村上満志(3)恥ずかしながらの「昔話3」

2007.07.10| 村上満志

当時の教育学部に科せられた教育実習の期間は、自分のいた課程だけがそうだったのか?6週間もあった。中学校2週間、高校2週間、また中学に戻って2週間、4年生になって早い時期にあった。

恥ずかしながら、夜の生活(花のキャバレーでのバンド生活)も続けていた。朝6時過ぎに起床、8時には学校に居なければならない。流石に体力、精神力とも限界を超え2、3日休んでしまった。それでもなんとか迎えた最終週、くじ運悪く「研究授業」なるものを引き当ててしまった。要するに他の実習生の晒し者になって授業をするのである。授業のあとの反省会で枝葉末節をとらえて、「そこがこうだ、ここがあゝだ」と言う他の実習生の戯言を聞かされた。「そんなくだらない事を気にしながら、君らは授業をしているのか?」と言う気持ちをぐっとこらえ、ご説ごもっともと言う顔で聞いていた。

実習生活の最後の方でクラス担任から頼まれ「道徳」の授業もやった。恥ずかしながら、「男女の敬愛について」である。

1時間滔々としゃべりまくった。曰く「君達の本分は学業にある。しかれども男子が女子を想い、女子が男子を想う心を育むことは劣らず大切な事である。夏の太陽に咲き誇るヒマワリのように、山の岩陰にひっそりと咲く名も知れない花のように。それぞれにその気持ちを大切にすべし・・・・・」

授業の後、所謂ラブレターが何通かクラスで飛びかったと聞いた。してやったり。

時を経て、卒業間近に大学の弦楽合奏定期でソロをさせて頂いた。音楽の授業のおかげか、道徳の授業のおかげか?受け持ったクラスの殆どの学生が半年以上の時間を越えて演奏会に来て呉れた。

研究授業であげ足を取った実習生の君達、「大切なことは、そんな所にはないんだよ!!」

カテゴリー