音声で読み上げる

出演アーティスト

原田 哲男
チェロ

原田 哲男

HARADA Tetsuo

鹿児島県出身。桐朋学園大学在学中の1990年に蓼科高原音楽祭奨励賞受賞。同大学卒業後から2年間ドイツのマインツ大学音楽学部に学ぶ。

1997年からは米国ダラス市の南メソヂスト大学より奨励金を得て、同大アーティストディプロマコースに入学、同年夏「チェロアンサンブルサイトウ」のメンバーとして日本、ヘルシンキ及びサンクトペテルブルグの世界チェロコングレスに出演した。1999年から2012年9月末まで仙台フィルハーモニー管弦楽団首席チェロ奏者を務め、その間北爪道夫のチェロ協奏曲(仙台フィル委嘱作品)を初演のほか、定期公演等にソリストとしても出演した。そのほか仙台市民交響楽団、仙台ニューフィルハーモニー管弦楽団といった地元のオーケストラとの共演、プラハ放送交響楽団宮城公演のソリストとして起用された。2001年第4回ビバホールチェロコンクール3位。仙台フィルメンバーによるセレーノ弦楽四重奏団でも活躍。「松尾音楽助成賞」受賞、また原村室内楽セミナーにおいて「緑の風音楽賞」受賞。2006、2007、2014年には秋吉台室内楽セミナーに講師として招かれた。

森川諄一、木越洋、ユリウス・べルガー、岩崎洸の各氏に師事。2007年9月より文化庁海外派遣研修員として1年間ドイツに留学し、クリスティアン・ギガ-氏(ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団第一ソロチェリスト)に師事。

2013年5月から2016年4月末まで九州交響楽団首席チェロ奏者を務め、ソリストとして九州交響楽団、また福岡や鹿児島など地元のオーケストラと共演。2016年夏霧島国際音楽祭に出演。現在福岡市を拠点に、ソロ、室内楽、後進の指導など、幅広く活動を展開している。

PROGRAM

  • ラヴェル、ドビュッシー~時代に翻弄された作曲家たち
    西江 辰郎(ヴァイオリン) 原田 哲男(チェロ) ジュゼッペ・アンダローロ(ピアノ)
    10月5日|土| 13:15~14:15
    A|日立システムズホール仙台|コンサートホール
    P: 597-740
    共にフランス音楽を代表する作曲家、ラヴェルとドビュッシー。彼らは時代に翻弄されつつも、人々の心に残る作品を多く作曲しました。 第1回仙台国際音楽コンクール以来の盟友、西江辰郎、原田哲男、ジュゼッペ・アンダローロがそういった作品の一部をご紹介いたします。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 一夜だけのドリーム・チーム「せんくら・フェスティバル・ソロイスツ」によるクラシック界ベストヒット曲 ヴィヴァルディの四季!
    せんくら・フェスティバル・ソロイスツ リチャード・リン、 西本 幸弘、 渡辺 玲子、 米元 響子、 ヤンネ 舘野、 井野邉 大輔、 山中 保人、 吉岡 知広、 原田 哲男、 名和 俊、 梅津 樹子
    10月5日|土| 19:00~20:00
    A|日立システムズホール仙台|コンサートホール
    P: 597-740
    せんくら人気企画、 せんくら・フェスティバル・ソロイスツが今年も登場。一夜だけのドリーム・チームが復活。ソリストやオーケストラのメンバーがこの公演のためだけに集結。誰もが知っているあの名曲ヴィヴァルディの四季など、弦楽アンサンブルをお楽しみください。
    Loadingマイリストに保存 |完売
  • 原田哲男とロバート・リン音楽がつなぐ仙台と台湾の絆コンサート
    原田 哲男(チェロ) ロバート・リン(ピアノ)
    10月6日|日| 16:00~16:45
    B|日立システムズホール仙台|パフォーマンス広場
    P: 597-741
    昨年4月、台湾で初共演した元仙台フィルチェロ首席原田哲男と第5回仙台国際音楽コンクール優勝者リチャード・リンの弟ロバート・リンの奏でるショパンのソナタは、たくさんの聴衆を魅了しました。その感動を2人にゆかりの深い仙台の皆さまにお届けします。どうぞお楽しみください。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり