《ラ・ボエーム》ミミ、《チェネレントラ》クロリンダ、フィリップ・グラス作曲《失われたものの痕跡》、《カルメン》ミカエラ、パミーナ、《ラインの黄金》ヴォークリ ンデ、《ヴァルキューレ》ヘルムヴィーゲ、《椿姫》タイトルロール、モーリッツ・エッガート作曲、世界初演《テラ・ノヴァラ》役で出演。
日本では2014年びわ湖ホール《リゴレット》ジルダにて日本でのオペラデビューし、東京二期会《魔笛》夜の女王、兵庫県立芸術文化センター《夏の夜の夢》ティターニア、《魔笛》パミーナをあいちトリエンナーレ、同役と《後宮からの逃走》コンスタンツェ、《ランメルモールのルチア》題名役を日生劇場で、びわ湖ホールプロデュースオペラ《ラインの黄金》フライア、《ワルキューレ》ジークリンデ、オペラ《神々の黄昏》グートルーネ、《ローエングリン》エルザ、《こうもり》ロザリンデ、三河市民オペラ《イル・トロヴァトーレ》レオノーラ、東京二期会《ばらの騎士》元帥夫人、《蝶々夫人》、《サロメ》《ルル》題名役、バッハ・コレギウム・ ジャパン《ポッペアの戴冠》フォルトゥーナ、ドゥルジッラ両役、調布国際音楽祭《劇場支配人》ミス・ジルバークランク、《後宮からの誘拐》コンスタンツェ役で出演し好評を博している。新国立劇場では《カルメン》《ばらの騎士》《蝶々夫人》《ジュリオ・チェーザレ》に出演。
また2022年5月にはドレスデンのザクセン州立劇場で《蝶々夫人》を主演し、大きな注目を集めた。
コンサートレパートリーも幅広く、バロックカンタータを始め、バッハの各受難曲、ヘンデル《サムソン》《メサイヤ》、モーツァルト《ハ短調ミサ》、ペルゴレージ《スターバト・マーテル》、モーツァルト《レクイエム》、ヴェルディ《レクイエム》、ドヴォルザーク《テ・デウム》、ベートーヴェン《第九》、《ミサ・ソレムニス》、《カルミナブラーナ》、マーラー交響曲第8番《千人の交響曲》、マーラー交響曲第2番《復活》、マーラー交響曲第4番、プーランク《人間の声》、ベルク《ヴォツェックより3つの断章》、R.シュトラウス《4つの最後の歌》等でオーケストラと多数共演している。
公式ホームページ https://marimoriya.com/

プログラム

PROGRAM