2006年08月29日

2006.08.29| 岸本力

岸本力ロシア民謡集「つかれた太陽」のジャケット

私の歌に対する意欲は、ロシア民謡から始まりました。ロシア民謡の持つ旋律からくる哀愁に非常に惹かれました。そして民謡から芸術歌曲へと心が動かされ、チヤイコフスキー、リムスキー・コルサコフ等の歌曲を次ぎから次と勉強し始めたのです。

大学の図書館で手にするロシアの楽譜は誰にも手がついていない、真新しい譜面に感動し、自分の、新しい歌の道に感動があったのです。しかし、友人や先輩達は、私のロシア歌曲への熱い思いに、呆れ、皆が私を馬鹿扱いでした。「岸本は、あんな暗い音楽を愛しているなんて!」と言われていました。大学卒業試験で、ムソルグスキー作曲オペラ「ボリス・ゴドノフ」の“ボリスの死”を歌いました。この歌は、ボリスが自分の行いを責め、苦しみ死んでいく様子を歌ったアリアです。

私が、中学三年の夏に、父を亡くしていましたので、その死に様が、突然であり当時の私には、父の死は深い悲しみであり、今でもその悲しみが永遠に続いていますが、父への思いを込めて歌った「ボリスの死」のアリアは、私自身が信じ難い二番という成績で卒業する結果となったのです。

その年の秋の日本音楽コンクールで、この「ボリスの死」を本選で、身振り手振りのアクションを交え舞台上で泣き叫びながら歌ったのです。結果は審査員25人中23名が私に一位をつけたのです。それは夢のような出来事でした。父の死が私を高めたのです。今日はここまで。

岸本力(バス)

カテゴリー