せんくら2021

Sendai Classical Music Festival 2021
閲覧補助機能
文字の大きさ
普通
特大

ARTIST

アーティスト

小池 まどか
小池 まどか
KOIKE Madoka
ヴァイオリン
出演プログラム

仙台市出身。4歳の後半からヴァイオリンを始める。宮城学院女子大学音楽科卒業。日演連推薦新人演奏会にて仙台フィルと共演。1998年仙台フィルハーモニー管弦楽団に入団。2001年アフィニス財団の奨学金を得てドイツへ留学。ベルリンにてB.パップ率いるアンサンブルに参加。2002年に帰国した頃からバロックに興味を持ち始め、バロックヴァイオリンを若松夏美氏に師事。2006年第20回国際古楽コンクール山梨第1位。同時に、栃木蔵の街音楽祭賞受賞。オーケストラ・リベラ・クラシカ、E.オノフリ指揮ジパンゴ・コンソート、バッハ・コレギウム・ジャパンに出演。今までにバロックヴァイオリンをA.モッチア、F.フェルナンデス、P .ビスムス、寺神戸亮、R.ゲーベル、ミドリ・ザイラー各氏にレッスンを受ける。現在、仙台ジュニアオーケストラ講師、宮城学院中学校高等学校オーケストラ班弦楽部門指導。2018年より同附属音楽教室弦楽アンサンブル講師。2020年4月より宮城学院女子大学非常勤講師。

出演プログラム
PROGRAM
  • 18世紀前半のドイツバロックの巨匠
    “ブクステフーデ” “テレマン”によるソナタ
    神谷 未穂(ヴァイオリン)、 小池 まどか(ヴァイオリン)、 エマニュエル・ジラール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、 梅津 樹子(チェンバロ)
    10月3日|日| 15:30~16:15 (開場 14:45)
    C|日立システムズホール仙台|シアターホール
    P: 597-742
    バッハに大きな影響を与えたブクステフーデ 、そしてバッハと同じ時代を生き、先駆者であったテレマン。18世紀前半の偉大なる二人の作曲家のソナタを、東北を代表するバロックの名手達(ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロ)が奏でます。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
9/21 18:30