音声で読み上げる

出演アーティスト

後藤 真美
声楽

後藤 真美

GOTO Mami

大分県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。声楽を、橋本悦代、三浦彰、上田雅美、藤沼昭彦、フランツ・ドンナー、寺谷千枝子、永井和子、佐藤美枝子、各氏に師事。

第54回、第55回 全日本学生音楽コンクール声楽部門 高校の部 福岡大会第2 位。2002年九電ふれあいコンサートに選抜され、故佐藤功太郎氏の指揮のもと、九州交響楽団と共演する。第10回全日本高等学校声楽コンクール第1位。副賞としてウィーン短期留学を授与され、フランツ・ドンナー氏のもと研鑽を積む。2007年に、尺八・箏・ソプラノ・ピアノによる新邦楽ユニット「やわ風」を結成し、日本伝統文化普及会公演にゲストとして出演。2010 年より、藝大卒の若手歌手を中心に発足されたオペラ団体「月島歌劇団」に参加。2011年の東日本大震災をきっかけに、月島歌劇団の女声4 名でユニット「lunace(ルナーチェ)」を結成、チャリティーコンサートを重ね、被災地に収益金を寄付する活動を行う。幅広いレパートリーを持ち、現在も定期的に公演を続けている。2019年に、ユニット「himiko」を結成、テノール小野弘晴・ピアノ前田明子と共に、クラシカル・クロスオーバーを通して音楽の魅力を伝える。コンサートやパーティー、ラジオ等に出演し、3 人のトークも併せて人気を呼んでいる。2016 年に大分二期会会員となり、ガラコンサートや全国二期会サミットに出演、「国民文化祭おおいた2018・オペラの祭典」ではヴィート・クレメンテ氏指揮のもと、オペラ「ボエーム」ムゼッタ役で出演するなど、故郷大分に根付いた活動にも力を入れる。

これまでに、OSJ10 周年記念公演「ハイリッヒミサ」ソリスト、藝大オペラ「フィガロの結婚」バルバリーナ役、大田文化の森オペラ「魔笛《大地編》」童子役、日生劇場開場50 周年記念公演オペラ「フィガロの結婚」花娘役、月島歌劇団オペレッタ「こうもり」アデーレ役、同オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」デスピーナ役、第1回OMP オペラ「道化師」ネッダ役等で出演。

2015年にlunace 1stアルバム『Luna Voce』を、2018年には2ndアルバム『Luna Voce 〜flowers〜』をリリース。2017年には、ソロアルバム『こころ歌』を、アールアンフィニ(ソニーミュージック/ミューズ)からリリース。日本の歌をクリスタルヴォイスで綴り、好評を得ている。

「やわ風」、「月島歌劇団」、「lunace」、「himiko」各メンバー。大分二期会会員。
公式サイト : https://www.mamigoto.com

PROGRAM

  • こころ歌〜日本の心を歌う〜
    後藤 真美(ソプラノ) 矢崎 貴子(ピアノ)
    10月5日|土| 16:00~16:45
    H|太白区文化センター|展示ホール
    P: 597-747
    透明感溢れる、まるで天上から降り注ぐような音と詩による日本の抒情は、ノスタルジックでセピア色の音風景とあいまって、聴く人の琴線にそっと触れてくることでしょう。日本の美しい情景を愛でる、豊かな心…子を想う優しさや愛情…静けさの中から溢れるような、秘めたる思い…感情が色とりどりに描かれている日本の歌は、今も昔も愛され続けています。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり