演奏曲について 

2012.09.11| セレーノ弦楽四重奏団

皆様こんにちは。
お元気ですか?元仙台フィル首席ヴィオラ奏者の佐々木真史です。
今年もセレーノ弦楽四重奏団と、フルート、ヴィオラ、ギターのトリオで
せんくらに出演させていただきます。
毎年毎年本当に有難いことと感謝いたしております。

今年のセレーノはコダーイの弦楽四重奏曲第1番と、ヴォルフのイタリアのセレナーデを演奏します。
コダーイは個人的に、とても好きな作曲家の一人で、第2回せんくらの私のコンサートでも、2つのヴァイオリンとヴィオラのためのセレナーデを取り上げました。

日本ではあまり演奏機会の多い作曲家では無いですが、バルトークと共に、ハンガリーの伝統的な民謡を採集して、それを自作に取り込むことで、後世に伝えた業績は良く知られています。
ハンガリー固有の民謡風な音楽は歌に溢れていて、どれも大変魅力的です。

今回演奏します、弦楽四重奏曲第1番は、四十分近くかかる、超大作ですが、コダーイらしい、民族色に溢れた魅惑的な音楽です。

ヴォルフのイタリアのセレナーデも、ウィットに富んだ、明るく楽しい小品です。
会場でご一緒に楽しめますのを楽しみにしております。
セレーノ弦楽四重奏団 佐々木真史(ヴィオラ)

カテゴリー