ベルリンのすずめ  

2010.08.18| 津田裕也

突然ですが、すずめといえば、みなさんはどんなイメージをお持ちですか?
私の中では、一番身近な鳥でありながら、意外と警戒心が強くて近づくと逃げてしまう・・という印象でした。
子どものころ、なんとかしてすずめにさわってみたくて、そおっと近づいてもすぐに飛んでいってしまった思い出があります。
ところがドイツに来て、ここのすずめはなんて人懐っこいだろうと感じます。
例えばカフェのテラスに座っていると、おこぼれにあずかろうと人のすぐそばまで近づいてきて、逃げる気配がありません。
もしかしたら別な種類の鳥なのか、私の気のせいなのかもしれませんが・・・・・。
ちょんちょんと飛び跳ねながらパン屑をつついているすずめの姿は、かわいらしく・・・
人懐っこいとはいいながら、すずめの写真をうまく撮れなかったので・・今日は学校の練習室から撮った緑美しい木々の写真をのせます。

津田裕也(ピアノ)

カテゴリー