マイナー路線?だけど幸せ 

2012.09.12| セレーノ弦楽四重奏団

せんくら2012年公式ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
セレーノ弦楽四重奏団ブログ終わりの2日間を書かせていただきます、チェロの原田哲男です。

私たちがせんくらで弾かせていただくのは今回で6回目。
ベートーヴェン、モーツァルトやシューベルトといった作曲家の曲を取り上げていましたが、時には現代曲やショスタコーヴィチといったわりとマイナーな路線へ・・・。

そして今年はコダーイの四重奏曲に辿りついてしまいました。
もしかしてコダーイの四重奏曲が好きだ!という方っていらっしゃいますか?

いやいらっしゃるかもしれません。
なぜなら、小川さんが書いていたように、ラジオ「OTTAVA」でリスナーに寄せていただいたお勧めアンコール曲の中に、私たちが聞いたこともないような作曲家、曲がずらーっと並んでいましたので。

恥ずかしながら私はコダーイの四重奏曲の存在すら知りませんでしたが、弾いてみるとこれがなかなか良い曲なのです。
こういった新しい曲との出会いは演奏する私たちにも、そして聴いて下さるお客様にとってももしかしたら今後の音楽人生をより豊かに広げるかもしれないという意味で大変幸せなことではないかなと思います。

写真はコダーイの四重奏曲スコア。
輸入楽譜のため購入先によって値段がまちまちです。
実は、リハーサルの時に先日同じスコアの写真を載せていた佐々木氏よりも1000円も高く買っていたことが発覚!
しかも本番を迎える前にしてすでにページの接着部がはがれてバラバラになりそうな雰囲気・・ダブルでショックです。
セレーノ弦楽四重奏団 原田哲男(チェロ)

カテゴリー