2006年08月28日

2006.08.28| 岸本力

念願の東京藝大に入学しました。当時、今から30年前は大学の教育方針は、声楽についてもドイツ音楽が中心であり、次にくるのはイタリア音楽でした。当然私達学生にとって、ドイツリートをいかに上手く歌えるかが勉強の中心でした。しかし、田舎者の私にとって、ドイツ語の繊細な発音、がっちり構成されたメロディーを正確に歌うことが不可能でした。だんだんと歌に対する意欲がなくなりました。

大学一年生の終わり頃、自分にはクラシック音楽が向いていないと悟り、せっかく苦労して入った「藝大をやめてしまう!」という思いで、故郷の茨木へ帰り、母の田んぼの手伝いをやりながら、ふとロシア民謡「ヴォルガの舟歌」「鐘」などを農業の労働と共に歌っていたのです。当時ダークダックスなどが男声四人で歌っていたのを自然と耳にしていたからでしょう。

そのロシア民謡には、自分が力一杯表現できる「悲しみ、苦しみ、喜び、怒り」が入っていたのです。田んぼを耕しながら歌ったのは「ヴォルガの舟歌」で、なんとも言えない快い、自分が癒される「思い」を感じたのです。

私は「これだ!」と思い、藝大に復学したのです。
今日はここまでです。

岸本力(バス)

カテゴリー