アーティスト

はじめてのおんがくかい(名和俊&田中絢子)
アンサンブル

仙台フィルハーモニー管弦楽団コントラバス副首席奏者は新米パパ!
ドイツ留学時代からの盟友の田中絢子は2児のママ・ピアニスト。子育てに日々奮闘中の二人が子どもと音楽の出会いを優しいまなざしでプロデュースする。

名和 俊 NAWA Shun (コントラバス)
1992年、福島県いわき市出身。8歳よりコントラバスを始める。福島県立湯本高校を経て、京都市立 芸術大学音楽学部入学。在学中より国内のプロオーケストラの客演奏者として活動を始め、大学卒業と同時 に、仙台フィルハーモニー管弦楽団へ入団。
これまでにコントラバスを村上満志、吉田秀、西口勝の各氏に、室内楽を上村昇、四方恭子の各氏に師事。 宮城学院女子大学非常勤講師。
第6回日本管弦打楽器ソロコンテスト金賞及びグランプリ・クリスタルミューズ賞を受賞。第1回Japan International Contrabass Competition 第2位を受賞し、B.Puglisi 氏作2013年製コントラバスを1年間貸与される。第34回・第35回草津国際音楽アカデミーにて元ベルリン・フィル首席コントラバス奏者であるK.Stoll氏のクラスを修了。Japan International Contrabass festival2013に参加。また、C.Rotaru、T.Barbe、T.Martin、E.Laine、文屋充徳、河原泰則の各氏のマスタークラスを受講。2014年に開催された「新進演奏家育成プロジェクトオーケストラシリーズ第32回仙台」では、ソリストとして、仙台フィルハーモニー管弦楽団とクーセヴィツキー:コントラバス協奏曲を共演し、好評を博した。2017年、ドイツ・ベルリンへ1年間留学し、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団楽団のコントラバス奏者であるE.Ruiz氏の元で研鑽を積む。留学中、J.Frantz氏の率いる Philharmonie der Nationen sommer Tour in Deutschland 2017に参加し、ドイツ各地の音楽祭に出演。
2018年4月、仙台フィルハーモニー管弦楽団副首席コントラバス奏者に就任し活躍する傍ら、仙台フィル首席チェロ奏者である吉岡知広とのデュオユニット「伊達 LOW Strings」として、低音の魅力を世界へ発信している。また、東日本大震災で被災した地域で開催している「復興コンサート」にも数多く出演している。

田中 絢子 TANAKA Ayako(ピアノ)
2006年に渡独し、ライプツィヒ音楽演劇大学修士課程リート科、及び室内楽、器楽伴奏科博士課程を最高点で修了。ゲヴァントハウス管弦楽団アカデミー奨学生としてオーケストラピアニストの研鑽を積む。その際、ゲヴァントハウスオーケストラピアニストとして、リカルド・シャイー指揮のもと、日本、アジアコンサートツアーで公演。卒業後、ライプツィヒ音楽演劇大学の伴奏助手として後進の指導にあたる。同時に、ゲヴァントハウス管弦楽団ピアニスト、ライプツィヒ演劇場ピアニスト、国際トルガウ声楽アカデミーの公式ピアニストも務める。 2017年に帰国し、現在郡山市を拠点に、山形交響楽団、仙台フィルの客演オーケストラピアニスト、アンサンブルピアニスト兼ピアノ講師として活躍している。

PROGRAM