音声で読み上げる

プログラム

會田瑞樹 ヴィブラフォンのあるところ
82
Loadingマイリストに保存 |残席あり
會田瑞樹 ヴィブラフォンのあるところ
10月6日|日| 15:45~ 16:30
H|太白区文化センター|展示ホール
¥ 1000| 3歳以上
P: 597-747
會田 瑞樹(ヴィブラフォン)
クラシック音楽とヴィブラフォンの出会いをはじめ、岩手に生きる現代の作曲家である白藤淳一氏、山形大学で教鞭を執る名倉明子先生、宮城教育大学で教鞭を執る吉川和夫先生など東北にゆかりのある作曲家とともに現代の音楽の魅力を探ります。佐原詩音作品では、北海道のアイヌ民族の言語を奏者が朗読しながら演奏する試み、水野修孝作曲のヴィブラフォン独奏のための三章は、NHKでのテレビ・ラジオでも度々放送され、その都度みずみずしい感動をもたらす名作として知られています。現代の作品に初めて触れる方々にも作品ごとにトークを交えて楽しい時間を過ごしていただけること間違いなしです。ヴィブラフォンのあるところに一歩踏み出してみませんか。
エルガー/白藤淳一:ニムロッド
白藤淳一:あやかしの余韻
J.S.バッハ/白藤淳一:サラバンド
佐原詩音:Petorunkamuy
吉川和夫:六丁目の青空
名倉明子:夢虫
水野修孝:ヴィブラフォン独奏のための三章
ビゼー:歌劇「美しきパースの娘」より セレナード

ARTIST

  • 會田 瑞樹 AITA Mizuki
    打楽器奏者。1988年宮城県仙台市生まれ。宮城県仙台第二高等学校を経て武蔵野音楽大学大学院修士課程修了。佐々木祥、星律子、吉原すみれ、神谷百子、有賀誠門、藤本隆文の各氏に師事。学部3年次に日本現代音楽協会主催第9回現代音楽演奏コンクール「競楽Ⅸ」において第2位入賞。2014年NHK-FMリサイタルノ …