Artist

スギテツ
アンサンブル

スギテツ

SUGITETSU

スギテツ
杉浦哲郎(ピアノ・作編曲)岡田鉄平(ヴァイオリン)

「クラシックを遊ぶ音楽実験室」をテーマに、誰もが知っているクラシックの名曲をさまざまな音楽や環境音とマッシュアップ(=融合)させ、聴くだけでなく観て楽しいコンサート活動を全国各地で展開している異色のデュオ。
超絶的かつ独自性溢れる奏法を生み出すヴァイオリンの「腕」と、類まれなる編曲術を編み出す「耳」のタッグはやがて化学反応を起こし、音楽とエンターテイメントの世界を縦横無尽に行き来する独自の活動へと発展。
東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団などのプロオーケストラの共演から、なんばグランド花月などエンターテイメントのステージまで、その振り幅は限りなく広い。
2014年1月にはテレビ朝日「題名のない音楽会」に出演し、「もう一度見たいリクエスト」で2位を獲得。
また、2015年7月にはNHK Eテレ「らららクラシック」にも出演する他、10月より同じくEテレの小学生向け音楽教育番組「おんがくブラボー」にレギュラー出演するなど、次世代に楽しく音楽を伝える役割も担い始め、近年は教育機関での公演やワークショップにも力を入れ始めている。
また、趣味が高じて制作された”鉄道”をテーマにしたアルバムのリリースを機に、鉄道関連イベントにも数多く出演。
JR東海「リニア・鉄道館」CM曲などに起用される他、鉄道をテーマとしたラジオ番組「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」(FM NACK5)のパーソナリティーも務め、2012年日本民間放送連盟ラジオエンターテイメント部門で優秀賞を受賞。
さらに、2014年10月にリリースした東海道新幹線50周年記念アルバム「走れ!夢の超特急楽団」が「第56回 輝く!日本レコード大賞 企画賞」を受賞。
“クラシックで笑顔を創る”デュオとして、年間100本を超えるステージをさまざまな場所で展開している。

PROGRAM

  • クラシックで笑顔を創るデュオが、アコーディオンの名手と初タッグ!
    スギテツ(アンサンブル) かとうかなこ(クロマチック・アコーディオン)
    9月29日|土| 16:30〜17:15
    D|日立システムズホール仙台|交流ホール
    P: 597-743
    クラシックで笑顔を創るピアノとヴァイオリンのデュオ・スギテツが、クロマチックアコーディオンの名手・かとうかなことの初タッグで仙台へ!スギテツお馴染みの冗談クラシックにアコーディオンが絡むと・・・!?
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 虹色アコーディオンで音楽紀行〜オーシャンゼリゼ
    かとうかなこ(クロマチック・アコーディオン) 杉浦 哲郎(ピアノ)
    9月29日|土| 11:30〜12:15
    E|エル・パーク仙台|ギャラリーホール
    P: 597-744
    日本では数少ないボタン式のクロマチックアコーディオン奏者・かとうかなこ。200個ものアコーディオンのボタンを巧みに操り、ジャンルにとらわれない軽やかで自由なサウンドが聴く人全てを包み込みます。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 西洋と日本の伝統文化をマリアージュ!ザッツ・サムライ・クラシック!
    スギテツ(アンサンブル) 浅野 祥(津軽三味線)
    9月30日|日| 14:15〜15:00
    G|太白区文化センター|楽楽楽ホール
    P: 597-746
    クラシックで笑顔を創るピアノとヴァイオリンのデュオ・スギテツと、仙台出身の若き孤高の津軽三味線奏者・浅野祥によるコラボが、せんくらに2年ぶりに登場!西洋で生まれたクラシックの名曲を和音階で演奏すると・・・ザッツ・サムライ・クラシック!
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
beyond 2020 プログラム せんくら 2018

ご来場の
お客様への
お願い

開催期間中、各種メディアによる取材活用、カメラマンボランティアによる写真撮影が行われます。
会場の様子がテレビや新聞、雑誌、パンフレット、公式サイト等に放送・掲載されることがございますので、
あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。