仙台トロンボーンプロジェクト

2009.07.18| 菊池公佑

第3回目、、、もう最後か、、、(泣)
最終回のネタはこちら。
オケに入団した翌年に立ち上げた仙台トロンボーンプロジェクト(STP)です。

自分が演奏することと同じぐらい好きなことがこれ。
東京にはプロのオーケストラはた~~~~っくさんありますが、仙台にはひとつ!プロのオーケストラのトロンボーン奏者も仙台には4人!
というわけで、なにか自分にも出来ることはないかなと思い発足しました。たかがトロンボーンされどトロンボーン。なぜかトロンボーン吹きはお祭りが好き。人と接するのが好き。喜びはみんなで味わうのが好き。これは楽器の特性でもあります。オケの中でもトロンボーンセクションとしてハーモニーをつくり、時には激しく、時には繊細に様々な音楽的要求を3人のセクションで表現していく。ドミソがびしっとはもった時の感動はたまらないものです。

これはプロだけではなく、中高生からアマチュアの方々まで同じで、フルートやサックスもちろんピアノなどに比べればはるかに人口の少ない楽器なのですが、結構盛り上がるんです。
市民センターの一室で発表会を兼ねて始まった一回目のコンペティションの参加者40名がいまや参加者100人を超え、仙台トロンボーンフェスティバルでは仙台、東京の楽器店が11社も集結、夏の大御所合宿には毎回僕以外にスペシャル師範を向かえトロンボーン三昧の4日間を満喫。

たくさんの生徒をレッスンし、たくさんの人々と大切な出会いがあり、きれい事だけではやり続けていけませんが、苦しみを乗り越えやり続ける中からまた自分が成長できる喜びを持ち、仙台フィルに入団することができて、大好きなトロンボーンを吹き続けられて本当に幸せだなあと実感しています。

このプロジェクトも様々な形で6年間続けてきましたが、そろそろ入団当時高校生だった自分の生徒が音楽大学に入りまもなく卒業、音楽の道に進もうと別の道に進もうと、ここにくれば原点があるというか、自分の居場所があるというか、迷ったり、苦しんだりしたときでも、みんな待っている場所を作りたいなと思っています。継続は力なりと申します。僕の短い人生で継続してきたものはトロンボーンだけです。何度も諦めようと思いましたがすれすれのところで何とか続けてこられました。もちろんこれからも続けて行きます。同じように仙台のために(大きく出すぎましたが)音楽家として様々なかたちで貢献し続けていければいいなあと思っています。

それではコンサート当日にお待ちしております。
菊池公佑(トロンボーン)

カテゴリー