せんくら2021

Sendai Classical Music Festival 2021
閲覧補助機能
文字の大きさ
普通
特大

ARTIST

アーティスト

實川 風
實川 風
JITSUKAWA Kaoru
ピアノ
出演プログラム

2015年、パリのシャンゼリゼ劇場で行われたロン・ティボー・クレスパン国際コンクールにて第3位・最優秀リサイタル賞・最優秀新曲演奏賞を受賞。2016年、イタリアで行われたカラーリョ国際ピアノコンクールにて第1位・聴衆賞を受賞。現在、日本の若手を代表するピアニストの一人として、国内外で演奏活動を広げる。
ソリストとしてベートーヴェンを核とした本格的なレパートリーに取り組む一方、弦楽器奏者とのアンサンブルや声楽家との共演機会も多く、多様な活動を展開している。
また、これまでに東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、日本センチュリー交響楽団、千葉交響楽団などのオーケストラと共演している。
上海音楽祭、ソウル国際音楽祭、ノアン・ショパンナイト(フランス)・アルソノーレ(オーストリア)などに出演。
東京藝術大学附属高校・東京藝術大学を首席で卒業し、同大学大学院(修士課程)修了。オーストリア国立グラーツ芸術大学ポストグラデュエート課程を修了。

出演プログラム
PROGRAM
  • イニシャルBの作曲家を聴く
    ベートーヴェン、ブラームス、そして…バルトーク。
    實川風(ピアノ)
    10月2日|土| 12:15~13:00 (開場 11:30)
    C|日立システムズホール仙台|シアターホール
    P: 597-742
    ベートーヴェンの代表曲のひとつ「悲愴」。第2楽章の慰めあふれるメロディはTVなどでもよく取り上げられ、まさに「どこかで聴いたクラシック」。バルトークの民俗舞曲は、棒踊り、角笛の踊りなど1分たらずの6曲の親しみやすい旋律が続きます。 3人の重厚な作曲家。なのに、聴きやすい。素敵な45分間をお楽しみください。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 聴衆を虜にする!
    ハンガリー国立歌劇場管弦楽団のコンマスが奏でるカルメン
    長尾春花(ヴァイオリン)、實川風(ピアノ)
    10月3日|日| 13:15~14:00 (開場 12:30)
    I|仙台銀行ホール イズミティ21|小ホール
    P: 597-748
    現在、生活の中心にあるオペラから「カルメン」、ハンガリーの歌と踊りへの愛着が堪能できる「チャールダーシュ」など、哀愁と情熱、超絶技巧とたっぷりとした情感、まさに聴衆を虜にする音楽。 第4回仙台国際音楽コンクール第3位入賞。東日本大震災後は数年間に亘って被災地訪問演奏会を続けるなど、仙台と深い縁がある。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
9/21 18:30