せんくら2021

Sendai Classical Music Festival 2021
閲覧補助機能
文字の大きさ
普通
特大

ARTIST

アーティスト

臼木 麻弥
臼木 麻弥
USUKI Maya
ヴィオラ
出演プログラム

さいたま市出身。10歳よりヴァイオリンを始め15歳でヴィオラに転向。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京芸術大学を経て同大学院修士課程を修了。ヴァイオリンを米原豊、守岡輝、浅井千裕、澤和樹、ヴィオラを故浅妻文樹、川崎和憲、室内楽を故田中千香士、故岡山潔、山口裕之の各氏に師事。
2002年から2007年までは安田弦楽四重奏団のヴィオラ奏者として活動。
在学中より結成されたAlberi String Quartetは現在も活動を続けており、昨年より、ベートーベンの室内楽作品全曲演奏会(7年計画全90曲以上)の第2周目を開始。他にさくら弦楽四重奏団のメンバーとしても活動中。
日本大学芸術学部非常勤講師として後進の指導にもあたる。現在、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団首席奏者。

出演プログラム
PROGRAM
  • Legacy of Act
    -受け継がれていくもの-
    名曲は“有名曲”のみならず !
    Legacy of Act(アンサンブル)、 (プロデュース・ヴィオラ:井野邉 大輔、ヴァイオリン:岡村 映武、小山 あずさ、ヴィオラ:臼木 麻弥、チェロ:銅銀 久弥)
    10月1日|金| 13:45~14:30 (開場 13:00)
    E|エル・パーク仙台|ギャラリーホール
    P: 597-744
    仙台フィルヴィオラソロ首席井野邉のプロデュースする一つ先を聴きたい皆さまへお届けするプログラム。信頼する二人の同僚と、共に室内楽経験豊富なN響の大先輩である銅銀、東京シティフィル首席の臼木を迎えた特別メンバーで!
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 一期一会のドリーム・アンサンブル
    「せんくら・フェスティバル・ソロイスツ」
    名曲で聴く弦楽アンサンブルの極み!
    川久保 賜紀(ヴァイオリン)、 渡辺 玲子(ヴァイオリン)、 大江馨(ヴァイオリン)、長尾春花(ヴァイオリン)、 西本 幸弘(ヴァイオリン)、 山本 高史(ヴァイオリン)、 井野邉 大輔(ヴィオラ) 、 臼木 麻弥(ヴィオラ)、 三宅 進(チェロ)、 原田 哲男(チェロ)、 助川 龍(コントラバス)、 梅津 樹子(チェンバロ)
    10月2日|土| 17:00~18:00 (開場 16:15)
    A|日立システムズホール仙台|コンサートホール
    P: 597-740
    選りすぐりの弦の名手たちによるこの日限りのドリーム・アンサンブル。モーツァルト、バッハ、グリーグ、弦楽アンサンブルの名曲を堪能する60分。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
9/21 18:30