せんくら2021

Sendai Classical Music Festival 2021
閲覧補助機能
文字の大きさ
普通
特大

ARTIST

アーティスト

青柳 晋
青柳 晋
AOYAGI Susumu
ピアノ
出演プログラム

ニカラグア生まれ、米国で5歳よりピアノを始める。日本に帰国後、全日本学生音楽コンクール全国大会で第1位受賞。桐朋学園大学在学中に西日本音楽賞を受賞、その後ベルリン芸術大学に留学。1992年ロン=ティボー国際コンクールに入賞後、パリ日本大使館、ラジオ・フランス、旧西・東ドイツ各地からアメリカに至るまで各地で演奏活動を展開。ハエン、アルフレード・カゼッラ、ポリーノの各国際ピアノコンクールで1位受賞。1997年頃より日本でも演奏活動を開始し、2000年には青山音楽賞を受賞。第28回日本ショパン協会賞受賞。
これまでに7枚のソロアルバムをリリースし、いずれも高い評価を受けている。
2006年よりリスト作品をメインに据えた自主企画リサイタルシリーズ「リストのいる部屋」をスタートさせ、2020年には15回目を迎える。国内外のオーケストラとも数多く共演し、著名アーティストからの信頼も厚く、近年は室内楽奏者としても活躍の場を広げている。2012年3月カーネギーホール・ワイルリサイタルホールでデビュー公演、現地メディアで絶讃を博す。
コンクール審査員としても経験を重ね、日本音楽コンクール、東京音楽コンクール、ハエン国際コンクール審査員などを歴任し、高松国際ピアノコンクールでは第一回目から審査に参加、現在副審査委員長として同コンクールのプロデュースにも携わる。
東京藝術大学教授、洗足学園大学客員教授、札幌大谷大学客員教授、長崎おぢか国際音楽祭音楽監督を務めながら幅広く演奏活動を継続中。

出演プログラム
PROGRAM
  • 川久保賜紀&青柳晋が贈るフランス音楽
    川久保 賜紀(ヴァイオリン)、 青柳 晋(ピアノ)
    10月1日|金| 15:45~16:30 (開場 15:00)
    C|日立システムズホール仙台|シアターホール
    P: 597-742
    国際的実力派の川久保賜紀が贈る、フランスゆかりの作曲家による美しいメロディーを、 故郷への思いを重ねて聴く人の心に語りかける美しいヴァイオリンの音色でお聞きください。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 渡辺玲子 ヴァイオリン・リサイタル
    東欧・北欧の作曲家たちの、抒情と情熱を特集したリサイタル
    渡辺 玲子(ヴァイオリン)、 青柳 晋(ピアノ)
    10月2日|土| 11:45~12:30 (開場 11:00)
    F|エル・パーク仙台|スタジオホール
    P: 597-745
    グリーグの名作「ソナタ第3番」、ドヴォルザークの幻想的な「4つの小品」。そしてハンガリーの名ヴァイオリニスト、フバイによる「カルメン幻想曲」はミカエラのアリアや闘牛士の歌などを用い、サラサーテやワックスマンの編曲版とは異なる視点でヴァイオリンの魅力を盛り立てています。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 笹沼樹 チェロ・リサイタル
    美しきメロディ「親愛の言葉」
    笹沼 樹(チェロ)、 青柳 晋(ピアノ)
    10月2日|土| 19:45~20:30 (開場 19:00)
    F|エル・パーク仙台|スタジオホール
    P: 597-745
    響き渡る豊かな音色と、溢れる情熱。雄大なスケールで音を放射するチェリスト笹沼樹。エネルギッシュで華やかな演奏をお楽しみください。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 長谷川陽子 チェロ・リサイタル
    チェロ・ソナタの神髄、ここにあり!!
    長谷川 陽子(チェロ)、 青柳 晋(ピアノ)
    10月3日|日| 16:00~16:45 (開場 15:15)
    F|エル・パーク仙台|スタジオホール
    P: 597-745
    ベートーヴェンとブラームス。ドイツの二大巨匠が書き残した超名曲でロマン派の幕開けから始まり、変容を音で綴ります。ベートーヴェンが産声をあげさせた「ロマン派」ですが、果たしてこの「ロマン」とは何ぞや? ご存じでしょうか? その答えは、この公演の中にあります。長谷川陽子と盟友・青柳晋のデュオ、今年もぜひお楽しみください。
    Loadingマイリストに保存 |完売
9/10 17:00