せんくら2021

Sendai Classical Music Festival 2021
閲覧補助機能
文字の大きさ
普通
特大

ARTIST

アーティスト

梅津 樹子
梅津 樹子
UMETSU Mikiko
チェンバロ
出演プログラム

山形北高等学校音楽科卒業後、上野学園大学及び同専攻科にてチェンバロを学ぶ。フランス国立パリ地方音楽院に留学、栄誉賞付きディプロムを得て卒業。チェンバロを山田貢、渡邊順生、ノエル・スピース、桒形亜樹子、アンサンブルを、故大橋敏成、広野嗣雄、ケネス・ヴァイス、エレーヌ・デュフールの各氏に師事。帰国後はソリストとしてリサイタルを定期的に開催、また通奏低音奏者として、仙台フィルハーモニー管弦楽団、山形交響楽団と共演、仙台クラシックフェスティバル等に参加している。天童市美術館ミュージアムコンサートのオーガナイザーを務め、共演したオーボエ奏者本間正史氏、ヴィオラ・ダ・ダガンバ奏者中野哲也氏とのCD「スティンズビー・シニアとクレーニヒ~浜松市楽器博物館コレクションシリーズ vol22」はレコード芸術誌にて準特選となった。現在、山形チェンバーミュージシャンズメンバー、宮城学院女子大学非常勤講師。

出演プログラム
PROGRAM
  • 一期一会のドリーム・アンサンブル
    「せんくら・フェスティバル・ソロイスツ」
    名曲で聴く弦楽アンサンブルの極み!
    川久保 賜紀(ヴァイオリン)、 渡辺 玲子(ヴァイオリン)、 大江馨(ヴァイオリン)、長尾春花(ヴァイオリン)、 西本 幸弘(ヴァイオリン)、 山本 高史(ヴァイオリン)、 井野邉 大輔(ヴィオラ) 、 臼木 麻弥(ヴィオラ)、 三宅 進(チェロ)、 原田 哲男(チェロ)、 助川 龍(コントラバス)、 梅津 樹子(チェンバロ)
    10月2日|土| 17:00~18:00 (開場 16:15)
    A|日立システムズホール仙台|コンサートホール
    P: 597-740
    選りすぐりの弦の名手たちによるこの日限りのドリーム・アンサンブル。モーツァルト、バッハ、グリーグ、弦楽アンサンブルの名曲を堪能する60分。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 18世紀前半のドイツバロックの巨匠
    “ブクステフーデ” “テレマン”によるソナタ
    神谷 未穂(ヴァイオリン)、 小池 まどか(ヴァイオリン)、 エマニュエル・ジラール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、 梅津 樹子(チェンバロ)
    10月3日|日| 15:30~16:15 (開場 14:45)
    C|日立システムズホール仙台|シアターホール
    P: 597-742
    バッハに大きな影響を与えたブクステフーデ 、そしてバッハと同じ時代を生き、先駆者であったテレマン。18世紀前半の偉大なる二人の作曲家のソナタを、東北を代表するバロックの名手達(ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロ)が奏でます。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
9/10 17:00