せんくら2021

Sendai Classical Music Festival 2021
閲覧補助機能
文字の大きさ
普通
特大

ARTIST

アーティスト

工藤 セシリア
工藤 セシリア
KUDO Cécilia
ピアノ
出演プログラム

フランスのリールに生まれる。本名は工藤セシリア祐意。セシリアはクリスチャンネーム。祐意は“ゆい”という響きに魅かれてご両親によって命名された。
父は、フルート奏者の工藤重典氏。

4歳よりピアノを始め、1999年パリ国立地方音楽院に入学。J.シン、J.M.コテ、B.リグット、J.ルヴィエ、B.ベルマン、A.コンタルスキー、S.ペルティカローリ、A.ナセトキン、鷲見加寿子、L.ベルリンスカヤの各氏の下で研鑽を積む。

幼少の頃よりフランス国内にてスタインウェイ・コンクールやフランス音楽国際コンクール、ダリウス・ミヨー・コンクール等多くのコンクールに参加、その多くは第1位を獲得している。8歳のときフランスと日本で初めてコンサートに出演。最近では東京や札幌、横浜、浜松などでソロや室内楽の公演を行っている。海外ではフランス国内が最も多くビル・ダブレー城でのリサイタルをはじめ、「サン=テミリオン音楽祭」への参加や、シンガポール、ロシア、韓国では父重典の伴奏ピアニストとしてツアーに参加している。

2009年にはラジオ・フランス主催の「若い演奏者たち」という番組でマティルド・キャルデリーニ(神戸国際フルートコンクール第1位)と共演。この模様はフランス全土で放送された。
2014年6月パリ・エコール・ノルマル音楽院を終了し、7月にソニー・ミュージックダイレクトより初のCD「オマージュ・ア・ドビュッシー」を発売し、同時に東京ヤマハホールでデビュー・リサイタルを成功させた。
2015年には、父であるフルート奏者工藤重典氏とのニューアルバム「ウィーンの薫り~フルート・ソナタ集」と「アンコール」を続けてリリースし、レコード芸術特撰に選ばれるなど話題となっている。
今後の活躍を期待されるピアニストの一人として注目されている。

公式ブログ
http://ameblo.jp/yuicecilia-pf/

出演プログラム
PROGRAM
  • ~ パリの風を感じて ~
    工藤セシリア ピアノ・リサイタル
    工藤 セシリア(ピアノ)
    10月1日|金| 10:45~11:30 (開場 10:00)
    H|太白区文化センター|展示ホール
    P: 597-747
    この可愛らしい小品たちは、目を見て子どもたちに話しかけたいなと思えるものを、選びました。フランス、ロシア、そして日本からと、ちょっとおしゃれで自慢したい曲ばかりです。どうぞお楽しみください。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 工藤セシリアwith工藤重典
    水の反映、月の光
    父と娘のデュオ・コンチェルタンテ
    工藤 セシリア(ピアノ)、 工藤 重典(フルート)
    10月2日|土| 16:15~17:00 (開場 15:30)
    E|エル・パーク仙台|ギャラリーホール
    P: 597-744
    才能あるピア二ストでもあったチェルニー。優雅な楽器フルートにも大きな音楽イメージを持って作曲した協奏的二重奏曲は、ランパルとリッターの名演により世界的に有名になりました。今回、私たち父娘も彼らと同様、この曲に感動した思いを込めて、演奏します。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
9/10 17:00