モネの睡蓮  

2011.09.04| 津田裕也

講習会の後、パリに立ち寄り観光をしてきました。
オランジュリー美術館でモネの睡蓮の絵を見る事が出来て幸せでした。

「睡蓮」の絵は、第一次世界大戦終結後、描かれた無限の自然の前で人々が安らげる場を造りたいとの考えから、モネによってフランスに寄贈されたものだそうです。

展示されている部屋や壁も彼自身によって考えられたもので、水、空気、光、土、空が美しく混ざり合う睡蓮の絵と一体となって素晴らしい空間でした。
いつかまた訪れたい場所です。

津田裕也(ピアノ)

カテゴリー