Artist

及川浩治と宮城学院女子大学の仲間達
アンサンブル

及川浩治と宮城学院女子大学の仲間達

宮城学院女子大学学芸学部音楽科
宮城学院女子大学(設立当時の名称は「宮城女学校」)は東北地方の私立大学としては唯一、音楽科を有する大学である。1886年の創立以来、福音主義キリスト教の精神に基づく学校教育を理想に掲げ、その伝統の厚みの上に、深い教養と幅広い視野を身につけた、創造力豊かな人材を社会に送り続けてきた。毎年秋の音楽科コンサート、年度末の卒業演奏会のほか、大学礼拝をはじめとする学内諸行事、学外の様々な催しなどでの演奏を通して、日頃の学びの成果を積極的に発信していることも、音楽科の大きな特徴である。
現在の音楽科は器楽コース(ピアノ、オルガン、ヴァイオリン・ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン)・声楽コース・作曲コースの3コースで構成されているが、2019年度からはさらにサクソフォーン、トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、チューバ、打楽器といった専攻が加わる予定だ。教員の中には、教育活動のかたわら、演奏活動を続ける者も多く、今回はその代表として及川浩治(ピアノ)と井坂惠(声楽)、副島謙二(クラリネット)が研究生・学生と共演する(音楽科研究生は学部を卒業した学生達のためのコース)。進行役をつとめるのは教員(ピアノ)の松山裕美子。

及川浩治(ピアノ)Koji Oikawa
1984年ヴィオッティ・ヴァルセイジア国際音楽コンクールで10代にして第1位受賞。1990年ショパン国際ピアノ・コンクール最優秀演奏賞(Honourable mention)、マルサラ国際音楽コンクール第1位受賞。1995年サントリー大ホールにて本格的にリサイタル・デビュー、CDデビュー。同年佐渡裕指揮ラムルー管弦楽団定期演奏会にてパリ・デビューも飾る。1999年「ショパンの旅」と題したコンサート・ツアーが全国各地で大評判となったほか、2008年〜2011年には東京・大阪での同時プロジェクト「10大協奏曲シリーズ」にも取り組む。人気・実力共に日本を代表するピアニストの一人。CDは、ショパン、ベートーヴェン、リスト、ラフマニノフなどの作品集が発売されており、「ベートーヴェン:悲愴、熱情、ワルトシュタイン」、「ショパン:バラード」は、『レコード芸術』誌特選盤に選出されている。【 及川浩治オフィシャルサイト koji-oikawa.com

井坂惠(メゾ・ソプラノ)Megumi Isaka,
武蔵野音楽大学卒業及び同大学院修了、文化庁オペラ研修所修了。その後、カールスルーエ、ザルツブルクにて研鑚を積み、帰国後、(財)日本演奏連盟主催「演連コンサート」にてリーダーアーベントを開催。二期会公演『フィガロの結婚』のケルビーノ役にてオペラデビュー後、二期会公演(2003)及び新国立劇場公演(2011)で『ばらの騎士』のオクタヴィアン役として出演。現在、二期会会員、宮城学院女子大学准教授、国立音楽大学非常勤講師。

副島謙二(クラリネット)Kenji Soejima
1977年、国立音楽大学器楽科クラリネット専攻卒業。クラリネットを坂口雅教、故池松和彦、両氏に師事する。大学卒業と同時に山形交響楽団に入団、1979年、宮城(仙台)フィルハーモニー管弦楽団に入団する。1994年8月、アフィニス・セミナーにてシカゴ交響楽団のグレゴリー・スミス氏に師事。1996年4月、イズミティ21にてリサイタルを開催する。2014年3月、仙台フィルハーモニー管弦楽団を退職。宮城学院女子大学非常勤講師を経て、2016年4月より宮城学院女子大学特任教授。

宮崎ゆかり(ピアノ)Yukari Miyazaki
4歳からピアノを始める。宮城学院女子大学学芸学部音楽科卒業。現在、同大学音楽科研究生2年次。卒業演奏会、読売新人演奏会に出演。これまでに及川憲治、コンスタンティン・ガネフ、ジュリア・ガネヴァ、及川浩治の各氏に師事。またピアノをフランク・ウィバウト、伴奏法を松川儒の各氏に指導を受ける。

猪狩綾(ピアノ)Aya Igari
3歳からピアノを始める。ピティナピアノコンペティション本選奨励賞(2006年、2007年)、宮城県ジュニアピアノオーディション本選奨励賞(2009年)、全東北ピアノコンクール本選東北放送奨励賞(2016年)を受賞。宮城学院女子大学学芸学部音楽科卒業。現在、同大学音楽科研究生1年次。卒業演奏会、読売新人演奏会に出演。これまでに鈴木節子、高橋麻子、野沢真弓、及川浩治の各氏に師事。

及川響音(ソプラノ)Hibine Oikawa
これまでに声楽を石井芳雄、井坂惠の各氏に師事。現在、宮城学院女子大学学芸学部音楽科2年次。

PROGRAM

  • 及川浩治と宮城学院女子大学の仲間達が贈る《魅惑のメロディ》
    及川浩治と宮城学院女子大学の仲間達 及川 浩治、宮崎 ゆかり、猪狩 綾(ピアノ) 副島 謙二(クラリネット) 及川 響音(ソプラノ) 井坂 惠(メゾソプラノ) 松山 裕美子(進行)
    9月30日|日| 13:45〜14:30
    E|エル・パーク仙台|ギャラリーホール
    P: 597-744
    宮城学院女子大学音楽科の教授陣と研究生、学生によるコンサート。せんくら3回目となる今回のテーマはロシア音楽。歌あり、連弾あり、クラリネットありの多彩なプログラムで、魅惑のメロディをお届けします。本学音楽科特任教授でもあるピアニスト・及川浩治が全曲に出演します!
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
beyond 2020 プログラム せんくら 2018

ご来場の
お客様への
お願い

開催期間中、各種メディアによる取材活用、カメラマンボランティアによる写真撮影が行われます。
会場の様子がテレビや新聞、雑誌、パンフレット、公式サイト等に放送・掲載されることがございますので、
あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。