音声で読み上げる

出演アーティスト

平野 公崇
サクソフォン

平野 公崇

HIRANO Masataka

東京藝術大学在学中、第7回日本管打楽器コンクールで第1位入賞。卒業後、パリ国立高等音楽院に入学し、サクソフォン科、室内楽科、即興演奏科を最優秀の成績で卒業。在学中にJ.M.ロンデックス国際コンクールを制し、日本人サクソフォニストとして初の国際コンクール優勝者となり、翌年オーケストラ・ナショナル・ボルドー・アキテーヌの定期演奏会でC.アベルのコンチェルト「It」を世界初演。Sud-Ouest紙の絶賛を浴びる等、華やかなフランス・デビューを果たした。同年、パリでギャルド・レピュブリケーヌ管弦楽団とA・グラズノフのコンチェルトを共演している。

これまでにコンテンポラリー作品と即興で構成された異色のデビュー・アルバム『ミレニアム』、ジャズメンとのセッションを収録した『ジュラシック』、待望のクラシックアルバム『クラシカ』、最新アルバムは『C.P.E.バッハ:シンフォニア』などこれまで6枚のCDをリリース。

オーケストラとの共演も多く、日本テレビ「深夜の音楽会」からの委嘱作品「7つの絵~有元利夫に捧ぐ」では作曲家としても高い評価を受け国内外での再演が続いている。正統派クラシックから、現代作品、即興、ジャズまで、幅広いフィールドを縦横無尽に駆け抜ける新しいタイプの実力派サクソフォニストとして活躍中。2015年秋には、パリ国立高等音楽院時代の同級生であった、クリスチャン・ヴィルトゥがリーダーをつとめる「ハバネラ・サクソフォン・カルテット」を約10年ぶりに来日させ、自身がリーダーをつとめる「ブルーオーロラ サクソフォン・カルテット」と鮮烈なコラボレーション・プロジェクトを成功させ話題となった。

PROGRAM

  • 平野公崇&三舩優子古典からジャズまで~珠玉の名曲 on Sax
    平野 公崇(サクソフォン) 三舩 優子(ピアノ)
    10月5日|土| 19:15~20:00
    D|日立システムズホール仙台|交流ホール
    P: 597-743
    サックスの概念を覆される、柔らかで繊細、そしてエネルギーにあふれる素晴らしい音楽を描き出す平野氏は、作曲家としての顔も持つ。古典から平野氏のオリジナル作品に至る幅広いレパートリーで、平野&三舩ワールドをお楽しみいただきます。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 平野公崇&三舩優子サックスで聴くオール・バッハ・プログラム
    平野 公崇(サクソフォン) 三舩 優子(ピアノ)
    10月5日|土| 11:30~12:15
    E|エル・パーク仙台|ギャラリーホール
    P: 597-744
    バッハは、すべての音楽の原点です。完璧な構築、かつ即興性を感じる神聖で崇高なバッハの世界をサックスとピアノでお届けします。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • スイートな音色にうっとり!貴公子たちのガラ・コンサート
    西江 辰郎(ヴァイオリン) 上野 星矢(フルート) 平野 公崇(サクソフォン) ジュゼッペ・アンダローロ(ピアノ) 佐野 隆哉(ピアノ) バクコメ(MC)
    10月6日|日| 14:45~15:45
    A|日立システムズホール仙台|コンサートホール
    P: 597-740
    天は二物を与えた!4人の貴公子によるスイートなガラ・コンサート!各楽器界の貴公子たちの音色が、皆さまをコンサートにエスコートします。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり