文字の大きさ 普通 特大
プログラム

プログラム

小林 沙羅&大山 大輔 ジョイント・コンサート
オペラ~ミュージカル

10月1日|土|20:15-21:00
会場C|日立システムズホール仙台|シアターホール
開場時間19:45
一般1,300円
U-18700円
3歳以上入場可
Pコード
597-742
出演小林 沙羅(ソプラノ)
大山 大輔(バリトン)
石野 真穂(ピアノ)
伸びやかな美声、情感豊かな表現力の小林 沙羅と、歌手として俳優として独自の表現力を持つ大山 大輔による、オペラからミュージカルナンバーまで、楽しいトークを交えたコンサート。
モーツァルト:
「フィガロの結婚」より
「ドン・ジョヴァンニ」より
「魔笛」より
レハール:「メリー・ウィドウ」より
「オペラ座の怪人」より
ほか
ARTIST

出演アーティスト

声楽
小林 沙羅(ソプラノ)
KOBAYASHI Sara
東京藝術大学卒業。同大学院修士課程修了。2010年度野村財団奨学生、2011年度文化庁新進芸術家在外研修員。2014年度ロームミュージックファンデーション奨学生。2010年から2015年にはウィーンとローマにて研修と演奏活動を行う。
2017年第27回出光音楽賞受賞。2019年第20回ホテルオークラ賞受賞。
2006年に『バスティアンとバスティエンヌ』バスティエンヌでデビュー後、東京芸術劇場シアターオペラシリーズに度々出演、日生劇場2009、2013年『ヘンゼルとグレーテル』グレーテル、兵庫県立芸術文化センター2011年『こうもり』アデーレなどにも出演。2012年ブルガリア国立歌劇場『ジャンニ・スキッキ』ラウレッタ役で欧州デビュー、同歌劇場『愛の妙薬』プレミエ公演にアディーナ役で出演など海外へも活動の幅を広げている。
2015年野田秀樹演出オペラ「フィガロの結婚」スザンナ役で全国10都市14公演に出演、好評を博す。2020年には同オペラ再演版にも出演。全国共同制作オペラでは2019年『ドン・ジョバンニ』ツェルリーナ、2021年『夕鶴』つうにも出演。
その他2017年には『カルメン』ミカエラで藤原歌劇団への初出演、2018年には兵庫県立芸術文化センター『魔弾の射手』エンヒェン、2020年『紅天女』タイトルロール、姫路市文化コンベンションセンター『千姫』千姫等話題作に続々出演。確かな技術と類まれな表現力を絶賛されている。
リサイタルも各地で行い、2019年2月にはロンドンのウィグモアホールにてソロリサイタルを開催。英、独、仏、伊、日、5カ国の作品を歌唱、現地評で絶賛される。
2014年デビューアルバム「花のしらべ」、2016年セカンドアルバム「この世でいちばん優しい歌」に続き2019年11月にはサードアルバムとなる「日本の詩(うた)」をリリース。
最近では、自身のYouTubeチャンネルにて配信を行うなど新しい取り組みも始めている。
日本声楽アカデミー会員。藤原歌劇団団員。大阪芸術大学准教授。
声楽
大山 大輔(バリトン)
OYAMA Daisuke
1982年生まれ。鹿児島県出身。東京藝術大学首席卒業。同大学院修士課程オペラ科修了。学部卒業時に松田トシ賞、アカンサス音楽賞、同声会新人賞を受賞。
2008年、佐渡裕芸術監督プロデュース兵庫県立芸術文化センター《メリー・ウィドウ》のダニロ役で鮮烈なデビューを飾って以降、日生劇場オペラ《魔笛》パパゲーノ、文化庁による“本物の舞台芸術体験事業”にてフォークオペラ《うたよみざる》やまいち役での好演と活躍を続ける。
近年では特に“井上道義×野田秀樹”による《フィガロの結婚》フィガ郎や、手塚治虫原作・宮川彬良作曲歌劇《ブラック・ジャック》タイトルロール、異彩を放つシアターピース、バーンスタイン《ミサ》でのセレブラント等、独自性の強い作品での主役として圧倒的な存在感を示している。
また、モーツァルト『レクイエム』をはじめ、『ハ短調ミサ』、『ヴェスペレK.321』や、ベートーヴェン『交響曲第九番』、フォーレ『レクイエム』、プッチーニ『グロリアミサ』、メンデルスゾーン『ラウダシオン』などのコンサート・ソリストを務める他、役者として近松門左衛門原作:音楽劇『冥途の飛脚』での忠兵衛役、三島由紀夫:近代能楽集『葵の上』若林光役など多数出演。劇団四季ミュージカル《オペラ座の怪人》ではタイトルロールとして客演するなど幅広い活躍を見せており、その多彩な経験と独自の表現力から、台本執筆、MC・ナレーション、歌唱・演技指導にも定評がある。
洗足学園音楽大学ミュージカル・声楽コース講師、カクシンハン・スタジオ(演劇研修所)講師。日本声楽アカデミー会員。
ピアノ
石野 真穂
ISHINO Maho
桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学アンサンブル・ディプロマ修了。
パリ市立シャトレ劇場において、笹川日仏財団奨学生として、研鑽を積む。現在は声楽の共演ピアニストとして演奏活動を行うほか、オペラ公演の音楽スタッフとしても活躍している。
二期会オペラ研修所ピアニスト、桐朋学園大学嘱託演奏員、新国立劇場オペラ研修所講師。
RECOMMEND

こちらのプログラムもいかがですか?