せんくら2021

Sendai Classical Music Festival 2021
閲覧補助機能
文字の大きさ
普通
特大

ARTIST

アーティスト

大江 馨
大江 馨
OE Kaoru
ヴァイオリン
出演プログラム

仙台市出身。5歳よりヴァイオリンをはじめ桐朋学園大学ソリストディプロマコースに特待生として入学。同時に慶應義塾大学法学部で学び、卒業し、その後ドイツのクロンベルクアカデミー修了。日本及びヨーロッパにおいてソロや室内楽の演奏活動を精力的に展開している。
2019年レオポルトモーツァルト国際ヴァイオリンコンクール第3位ならびに委嘱作品賞受賞、2019年アントン・ルービンシュタイン国際コンクール第2位、2013年日本音楽コンクール第1位、併せて増沢賞他全賞受賞等国内外にて数々の受賞。平成26年度横浜文化賞芸術・文化奨励賞を受賞。
これまでに尾高忠明、山下一史、山田和樹、川瀬賢太郎各氏等の指揮でNHK交響楽団、ミュンヘン放送管弦楽団、東京フィル、神奈川フィル、新日本フィル、東京交響楽団など数多くのオーケストラと共演を重ねる。室内楽においては、スティーブン・イッサリス、クリスチャン・テツラフ、サー・アンドラーシュ・シフ、清水和音等の著名なアーティストとの共演も数多い。
これまでに、中塚久、渋谷由美子、堀正文、漆原啓子、堀米ゆず子、クリスチャン・テツラフの各氏に師事。2010年度ヤマハ財団音楽支援奨学生。2013年度宗次エンジェル基金奨学生。2014、2015年度公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生。2016年度よりワオ・コーポレーション奨励金制度対象者。使用楽器は文京楽器協力のもと、Beare International Society よりJ.B.Vuillaumeを貸与されている。

出演プログラム
PROGRAM
  • 一期一会のドリーム・アンサンブル
    「せんくら・フェスティバル・ソロイスツ」
    名曲で聴く弦楽アンサンブルの極み!
    川久保 賜紀(ヴァイオリン)、 渡辺 玲子(ヴァイオリン)、 大江馨(ヴァイオリン)、長尾春花(ヴァイオリン)、 西本 幸弘(ヴァイオリン)、 山本 高史(ヴァイオリン)、 井野邉 大輔(ヴィオラ) 、 臼木 麻弥(ヴィオラ)、 三宅 進(チェロ)、 原田 哲男(チェロ)、 助川 龍(コントラバス)、 梅津 樹子(チェンバロ)
    10月2日|土| 17:00~18:00 (開場 16:15)
    A|日立システムズホール仙台|コンサートホール
    P: 597-740
    選りすぐりの弦の名手たちによるこの日限りのドリーム・アンサンブル。モーツァルト、バッハ、グリーグ、弦楽アンサンブルの名曲を堪能する60分。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 大江馨&岡本和也 デュオ・リサイタル
    ヴァイオリンとギターで聴くピアソラ
    大江 馨(ヴァイオリン)、 岡本 和也(ギター)
    10月2日|土| 10:45~11:30 (開場 10:00)
    H|太白区文化センター|展示ホール
    P: 597-747
    仙台市出身の大江馨と新進気鋭のギタリスト岡本和也のコラボレーション。 「ブエノスアイレスの四季」など、生誕100周年を迎えるタンゴの巨匠ピアソラの世界を、ヴァイオリンとギターで満喫してください。
    Loadingマイリストに保存 |完売
  • ヴァイオリン、ピアノの華麗なる協奏曲
    大江 馨(ヴァイオリン)、 佐藤彦大(ピアノ)、 山下 一史(指揮)、 仙台フィルハーモニー管弦楽団
    10月3日|日| 17:15~18:15 (開場 16:30)
    J|仙台銀行ホール イズミティ21|大ホール
    P: 597-749
    仙台市出身の大江馨と、第1回仙台国際音楽コンクールの覇者アンダローロが贈る協奏曲の夕べ。モーツァルトの青年期に生み出された最高傑作のヴァイオリン協奏曲と、ユーモアと優雅な抒情性に溢れたラヴェルのピアノ協奏曲をお楽しみください。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
9/10 17:00