是非ご来場ください 

2012.09.13| セレーノ弦楽四重奏団

セレーノ四重奏団が今回演奏させていただく「仙台市青年文化センターコンサートホール」は、今現在改装工事中です。

ホールの特徴でもあったステージ上の「階段」を取り払うほか、舞台床も張り替えるということで、普段定期公演を行っている仙台フィル(特に私たちチェロ、コントラバス奏者にとってはステージの床の材質によって全く音の鳴り、音質まで違うということもあって)としては、どのように音が変わるのかとても楽しみなところです。

せんくらでの仙台フィルの公演はすべてイズミティで行われますので、オーケストラで演奏した場合の変化を確かめていただけるのは10月定期公演まで待たなければなりませんが、一足先にカルテットでも充分に違いを体験していただけるのではないかと思います。

そういった意味でも皆さま是非セレーノ弦楽四重奏団のコンサートへご来場ください。

写真はせんくら2010、青年文化センターコンサートホールでのセレーノ公演。

舞台後方に見えるバルコニーのようなものが取り払われるそうです。
セレーノ弦楽四重奏団 原田哲男(チェロ)

 

カテゴリー