風になりたい

2009.07.19| 仙台フィル木管五重奏団

爽やかで、心地良い風になりたい。

僕の演奏家としての理想だ。風はいろいろな時にやってくる。

露天風呂から上がった時に感じる、心地良い風。キャンプ場でテントを張り終わった後に感じる、涼しい風。

ちょっとした散歩の合間に感じる、爽やかな風。早朝釣り船に乗り出港する時に感じる、期待、喜びの風。
このように、日常ふと通り過ぎていく風は、何か心安らいだり、生きている喜びを感じさせてくれる。

僕が吹いているフルートは木管楽器、ウインド・インストゥルメント、ウインド、まさに風なのだ。

風はさりげなく、多くの人々に吹き渡り、そして多くの心地良さを残していく。

ふと耳にしたフルートの音、「なんか良いなぁ」「また、聴きたいなぁ」、そんな気持ちを持ってもらえるように、吹きたいものだ。

今回の木管5重奏、5つのウインドが織り成す、様々な風。
多くの皆様に、風を感じていただきたい。

そして、演奏後、皆様が又風に吹かれたい、と思ってくださることを願いながら、僕はラーメンをすすっていることだろう。

爽やかな風を感じながら・・・・・
芦澤曉男(仙台フィル木管五重奏団/フルート)

カテゴリー