音声で読み上げる

出演アーティスト

レガシー・オブ・アクト
アンサンブル

レガシー・オブ・アクト

Legacy of Act

井野邉 大輔 INOBE Daisuke(ヴィオラ)
桐朋学園大学より洗足学園大学に編入、ヴィオラに転向後卒業。学生時代より演奏活動を始め、小澤征爾氏、ロストロポーヴィチ氏の喚びかけによるキャラバンコンサート及び御前演奏等に参加。1991年満場一致の支持率をもってNHK交響楽団に入団。第68回日本音楽コンクール作曲部門、委員会特別賞受賞。
霧島国際音楽祭等数々の音楽祭、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団演奏会、サイトウキネンオーケストラ、ロンドンフィル及びBBC交響楽団メンバーとツアーなどに出演。ミクロシュ・ペレー二、シプリアン・カツァリス、ダニエル・ゲーデ(元ウィーンフィル )、エミリー・バイノン(アムステルダムコンセルトへボウ管)、ティモシー・ハッチンス各氏ほか海外の演奏家との共演も多い。特に室内楽では共演した演奏家より厚い信頼を受け続け、また、大阪フィル、オーケストラアンサンブル金沢、東京都交響楽団、兵庫PAC管、九州交響楽団などの客演首席奏者やソリストとしても活躍。
NHK交響楽団におけるサヴァリッシュ・デュトワ時代に22年在籍した豊富な経験を有し、楽器をコントロールする確かなテクニックに裏打ちされた多彩な音色と表現力、テキストに誠実な音楽の構築力に定評のある実力派。ミクロシュ・ペレー二氏とのドン・キホーテ、東京都交響楽団での野平作品、JAOフェスティバル(高円宮妃殿下ご臨席)でのベルリオーズ「イタリアのハロルド」ソロはいずれも絶賛された。ヴァイオリニストとしても自らリーダーとなる室内楽や合奏団を中心に活動を展開。弘前、仙台、東京、松江、下関などの都市では定期的にヴィオラゼミナールを受け持つなど指導者としても定評があり、講師を務める《TOYOTA 青少年オーケストラキャンプ》での指導は23年に達する。
2013年NHK交響楽団退団。2014年より仙台フィルハーモニー管弦楽団ソロ首席ヴィオラ奏者。2015年より大阪フィルハーモニー交響楽団特別契約首席奏者を兼任。洗足学園大学及び大学院講師。桐朋オーケストラ・アカデミー講師。

鈴木雄大 SUZUKI Yuta(クラリネット)
茨城県出身。常総学院高校を経て、尚美学園大学卒業。在学中「コンチェルトの夕べ」にてソリストとしてJ.フランセの協奏曲を同大学管弦楽団と共演。
平成24年度卒業演奏会、第31回ヤマハ新人演奏会クラリネット部門に出演。
クラリネット及び室内楽を木村健雄、太田茂、故・浜中浩一の各氏に師事。また、Sylvie Hue、Timothy Carter各氏のマスタークラスを受講。
現在、一般社団法人 BLASS EXCEED TOKYOメンバー、仙台フィルハーモニー管弦楽団クラリネット・バスクラリネット兼任奏者の他、室内楽・スタジオワーク・作編曲・後進指導でも活動中。

三輪 郁 MIWA Iku(ピアノ)
桐朋女子高等学校を経てウィーン国立音楽大学及び大学院に学び、満場一致の最優秀で修了。イタリアのフィナーレ・リグレにおける“パルマ・ドーロ”国際コンクールにおいて審査員全員一致で第一位に選ばれたほか、ドイツ・ドルトムント国際シュー
ベルトコンクールや浜松国際ピアノコンクールなどでも入賞。2003年から06年まで「4254日の奇蹟~ウィーンのモーツァルト」を企画開催し、大きな注目を集めた。録音は『バルトーク:ピアノ作品集』『シューベルト作品集』『モーツァルティアーナ』などをリリース。桐朋学園大学講師。
2018年4月より山形大学学術研究院教授。

PROGRAM

  • Legacy of Act -受け継がれていくもの-名曲は“有名曲”のみならず!
    Legacy of Act(アンサンブル) (ヴィオラ:井野邉 大輔、クラリネット:鈴木 雄大、ピアノ:三輪 郁)
    10月4日|金| 12:15~13:00
    D|日立システムズホール仙台|交流ホール
    P: 597-743
    仙台フィルハーモニー管弦楽団ヴィオラ・ソロ首席奏者井野邉大輔プロデュースの室内楽公演。超有名曲の連なるせんくらの中で、ひとつ先を聴きたいお客様のための【秘曲】への誘い。今年は音色的にひときわ相性がいいと言われるヴィオラとクラリネットの室内楽作品を中心に、仙台フィルクラリネットの若手奏者、鈴木雄大と、ピアノ三輪郁とともに。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり