アーティスト

ジュゼッペ・アンダローロ
Giuseppe ANDALORO
ピアノ

1982年イタリア・パレルモ生まれ。ルネッサンスから近現代作品まで幅広いレパートリーを持つ、同世代を代表する国際的ピアニストの一人。

ザルツブルク音楽祭、スポレートの2つの世界フェスティバル、香港ショパンフェスティバル、ブレッシャ・ベルガモのアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ国際ピアノフェスティバルなど重要な音楽祭に招聘される。また、ミラノ・スカラ座、ナポリのサン・カルロ劇場、ザルツブルクのモーツァルテウム大ホール、ウィーン楽友協会、ロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールやクイーン・エリザベス・ホール、カザルスホールなど、世界各地の主要なホールで演奏を重ね、ロンドンフィルハーモニー管弦楽団、NHK交響楽団、ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団など国際的に著名なオーケストラと共演している。レパートリーはイタリアのルネサンス音楽から現代曲までと幅広い。
ロンドン国際ピアノコンクール、第1回仙台国際音楽コンクール、香港国際ピアノコンクール、ブゾーニ国際コンクールなど多くのコンクールで優勝。2005年イタリア文化省芸術勲章を受章。

ワーナー・クラシックス、ナクソス、フォンテックなどのレーベルからCDを数多くリリース。2023年には故郷シチリア交響楽団との共演によるリスト作曲ピアノ協奏曲第1番、死の舞踏が発売された。また、イタリアをはじめ日本、イギリス、アルゼンチン、南アフリカ、アメリカ、ポルトガルなどのラジオ・テレビ番組にも出演するなど、活躍の幅を広げている。

現在は、演奏活動のほかに2022年第8回仙台国際音楽コンクールほか国際ピアノコンクールで審査委員や、イタリアや日本、タイ、マレーシアなどでマスタークラス講師を務めるなど、後進の指導にもあたっている。

PROGRAM