岡村喬夫(5)「ジャパニーズ外国語」

2008.06.19| 岡村喬生

Ready’s Cut 3200円。――我が家の近くの調髪店の入り口の立て看板にチョークでこう書いてある。その下に、新規調髪 Rady’s Cut 20%Off。とある。

その店にはReady かRadyという調髪師がいるのですかね?!? もしそうだとしても、そんな人名は特記するには値しないから、このへんてこな英文は、ほぼ間違いなくLady’s Cut と書きたかったのだろうが、なら、女性が調髪してくれるのですかね!?!いや、本当は、女性客の調髪は3200円、と日本語で書くべきだったのではないですか?

昔、高知でのこと。飲み屋の名前が Luna Losso となっていた。固有名詞だからどう名付けようとかまわないのだが、Luna Rossa にしないと横文字系の客は大笑いする!――でも赤い==rossa、月==lunaを僕はまだ見たことがないけど!

尤も、僕もその昔、ローマで大笑いされたことがある。足にマニキュアをした女を見たぜ、と言ったときのことだった。どんなにいかれた子でも、今も昔も、足にはペデイキュアしかしない。マーニ=手の複数形。ペーデイ=足の複数形。つまり、目が痔になった、と同じようなことを言ってしまったのだった!!

同胞のことは笑えない!

カテゴリー