せんくら2021

Sendai Classical Music Festival 2021
閲覧補助機能
文字の大きさ
普通
特大

ARTIST

アーティスト

加藤 昌則
加藤 昌則
KATO Masanori
ピアノ
出演プログラム

神奈川県出身。東京芸術大学作曲科を首席で卒業し、同大学大学院修了。
作品のジャンルはオペラ、管弦楽、声楽、合唱曲など幅広く、作品に新しい息吹を吹き込む創意あふれる編曲にも定評がある。福田進一、藤木大地、福川伸陽、三浦友理枝、奥村愛など多くのソリストに楽曲提供をしており、共演ピアニストとしても評価が高い。
2001年デビューCD「SOLO」(アートユニオン)リリース。同CDの収録曲の楽譜集も出版。女声合唱組曲「5つのソネット」や宮本益光作詞による合唱組曲「あしたのうた」など楽譜も多く出版されている。2005年、日本を代表するクラシカル・サクソフォン奏者、須川展也からの委嘱により、「スロヴァキアン・ラプソディ〜サクソフォンとオーケストラのための〜」を作曲、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の東京公演(サントリーホール)で初演され、その後、須川展也のアルバムにも収録。また2009年ブラティスラヴァにても演奏され満場の喝采を浴びた。
2006年自身初のオペラ作品《ヤマタノオロチ》を発表、日本経済新聞紙上などで絶賛される。その後も2006年管弦楽曲《刻の里標石(ときのマイルストーン)》(神奈川フィルハーモニー管弦楽団委嘱作品/2008年東京オペラシティコンサートホール開館10周年記念公演にて再演)、2012年「福島復興・復活オペラプロジェクト」オペラ《白虎》(第11回佐川吉男音楽賞受賞)、2013年管弦楽曲《Legends in the Sky》、2014年連作歌曲《二本の木》(王子ホール委嘱作品)、2015年合唱曲《地球をつつむ歌声》(NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲)2018年管弦楽曲《Sixteenth Montage》(セントラル愛知交響楽団委嘱作品)の他、数多くの作品を発表。NHK2020応援ソング「パプリカ」の合唱編曲も手掛けている。
独自の視点・切り口で企画する公演やクラシック講座などのプロデュース力にも注目を集めており、王子ホール「銀座ぶらっとコンサート Caféシリーズ」(企画・ピアノ)、東京・春・音楽祭 「ベンジャミン・ブリテンの世界」(企画・構成)、「日生劇場ファミリーフェスティヴァル」(作編曲・構成)などを務めている。2019年より長野市芸術館レジデント・プロデューサー。
最新CDは2017年発売「PIANO COLOURS」(エイベックス・クラシックス)。2016年4月よりNHK-FM「鍵盤のつばさ」番組パーソナリティーを担当。

公式ウェブサイト 
www.masanori-music.com

出演プログラム
PROGRAM
  • 今年も三宅は、やっぱり頑張る。
    ~三宅進&加藤昌則
    ふたりのミュージック・アワー
    三宅 進(チェロ)、 加藤 昌則(ピアノ)
    10月1日|金| 14:15~15:00 (開場 13:30)
    B|日立システムズホール仙台|パフォーマンス広場
    P: 597-741
    三宅進と加藤昌則の名(迷)コンビが音楽サプリの白衣を脱ぎ捨てせんくらに再登場。丁々発止のやりとりと迫真の演奏とのギャップをお楽しみください。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 加藤昌則のレクチャー・コンサート
    「名曲の定義」
    既知の名曲、未知の名曲
    加藤 昌則(ピアノ)
    10月2日|土| 18:45~19:30 (開場 18:00)
    E|エル・パーク仙台|ギャラリーホール
    P: 597-744
    全国各地で大人気のレクチャーが「せんくら初登場」! 音楽環境ゼロからのスタートだった自身の音楽体験を通して、素人から玄人まで幅広い層に様々な視点で面白いくらいに「わかる」クラシック音楽の魅力を伝える体験型レクチャー。 おしゃべりはもちろん、演奏も通して、名曲の名曲たる理由をご紹介。好きな人はより好きに、興味のない人にも惹かれてしまうのでは!? さて、今回はどんな切り口で名曲の定義を探るのか!?
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
9/21 18:30