Artist

水口 聡
声楽

水口 聡

MIZUGUCHI Satoshi

武蔵野音楽大学・大学院修了後、ウィーン国立音楽大学を邦人初、全員一致の首席で卒業のため、オーストリア文部大臣賞受賞。1988年ミラノ国際コンクール第1位、ホセ・カレ一ラス賞、マリオ・デル・モナコ賞を受賞、ほか多数のコンクールに入賞を果たす。ウィーン国立歌劇場「リゴレット」でバリトンとしてデビュー。
1995年テノールに転向。1998年トライアン・グロサベスク国際声楽コンクール第1位グランプリ受賞。欧州各地の歌劇場や音楽祭において、世界でも貴重なテノール・リリコ・スピントとして絶賛された。「トスカ」、「トゥーランドット」などのイタリア・オペラに加え、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、「さまよえるオランダ人」他、ワーグナー作品も含め、そのレパートリーは40作品に及ぶ。オーケストラ曲のソリストとしても定評がある。
日本では「アイーダ」「運命の力」の主役など、新国立劇場への出演多数。2012年には、びわ湖ホールと神奈川県民ホール共同制作オペラ「タンホイザー」に主役で出演。
また日中国交正常化40周年記念オペラ≪アイーダ≫に東京及び北京公演に出演、ゲルギエフ指揮マリインスキー管弦楽団日本公演に歌手としては日本人初として「ランメルモールのルチア」に、そして2014年には「サロメ」のコンサート形式で出演した。
また、セルリアンタワー能楽堂では毎年、クリスマスに能楽師の善竹富太郎氏とのコラボレーションでオペラ風狂言のコンサート等、クラシック音楽の他、カンツォーネやジャズでも定評がある。
CDはEMIより「星は光りぬ」、EXTONより「ブリランテ」が発売中。初の著作「声の力で人生をもっとよくする!」は、”心もからだも元気になる”書として注目されている。
大阪芸術大学大学院教授。ウィーン在住。

PROGRAM

  • アモーレ!イタリア!オー・ソレ・ミオ、帰れソレントへまで懐かしのカンツォーネ
    水口 聡(テノール) 成田 博之(バリトン) 石野 真穂(ピアノ)
    9月28日|金| 15:00〜15:45
    G|太白区文化センター|楽楽楽ホール
    P: 597-746
    アモーレ!イタリア!カンツォーネ!!目を閉じれば、ナポリの抜けるような青い空が目に浮かぶ。そして気分はまるでヴェネチアのゴンドラの上。愛の賛歌、求愛、失恋・・・イタリア・オペラを得意とする2人の人気男声歌手が、甘く切ないイタリアの心を歌いあげます。懐かしい曲の数々で、情熱の一時をお楽しみください。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 「THE OPERA」ドラマティックなイタリア・オペラの名アリア集
    安藤 赴美子(ソプラノ) 林 美智子(メゾソプラノ) 水口 聡(テノール) 成田 博之(バリトン) 石野 真穂(ピアノ)
    9月29日|土| 16:15〜17:15
    A|日立システムズホール仙台|コンサートホール
    P: 597-740
    恋、愛、ロマンス、戦い、そして別れ。「THE OPERA」ドラマに満ちたイタリア・オペラの名アリアを日本を代表する4人の歌手たちが、次から次へと歌いあげる、なんとも贅沢なイタリア・オペラ名曲ガラ・コンサート。VIVA! イタリア!
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 「ファイナル・コンサート」日本音コン第1位・仙台市出身 濱地宗が登場。「ホルン協奏曲」と、フィナーレは歓喜の「第九」!
    濱地 宗(ホルン) 安藤 赴美子(ソプラノ) 林 美智子(メゾソプラノ) 水口 聡(テノール) 成田 博之(バリトン) せんくら合唱団 角田 鋼亮(指揮) 仙台フィルハーモニー管弦楽団
    9月30日|日| 19:45〜20:45
    J|仙台銀行ホール イズミティ21|大ホール
    P: 597-749
    ファイナル・コンサートは、R.シュトラウスが18歳の時に作曲した人気の高いホルン協奏曲。仙台市出身若手ホルン奏者の濱地宗の演奏で魅せます。そしてフィナーレは、やっぱり第九!今年も華やかな4人のソリストによる歓喜の歌声が会場に響きます。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
beyond 2020 プログラム せんくら 2018

ご来場の
お客様への
お願い

開催期間中、各種メディアによる取材活用、カメラマンボランティアによる写真撮影が行われます。
会場の様子がテレビや新聞、雑誌、パンフレット、公式サイト等に放送・掲載されることがございますので、
あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。