Artist

村治 奏一
ギター

村治 奏一

MURAJI Soichi

1997年クラシカル・ギター・コンクール、1998年スペイン・ギター音楽コンクール、第41回東京国際ギター・コンクールに続けて優勝。1999年より米国ボストンに留学し、ギターをニューイングランド音楽院でデイヴィッド・ライズナー、エリオット・フィスクに師事。2003年同高校音楽科を首席で卒業し、同時期にビクター・エンタテインメントよりリリースしたデビューアルバム「シャコンヌ」がレコード芸術誌の特選盤に選ばれる。同年ニューヨークのマンハッタン音楽院に進学。06年ジョン・F・ケネディ・センターにてソロリサイタルを行い、本格的な米国デビューを果たす。
メディアへの登場も多く、NHK「スタジオパークからこんにちは」や「トップランナー」、テレビ朝日「題名のない音楽会」をはじめテレビ、ラジオに多数出演。2010年にはNHK-BS「街道てくてく旅〜熊野古道をゆく〜」のテーマ曲《コダマスケッチ》を作曲・演奏。2012年春には米S&R財団が主催するコンサートシリーズ「Overture」に参加し、ワシントンD.C.にてソロリサイタルを行う。又、同年秋には「トヨタ・クラシックス・アジアツアー2012」のソリストとして抜擢され、ウィーン室内管弦楽団と共にアジア5カ国でのコンサートツアーを成功させた。2014年、初のコンチェルトアルバム「コラージュ・デ・アランフェス」(平成26年度文化庁芸術祭参加作品)をキングレコードよりリリース。又、同年には10枚目となるソロアルバム「SPARKS」をクラウドファンディングにより制作し話題となる。2013年S&R財団ワシントン・アワードを受賞。2015年春には「B to C」に選抜されリサイタルを開催。これまでに、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団、 ウィーン室内管弦楽団、NHK交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、読売交響楽団、日本センチュリー交響楽団等と共演。2016年秋、自身でプロデュースしたソロアルバム「Off the Record」をテレビマンユニオンよりリリース。

PROGRAM

  • 個性溢れる貴公子たちのガラ・コンサート
    映画「おくりびと」のテーマ曲も聴ける!!
    上野 耕平(サクソフォン) 村治 奏一(ギター) 上野 星矢(フルート) 古川 展生(チェロ) 山中 惇史(ピアノ) 正住 真智子(ピアノ)
    9月30日|日| 17:15〜18:15
    A|日立システムズホール仙台|コンサートホール
    P: 597-740
    サクソフォン、ギター、フルート、チェロ、個性溢れる名手4人が一同に集う、せんくら特別企画が今年もやってきます。貴公子たちが名曲を持ち寄り、最高のパフォーマンスを繰り広げるガラ・コンサート。映画「おくりびと」でテーマ曲のソロ演奏を担当した古川展生が、せんくらで初「おくりびと」も披露!これは聴き逃せません。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • ギターで聴く”バッハ” 村治奏一渾身のバロック・プログラム
    村治 奏一(ギター)
    9月30日|日| 12:00〜12:45
    D|日立システムズホール仙台|交流ホール
    P: 597-743
    抜群のセンスと音楽性で独自のスタイルを貫くギター界の革命者、村治奏一。渾身のバロック・プログラムを携え、今年もせんくらでソロ・リサイタルを開催します。ギターで聴く、バッハ、クープランの世界を、間近で存分に味わってください。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
beyond 2020 プログラム せんくら 2018

ご来場の
お客様への
お願い

開催期間中、各種メディアによる取材活用、カメラマンボランティアによる写真撮影が行われます。
会場の様子がテレビや新聞、雑誌、パンフレット、公式サイト等に放送・掲載されることがございますので、
あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。